【長崎】クラゲ多発、被害相次ぐ 原因は不明 「とても泳げん」海水浴諦める人も

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シャチ ★:2018/08/20(月) 10:49:54.58 ID:CAP_USER9.net

8/20(月) 10:30配信 西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010000-nishinpc-sctch
 今夏、海水浴場でクラゲに刺される被害が相次いでいる。クラゲの出現には潮流が関係しているとされるが、今年の猛暑やそれに伴う海水温との関係は解明されていない。ただ、長崎市内の海水浴場では準備した塗り薬があっという間に無くなるほど被害が出ており、気が抜けない状況だ。

 「せっかく家族と楽しんでいたのに…」。同市の会社員男性(43)の左腕は、クラゲに刺されて6日たった今もみみず腫れが引かない。ピリッと感じてすぐに海から上がると、触手の一部が巻き付いていたという。専門家は各地で確認されるアンドンクラゲではないか、と指摘。触手に強い毒がある厄介な存在だ。

◆因果関係は「不明」
 17日、男性が刺された海水浴場に向かった。世界文化遺産の端島(軍艦島)を望む白浜。夏休みを楽しむ子どもや若者の歓声が上がる。一方、休憩所にはクラゲに注意を促す貼り紙も。

 60代の女性スタッフは「今年は7月中旬の海開き直後からクラゲが出始めた。数も多い」と驚く。サメの進入を防ぐネットを張っているが、網の目が大きく、クラゲには効かない。管理者も「対策のしようがない」とお手上げだ。

 気象庁や県総合水産試験場のデータでは、今年7月中旬以降の長崎近海の海面水温は平年より0・5~4度高め。最高で30度を超した海域もある。五島市出身の70代男性は「クラゲが多くてとても泳げん。これだけ水温が高いと無理もない」と、帰省のたびに楽しんだ海水浴を今年は諦めた。

 男性のようにクラゲと水温を結びつけて考える人は少なくないが、因果関係は「不明」(専門家)。今年の被害の多さについても、原因は謎のままだ。

 透明で神出鬼没。何とも不気味なクラゲへの予防策はないのか-。九十九島水族館海きらら(佐世保市)のクラゲ担当飼育員、吉田幸さん(25)は「まだまだ分からないことが多い生き物。どんな状況だと出現しやすいのか、もっとデータを蓄積すれば対策に生かせるかも」とうなる。本当にないのか、と食い下がると「症状がひどい場合は病院に」との助言をもらった。

 海水浴シーズンはまだ続く。くれぐれもご注意を。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534729794
続きを読む

駅にピアノを設置し、自由に演奏してもらう「ピアノの駅プロジェクト」 演奏したお嬢さん「駅にピアノがあるのはいいなと思いました」・佐賀

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/08/20(月) 04:41:57.32 ID:CAP_USER9.net

「ピアノの駅」新鳥栖で初演奏

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20180819/5080001375.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

駅にピアノを設置し、行き交う人たちに自由に演奏してもらう
「ピアノの駅プロジェクト」が佐賀県で始まり、九州新幹線の新鳥栖駅で
オープニングの演奏会が開かれました。

ピアノの駅プロジェクトは、2020年の東京大会でオランダのホストタウンとなっている佐賀県が、
駅にピアノがあり自由に弾けるというオランダにならって始めました。

JR新鳥栖駅で行われたオープニングの演奏会では、地元の小中学生などの合唱グループが
ピアノの伴奏に合わせて人気アニメのテーマソングなどの歌を披露したり、
福岡県の女性ピアニストが、クラシックの曲などを演奏したりして駅に心地よい音色を響かせました。

佐賀県によりますと、新鳥栖駅に設置されたピアノは鳥栖市内の家庭から寄贈されたということで、
ピアノはこのあと駅のコンコースに置かれ、自由に演奏することができるということです。

新幹線で大阪に向かうという男性は
「駅にピアノがあれば華やかな雰囲気でいいですね」
と話していました。
またピアノを演奏した中学1年の小島千優凛さんは
「いつもと違う環境で緊張しましたが、弾き始めると楽しくなって
駅にピアノがあるのはいいなと思いました」と話していました。

ピアノの駅プロジェクトは9月8日にはJR唐津線の小城駅でも行われるということです。

08/19 16:50


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534707717
続きを読む

【東京電力】千島地震「切迫」受け、福島第一「開口部」塞ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/08/20(月) 01:36:15.43 ID:CAP_USER9.net

千島地震「切迫」受け、福島第一「開口部」塞ぐ
2018年08月19日 08時57分
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180819-OYT1T50005.html

 東京電力は、福島第一原子力発電所の高濃度汚染水流出防止のため、津波対策を強化することを決めた。廃炉作業中の原子炉建屋地下には汚染水がたまっており、津波が流入すると、海に漏れる恐れがある。このため、水が地下に入らないよう、地表や1階の床にある開口部を塞ぐ工事を前倒ししたり追加したりする。

 津波対策の強化は、政府の地震調査研究推進本部が昨年12月に発表した、北海道太平洋側の千島海溝沿いの超巨大地震の長期評価を受けて決めた。長期評価は、マグニチュード8・8以上の超巨大地震が「切迫している」と警告していた。
 東電がこの超巨大地震による津波の高さを計算したところ、福島第一原発では最大10・3メートルとなり、原子炉建屋などが立つ敷地(海抜8・5メートル)が最大1・8メートル浸水する可能性があることがわかった。
(ここまで354文字 / 残り495文字)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534696575
続きを読む

【群馬】名将、今村均陸軍大将 兵第一、食糧確保に力 桐生の著述家 「ラバウル防衛戦」の様子、一冊にまとめ出版

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:樽悶 ★:2018/08/19(日) 20:15:54.99 ID:CAP_USER9.net

 太平洋戦争で、連合国側から名将として評価される数少ない旧日本陸軍将官の一人に、今村均大将がいる。その没後50年の今年、桐生市の著述家、岡田幸夫さん(71)が、今村の功績のひとつ「ラバウル防衛戦」の様子を一冊の本にまとめた。戦争の記憶が薄れつつある中、岡田さんは「混乱の中、日本軍にも時勢に流されない正義感と先見の明を持った人物がいたことを知ってほしい」と話す。

 著書のタイトルは「ラバウル 今村均軍司令官と十万人のサバイバル」(郁朋社刊)。対米開戦から1年、敗勢に転じ始めた時期に南太平洋戦線の拠点ラバウルに司令官として赴任し、大規模な餓死者や病死者を出すことなく終戦まで戦い抜いた今村の姿を詳細に記している。

 政府見解によると、太平洋戦争と、その前段となる日中戦争での旧陸海軍戦死者は約230万人。内訳は戦闘による死亡よりも補給欠乏による餓死や病死が多数といわれ、6割(約140万人)を占めるとする学説もある。

 今村は本国からの補給が全くない状況下で、終戦までの2年半余、自給自足による食糧確保と戦線維持を成功させて指揮下の陸軍将兵約7万人の「無駄死に」を防いだ。終戦後のラバウルからの生還者は、今村の赴任時とほぼ変わらず、海軍と合わせて約10万人に上る。

 今村は米軍撃退の命令を受けて赴任したが、補給も見込めない状況では将兵を餓死させないことが責務と判断。サツマイモなど食糧の組織的栽培・生産を実行した。岡田さんは「補給もせず精神論で戦闘を強要し、多くの犠牲者を出しながら責任を取ろうともしなかった将官が多かった中、今村の姿勢は際立っている」と指摘する。ラバウルの自給自足は食糧だけにとどまらず、火薬など兵器にまで及んだ。「代用品の域は出ないが、医薬品も自給したようです」。このため、米軍の激しい爆撃を受けながら、規律や士気は終戦まで維持されたという。

 岡田さんは桐生高卒業後、東北大に進学し、仙台市で今村の存在を知った。今村は仙台出身で、太平洋戦争序盤に宮城県出身の兵士を率いてオランダ領(当時)インドネシアを攻略したため、今村に特別な念を抱く人が多かった。「下宿先の寺の住職も、徴兵されて今村司令官の指揮下で戦った人で、私の前でも『今村閣下』と呼んで尊敬の念を隠そうとしなかった」。その後、少しずつ今村の事績を調べ、いつか本にまとめたいと考えてきたという。

 今村の優れた点を、岡田さんは「その人間性と良識」という。インドネシア攻略に成功して進駐した今村は、本国の干渉を無視し、降伏したオランダ人にもインドネシア人にも融和的な軍政を敷き、捕虜虐待などもなかった。このため、戦後、オランダから戦犯に指名された際も現地インドネシア人が法廷で擁護し、無罪となっている。

 また、オーストラリアから戦犯に指定されて巣鴨プリズンに収監されたが、「帰国することなく現地で収監されている部下がいる」として、マッカーサー連合国軍最高司令官に南太平洋ニューギニアの収容所への移送を陳情。マッカーサーは「初めて武士道の神髄に触れた」と感じ入り、許可したという。

 今村のような将官ばかりであれば、あんなばかげた戦争は起きなかったのではないか--岡田さんの思いだ。「戦後生まれの私だが、戦争の悲惨さを忘れないとともに、時代を超えて心にとめておかなければならない人物として今村を知ってほしい」

 「ラバウル 今村均軍司令官と十万人のサバイバル」の問い合わせは、郁朋社(東京都千代田区三崎町2の20の4)。【高橋努】

 ■ことば

今村均

 1886年、仙台市で旧仙台藩士の家に生まれる。裁判官だった父の転勤に伴い、山梨、新潟で少年期を過ごす。父の急死で旧制高校進学をあきらめ陸軍士官学校入学。陸軍大学校を首席で卒業。太平洋戦争開戦後、オランダ領インドネシア攻略軍の司令官と占領後の軍政最高責任者を務める。1942年11月、ラバウルに赴任して終戦まで軍司令官として陸軍将兵約7万人を指揮した。戦後、オーストラリアから戦争指導者として戦犯に指名されて禁錮10年(オランダからの訴追は無罪)。釈放後は都内の自宅庭に建てた3畳一間の「謹慎小屋」で回顧録の執筆を続けた。68年、82歳で死去。

毎日新聞 2018年8月19日
https://mainichi.jp/articles/20180819/ddl/k10/040/099000c?inb=ra


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534677354
続きを読む

【富山発】「どんな魚も簡単にさばける」包丁「サカナイフ」 1千本売れた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:みつを ★:2018/08/19(日) 18:12:52.31 ID:CAP_USER9.net

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL896VCWL89PUZB00X.html

富山発「どんな魚も簡単にさばける」包丁 1千本売れた
竹田和博
2018年8月18日17時48分

 「これ一本でどんな魚も簡単にさばける」との触れ込みの包丁を富山県の造型メーカーがつくり、売れ行きを伸ばしている。漁師を経験して魚離れに危機感を抱いた社長が、家庭でも手軽に魚をさばけるようにとクラウドファンディングで資金を集めて製作した。名づけて「サカナイフ」。

 開発したのはルアー販売などを手がける富山県射水市の「TAPP」。4月初めからホームページなどで税込み1万5098円で販売をはじめたところ、これまでに約1100本が売れた。ユーチューブで解説動画も配信している。

 丸山達平社長(42)がルアーづくりのために2年間漁師をした際、店で売れ残って捨てられる魚を見て、消費者の魚離れを感じたのがきっかけだ。

 「魚をさばけない人が増えてきたことが影響しているのでは」。手軽に魚をさばける包丁づくりを考え、従業員と試作を重ねて2年がかりで完成させた。
 1本の包丁に、①「うろこ取り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です
有料会員になると続きをお読みいただけます
残り:716文字/全文:1093文字

https://cdn-m.makuake.com/rev_2018/08/17/120956/img/lazyload.gif



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534669972
続きを読む

【岐阜】BBQしていた無職(31が長良川で溺れて死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/08/19(日) 18:59:03.00 ID:CAP_USER9.net

19日午後、岐阜県美濃市の長良川に、バーベキューをしにきた30代の男性が川で溺れ、その後死亡しました。

 警察によりますと、19日午後1時ごろ、美濃市曽代の長良川で「人が沈んでいる」と近くにいた男性から通報がありました。
消防などが19人態勢で川を捜索し、愛知県小牧市の無職、若松雄輔さん(31)が川底から救出されましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00008173-cbcv-soci

関連スレ
【岐阜】水上バイクが引っ張っていた浮輪の女性らが消波ブロックに衝突し重体 長良川
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534244456/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534672743
続きを読む

【福島】基準値超の放射性物質検出 トリチウム以外にも半減期が約1570万年の長寿命物質も

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:みつを ★:2018/08/19(日) 17:56:03.92 ID:CAP_USER9.net

https://this.kiji.is/403827433298166881

基準値超の放射性物質検出、福島
トリチウム以外、長寿命も
2018/8/19 17:338/19 17:34updated
©一般社団法人共同通信社


 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水に、他の放射性物質が除去しきれないまま残留していることが19日、分かった。一部の測定結果は排水の法令基準値を上回っており、放射性物質の量が半分になる半減期が約1570万年の長寿命のものも含まれている。

 第1原発でたまり続けるトリチウム水を巡っては、人体への影響は小さいなどとして、処分に向けた議論が政府の小委員会で本格化し、今月末には国民の意見を聞く公聴会が開かれるが、トリチウム以外の放射性物質の存在についてはほとんど議論されていない。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534668963
続きを読む

【きちょほん】高知県立大学の学長が謝罪。図書館の蔵書3万8000冊焼却「配慮が足りなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/08/19(日) 12:14:45.05 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000016-mai-soci

高知県立大(高知市)は18日、図書館の新設に伴い、蔵書を最大約3万8000冊焼却処分していたと発表した。
学内規定に基づき手続きを進めたというが、戦前の郷土関係など貴重な本や絶版本も含まれていた。
「(焼却前に)県民に知らせて、広く活用の道を探ることも必要だった。配慮が十分でなくおわびする」と、
野嶋佐由美学長名のコメントを出した。

県立大によると、2017年4月に永国寺キャンパスに図書館を新設。収蔵能力は旧館と同程度あったが、
将来的なスペースを確保するため処分方針を決めた。複数の司書と教員がリストを作成し、全教員に確認の上で
図書約2万5000冊、雑誌約1万3000冊の焼却を決定。図書のうち、複数冊所蔵している本を減らす目的が
約1万8700冊だった。14年度から16年度までの3年間に計13回処分したが、一部の蔵書は学内で呼び掛けて
教員らが持ち帰り、正確な焼却数は不明という。

永国寺キャンパスの図書館は現在、県立大、高知短大、高知工科大の3大学が共有し、県立大が運営している。
県立大の旧図書館の蔵書は約22万1000冊。焼却される予定だったリストには「日本植生誌」四国の巻(1982年)や
「土佐日記の風土」(87年)などが載っていた。

県立大の岡村一良事務局長は「手順は規定に従ったもので問題はない。ただ、焼却という方法には配慮が足りなかった。
焼却処分する前、公立図書館に声を掛けることも検討したが、蔵書に県立大のスタンプが押されていることもあり実現しなかった。
他の大学に声を掛けたり、一般向けのバザーを開いたりする方法もあった」と説明した。


関連スレ
【きちょほん】高知県立大学で蔵書3万8000冊焼却。貴重な郷土本、絶版本多数★4
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534575940/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534648485
続きを読む

【ボランティア】2歳児発見の尾畠春夫さん、豪雨被災地で土砂撤去作業。広島県呉市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/08/19(日) 12:03:16.14 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/k10011582061000.html

山口県で行方不明だった2歳の男の子を見つけた大分県のボランティアの男性が、
西日本豪雨で甚大な被害が出た広島県呉市で住宅の土砂の撤去作業に参加しました。

大分県日出町の尾畠春夫さん(78)は、山口県周防大島町で行方不明だった2歳の男の子の
捜索にボランティアで参加し、警察などの捜索が難航する中、今月15日に男の子を見つけました。

尾畠さんは先月の豪雨の直後に、特に被害が大きかった呉市の天応地区に駆けつけ、
およそ3週間、ボランティア活動を行いましたが、18日、再び呉市に入り、19日から住宅の
土砂の撤去作業などの活動を行っています。

尾畠さんが10人ほどのボランティアのグループのリーダー役となり、家の中に残された土砂を
土のう袋に詰めて運搬用の機械に次々と乗せていきました。

住宅の所有者の親戚の男性は「有名な方がボランティアで来て驚きました。作業のやり方も
教えていただいてとても助かります」と話していました。

尾畠さんは「『お帰り』と言って下さる住民の方もいてとてもありがたかったです。以前、活動した時と
比べても、全然復旧が進んでいない住宅もあるのでこれから頑張りたい」と話していました。

尾畠さんは今月末まで呉市内に滞在するということです。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/K10011582061_1808191153_1808191158_01_02.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534647796
続きを読む

【北海道】人慣れクマ出没30件超 問題長期化、住民疲弊 「賢い、人を恐れない」「追い払ってもすぐ戻ってくる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/08/19(日) 09:45:07.87 ID:CAP_USER9.net

 建物の一部を壊したり畑を荒らしたりとクマによる被害や目撃が止まらない北海道島牧村で、7月29日以降の出没件数が30件を超えた。今回のクマの最大の特徴は、人を恐れないこと。警察や地元猟友会が警戒を続け村も一部地区で異例の夜間外出自粛を呼びかけているが、長期化に地域住民には疲労の色がにじむ。【野原寛史】

 14日午後7時50分ごろ、同村の原歌地区で警戒中の道猟友会島牧分会長、高島紀彦さん(61)に「近くの住宅の裏でクマらしき物音がしたという通報があった」と連絡が入った。

 ただちに車で現場へ急行。仲間2人と暗闇を懐中電灯などで照らして慎重に探した。結局クマの姿を確認できなかったが「昨日も出た場所。まだ近くにいる可能性がある」と判断し、駆けつけた警察官らと深夜まで探索やパトロールを続けた。付近の住宅の窓から、不安そうに外の様子を見る住民の姿も見られた。

   ◇  ◇   

 クマの出没が止まらず、目撃地域の広さや特徴から、地元では「複数のクマが人里に姿を見せているのでは」との見方も。一方で、これまでに駆除・捕獲には至っていない。

 村や寿都署によると、人命の危険にさらされている場合など例外を除くと夜間や住宅地近辺での発砲は禁じられている。村、道後志振興局、警察、猟友会による13日の対策会議で猟銃使用の規制緩和が話題に上ったが、結論は出なかった。捕獲用のおりを4カ所に設置したが、クマが近づく様子はない。

 高島さんは「賢いうえに人を恐れない。爆竹を使ってもすぐに別の場所に現れたことも。このようなクマは、今後被害がさらに大きくなる可能性がある」と危機感を抱く。

 ◇  ◇ 

 目撃数の半分以上を占め被害も出ている原歌地区は、海岸沿いの国道に面して家一軒ずつが並び、そのすぐ後ろには広大な山林が広がっている。

 自宅裏に13、14日と続けてクマが現れた田中トミ子さん(74)によると、地域では昔から親子のクマが出没していた。「代々人里に出てくることで、人を恐れないクマが育ったのではないか」と推測。夕方以降は玄関に侵入を防ぐ板を置き、絶対に外に出ないようにしている。

 村内の猟友会のメンバー13人は7月末以降、分担して深夜・早朝のパトロールを継続。目撃情報があれば徹夜の活動になることもある。お盆で墓参をする人たちに付き添い、昼も警戒に当たった。日中は仕事をしている会員も多く疲労が蓄積しているが、先が見えない状況が続く。小中学校の始業式を前に、町などは登下校時の付き添いなど子供たちの安全対策について協議している。

 地区会長の大西敏夫さん(64)は「一時的に追い払ってもすぐ戻ってきて、問題は解決しない。不安で熟睡できないという声も上がっている。行政には捕獲など踏み込んだ対応をお願いしたい」と強調した。

毎日新聞2018年8月19日 09時32分(最終更新 8月19日 09時32分)
https://mainichi.jp/articles/20180819/k00/00e/040/149000c


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534639507
続きを読む
スポンサー
記事検索
最新記事
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ