2018年11月

【福岡】「畿内説と違って九州説は“おらが町の邪馬台国”的に百花繚乱」 豪族「筑紫の君」に焦点、「邪馬台国八女説」持論の高校教諭

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:樽悶 ★:2018/11/29(木) 22:01:44.76 ID:CAP_USER9.net

 邪馬台国研究をライフワークとする福岡市早良区、県立博多青松高校教諭、宮島正人さん(61)が「『倭(わ)』の神々と邪馬台国 志賀島・宗像・八女」(海鳥社)を出版した。邪馬台国八女(八女市)説が持論の宮島さんは「歴史のダイナミズムが感じられる劇的なストーリー展開を意図した」と話す。

 国語を教える宮島さんは、遺跡・遺物から研究する考古学的手法でなく、日本の神話や地域の伝説、民族文化などから研究を重ねている。本著では、古事記や日本書紀に登場する北九州を拠点とした海人氏族の一つ「阿曇(あづみ)族」と抗争したとみられる古代九州を代表する豪族「筑紫(つくし)の君」に焦点を当てた。さまざまな文献の解釈、地方の神社の祭事や伝承などの検証に基づき、この抗争が邪馬台国の成立に至ったとする「邪馬台国八女説」を説いている。

 学会では邪馬台国は畿内説が有力とされるが、「畿内説と違って九州説は『おらが町の邪馬台国』的に百花繚乱(りょうらん)。そもそも3世紀半ばに近畿から九州に及ぶ統一国家が成立していたかどうかは原点に返る必要がある。所在地論争は二の次」と意に介さない。

 今後は新書版のような書籍を出版したいという宮島さん。「ゆくゆくは八女市をはじめ九州各県が参加する邪馬台国フォーラムを開き、市町村の町おこしにつながれば」と、さらなる展望を描く。

 税込み2376円。全国の主要書店またはインターネット通販で。【綿貫洋】

毎日新聞 2018年11月29日
https://mainichi.jp/articles/20181129/ddl/k40/040/405000c?inb=ra


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543496504
続きを読む

【群馬】「見られると興奮する」 カツラに女性の下着、パンストで下半身を露出して路上を歩く パチンコ店アルバイトの男(23を逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2018/11/30(金) 11:37:31.05 ID:CAP_USER9.net

群馬県太田市で、茶髪のカツラをかぶり女性の下着を着て路上を歩くなどしたとして、23歳の男が逮捕された。

公然わいせつの疑いで逮捕されたのは、パチンコ店アルバイトの山口怜也容疑者。警察によると、山口容疑者は29日午前4時ごろ、太田市の路上で、女性用の上下の下着と黒いパンストを身につけ茶髪のカツラをかぶった状態で、自らの下半身の一部を露出するなどした疑いがもたれている。

通行人の男性から通報を受けた警察が、現場付近にいた山口容疑者を見つけ、現行犯逮捕した。

山口容疑者は調べに対し、「自分でやった」と容疑を認め、「1か月前くらいからやっていた。誰かに見られると興奮する」などと話しているという.

11/30(金) 10:32
日本テレビ系(NNN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181130-00000028-nnn-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543545451
続きを読む

【ONE PIECE】熊本県庁前に「ルフィ」像設置、除幕式。地震復興のシンボルに

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/11/30(金) 16:53:33.76 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181130/k10011729791000.html

おととしの熊本地震からの復興を願って、人気漫画「ONE PIECE」の主人公「ルフィ」の像が熊本県庁に設置され、除幕式が行われました。

式には県の職員などおよそ1500人が参加し、蒲島知事が「『ONE PIECE』は世界中で愛されています。復興のシンボルとなる銅像が
完成して喜ばしいです」とあいさつしました。

そして「ONE PIECE」を手がけた熊本市出身の漫画家、尾田栄一郎さんの母校の東海大学付属熊本星翔高校の生徒たちが
アニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマを演奏する中、ルフィの銅像がお披露目されました。

台座の上に立ったルフィの銅像は、高さが1メートル74センチで、空に向かって右腕を突き上げています。

この銅像は、漫画のキャラクターによって熊本地震からの復興支援に尽力したとして県民栄誉賞を贈られた尾田さんが申し出て県が設置し、
多くの観光客が訪れることが期待されています。

熊本地震で大きな被害を受けた益城町にある広安西小学校の6年生で、式で歌を披露した男子児童は「大好きなルフィの銅像が
できてうれしいです。復興につながってほしいです」と話していました。

除幕式には、漫画家、尾田栄一郎さんの両親も出席しました。
母親の実恵子さんは「立派なルフィ像が熊本地震からの復興と熊本の発展につながっていけばいいと思う。息子は
『これからも支援を続けていく』と言っているので、末永くルフィを可愛がってほしいです」と話していました。

また、熊本県庁本館のロビーには尾田さんがSNSで公開しているルフィ象の完成に寄せたコメントが展示されました。
この中で、尾田さんは「熊本へ旅行のおりにはぜひ一緒に写真撮ってってください!!」「ありがとうございます!!」
などとコメントしています。

さらに、尾田さんはコメントの中で「熊本での震災から2年以上たち、その間も日本各地でいろんな災害が起きてしまいました。
みんなが自分にできる範囲の協力をせねばなりませんが、このルフィもまた少しでも熊本に人を呼ぶきっかけになってくれれば、
たいしたやつです!」と述べています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543564413
続きを読む

【千葉】私立市原中央高校の副校長、修学旅行で泥酔 女風呂へ侵入し放尿

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:nita ★:2018/11/30(金) 15:00:07.01 ID:CAP_USER9.net

11/30(金) 12:31配信
朝日新聞デジタル

 私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長(61)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔して女湯に侵入し、放尿していたことが30日、同校への取材で分かった。副校長は辞表を提出した。経営する学校法人は処分を検討している。

 同校の説明では、副校長は今月23日午後6時ごろ、旅館で同僚の教員ら約10人と食事中にビールで乾杯し、自ら注文したハーフボトルのワイン2本や日本酒の4合びん1本の大半を飲んだ。自室で仮眠後の午後9時45分ごろ、泥酔した状態で隣の女湯に侵入し、洗い場で放尿した。生徒の入浴時間は9時半に終わっていたが、脱衣所では部屋着姿の女子3人が片付けをしていたという。

 修学旅行には3泊4日の旅程で2年生約250人が参加し、副校長が引率の責任者だった。この日が最後の夜で、同僚の労をねぎらおうと、副校長が自ら酒を注文したという。副校長は学校の調査に「泥酔していたため記憶が全くなく、のぞくつもりは一切なかった」と話したという。

 真板竜太郎校長は「生徒が楽しみにしていた修学旅行でこのようなことになり申し訳ない。学校全体の問題としてとらえて、深く反省している。再発防止に向け、職員の意識を改善していきたい」とコメントした。(中沢絢乃、松島研人)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000035-asahi-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543557607
続きを読む

【福岡】軽トラで山道ドリフト走行をして書類送検の会社員(31「やめるつもりない。法の範囲内でドリフト動画は投稿していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2018/11/30(金) 13:49:57.63 ID:CAP_USER9.net

・福岡県の会社員が軽トラックで山道ドリフト走行を繰り返し、書類送検された
・インスタグラムには「ドリフトをやめるつもりもありません」と投稿
・「法の範囲内でドリフト動画は投稿していくつもりです」とした

軽トラックで山道ドリフト走行を繰り返していた福岡・添田町の会社員(31)が、きのう29日(2018年11月)に道路交通法違反(危険運転)の疑いで福岡県警から書類送検された。インスタグラムに繰り返し載せた動画からわかったものだが、「迷惑をかけていない。やめるつもりはない」とうそぶいている。

動画は小学2年生の息子に撮影させたというが、別の車から撮影されたものもあり、協力者がいたことをうかがわせる。会社員は、「ドリフトのテクニックを見せたかった。フォロワーからの『いいね』が増えて嬉しかった」と、容疑を認めているという。

会社員は昨夜11時頃、インスタグラムを更新して、「ご丁寧に誰かさんが通報したおかげで書類送検されました。反省しております」と書いたものの、続けて「人のいないところで、誰かに迷惑をかけたつもりはありません。ドリフトをやめるつもりもありません。法の範囲内でドリフト動画は投稿していくつもりです」と開き直っている。

こんなバカ親、罰金程度で済ませいていいのか

古市憲寿(社会学者)「ドリフト、たいして上手じゃない」

伊藤利尋キャスター「検察はどう判断するんでしょうね」

弁護士の若狭勝は「罰金程度で済むと思いますが、こういうのを許してしまうと、真似をする者が出ます。対向車があれば事故になりますから、野放しにはできないということでしょう」という。

中瀬ゆかり(「新潮社」出版部部長)「話題になると、増えるでしょうね。それと、子供に妙なものを植え付けるところが気になります」

バカな親がここにもいた。

2018年11月30日 12時19分
J-CASTテレビウォッチ
http://news.livedoor.com/article/detail/15670908/

関連スレ
【福岡】軽トラで“ドリフト”会社員を書類送検 インスタグラムに投稿し発覚
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543469041/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543553397
続きを読む

【ZOZO】前澤社長、京都“幻の別荘「智水庵」”購入 15~20億円 旦那衆からは不安の声「カスタマイズしないでほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2018/11/30(金) 11:55:51.62 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181130-00552457-shincho-000-view.jpg

 プライベートジェットにマイバッハ、ピカソやバスキアの名画に加え、傍らには16歳年下の美人女優。ついには月旅行までぶち上げ、もはやこの世の中で手に入らないものなどなくなったZOZOの前澤友作社長(43)。そんな彼が秘かに買い求めていたのは古都・京都でも別格扱いされる幻の別荘だった。
.
 長年、京都で商いを続けてきた経営者が嘆息する。

「最初に聞いた時は耳を疑いましたよ。あの“智水庵”を手に入れたのが前澤さんの会社だったとは……」

 前澤氏の「資産管理会社」が、京都の別荘、智水庵を購入したのは今年6月のことだ。世間を騒がせ続ける若きビリオネアはともかく、この「別荘」については説明が必要だろう。

〈年間5千万人もの観光客が訪れる京都にあって、ガイドマップにいっさい載らず、ひっそりとたたずむ別天地がある――〉

 NHKが制作したドキュメンタリー番組は、智水庵を含め15の別荘からなる「南禅寺界隈別荘群」をこう紹介する。

「別荘群がある地域は、日本の禅寺のなかで最も格式の高い南禅寺の敷地でした。しかし、明治時代の廃仏毀釈によって政府がこの土地を召し上げ、民間に払い下げた。すると、当時の政財界の重鎮たちがこぞって飛びつき、財力を注ぎ込んで優雅な別荘と庭園を造らせたのです」(地元の記者)
.
■安くても15億円

 当時の所有者は西園寺公望や山縣有朋、野村証券の創始者・野村徳七といった錚々たる顔ぶれ。ちなみに智水庵は、加賀藩士から鉱山王となり、“金沢は横山で持つ”と言わしめた横山隆興の別荘だった。最大のウリは近代日本庭園の父・小川治兵衛の手になる優美な庭である。さて、気になるのはお値段。以前の持ち主だった資産家女性に尋ねても、

「前澤さんとのやり取りはすべて弁護士に一任していますので。金額についてもお話しできません」

 と言うばかりだが、

「南禅寺界隈の1400平方メートルを超える土地と別荘に、歴史的・文化的な価値を加味すると、安く見積もっても15億~20億円は下らない。仮に“30億円で売れた”と聞いても驚きません」(地元の不動産業者)

 一方、京都の旦那衆の間では智水庵の行く末を案じる声も上がっている。

「ZOZOスーツよろしく、別荘を自分好みにカスタマイズするような無茶はしてほしくないですなぁ」

 とは先の経営者。だが、別荘に手を入れることは、さすがの前澤社長であっても容易ではない。京都市の担当者に聞くと、

「古都保存法や風致地区条例などによって、智水庵の現状変更行為には厳しい規制が掛けられています。建物の改修はもちろん、庭の木を切ったり、土や石を採取する場合には届け出が必要です。建て替えるにしても、建物の高さは8メートル以内、建蔽率は10分の2までに収めなければなりません」

 近隣の別荘では数年前から改修工事が進むが、地鎮祭はもちろん、小屋や茶室を壊すたびに付近の神社から神職を招いて清祓(きよはら)いが行われ、神事だけですでに20回以上を数えるという。

「ここの別荘を買うとはそういうこと。あの人にそこまで出来るんかいな、とは思います」(前出の経営者)

 古都との付き合いは、月旅行よりも骨が折れそう。

「週刊新潮」2018年11月29日号 掲載

11/30(金) 11:08
デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00552457-shincho-ent


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543546551
続きを読む

【2025年万博】大阪万博で「神戸にサテライト会場を」 兵庫知事

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2018/11/29(木) 11:12:35.32 ID:CAP_USER9.net

 2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まったことを受け、井戸敏三知事は28日の定例会見で、「開催テーマが健康であり、医療産業都市で街づくりを進める神戸市にもサテライト会場を作ってもらいたい」と述べ、県内開催に意欲を示した。具体的な内容は「今後検討を進める」とした。

 会場である大阪湾の人工島・夢(ゆめ)洲(しま)から神戸市のポートアイランドや六甲アイランドまでを「直線距離ならとても近い」と強調。久元喜造・神戸市長が神戸空港などと海路で結ぶ構想を示していることに「一番現実的で刺激的なアイデア」と賛同した。

 神戸、伊丹(大阪)空港の国際線就航にも触れ、「検討すべき課題。(関西3空港のあり方を検討する)3空港懇談会での議論は避けて通れない」とコメントした。

11/29(木) 8:12
産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000508-san-pol


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543457555
続きを読む

【外国人犯罪】浜松市の民家に押し入り強盗 ブラジル人6人を逮捕/静岡

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ニライカナイφ ★:2018/11/30(金) 02:36:17.22 ID:CAP_USER9.net

昨年11月、浜松市南区の民家に押し入って夫婦を縛りけがを負わせた上で現金を奪ったとして、
静岡県警浜松東署などは29日までに強盗致傷と住居侵入の疑いでブラジル人の男6人を逮捕した。

逮捕されたのは同市中区幸の工員、バズ・ササキ・テロミ容疑者(43)ら、
同市や愛知県豊橋市周辺に住む10代~40代のブラジル国籍の男6人。

逮捕容疑は平成29年11月24日、同市南区三新町の民家に押し入り、
居合わせた夫婦の両手足を縛って現金約30万円を奪い、
夫婦の顔や手足に重軽傷を負わせたとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000565-san-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543512977
続きを読む

【滋賀】「薬を飲まないので殴った」 認知症の父親(79の顔を殴った傷害容疑、51歳男を逮捕 父親は意識不明の重体…長浜市

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:かばほ~るφ ★:2018/11/29(木) 23:07:08.53 ID:CAP_USER9.net

「薬を飲まなくて…」 認知症の父を殴打 男を逮捕 滋賀
2018.11.29 22:47

認知症の父親(79)の顔を殴ったとして、滋賀県警木之本署は29日、
傷害の疑いで同県長浜市木之本町木之本の美容師、藤田修容疑者(51)を逮捕した。
「薬を飲まないので殴った」と容疑を認めている。父親は意識不明の重体。

逮捕容疑は28日午前11時ごろ、自宅の居間で父親の顔面を数回殴ったとしている。

同署によると、29日午前9時ごろに藤田容疑者が「父親が呼びかけに応じない」と119番。
藤田容疑者は長男で、両親と妻、子供の5人暮らし。父親は認知症で要介護認定を受けていたという。

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/181129/wst1811290036-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543500428
続きを読む

【同和】部落差別対策、九州7県で自治体に差 条例制定は大分9割、長崎・宮崎ゼロ 「解放・人権研究所」初の全国調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:樽悶 ★:2018/11/29(木) 22:50:59.74 ID:CAP_USER9.net

九州7県で部落差別解消に関する条例を制定する自治体
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20181129/201811290007_000.jpg


 部落差別の解消に向けた地方自治体の取り組みについて、一般社団法人「部落解放・人権研究所」(大阪市)が初めて実施した全国調査(3月現在)で、九州7県の自治体の施策に地域間格差があることが28日、分かった。差別の解消に向けた関連条例について、大分で約9割、佐賀で約7割の自治体が制定するのに対し、長崎、宮崎はゼロ。人権啓発に関する基本計画の策定・検討状況もまばらだった。

 同日、岡山市で開かれている「部落解放研究第52回全国集会」の分科会で、研究所の谷川雅彦所長が報告した。

 2016年12月施行の部落差別解消推進法は、差別解消に向け、国や地方自治体が地域の実情に合わせた施策に取り組む責務を盛り込んでいる。法の趣旨を踏まえ、研究所が17年7月~18年3月、全国1788の都道府県、市町村に施策の実施状況をたずねた。回答したのは全国1412自治体(回答率79%)で、このうち九州7県は199自治体(同83%)。

 差別解消や同和問題の解決に向けた条例を定める自治体の割合は、大分89%▽佐賀75%▽熊本70%▽福岡69%-の4県が半数を超えた。ところが、ほか3県は鹿児島15%▽長崎、宮崎ゼロ-だった。

 一方、人権啓発に関する基本計画を策定・検討している自治体の割合は、福岡96%▽大分94%▽鹿児島85%▽熊本78%▽長崎75%▽佐賀50%-などと6県で半数を超えた。一方、宮崎は30%と低迷した。

 推進法が求める相談体制を整備している自治体の割合が半数を超えたのは、大分、福岡、長崎の3県にとどまった。

 地域間格差について、谷川所長は「部落解放同盟の活動が盛んな地区と、そうでない地区で差が開いている」と分析。推進法が掲げる自治体の責務について「被差別部落の有無にかかわらず、全ての自治体の取り組みが欠かせない。『差別をなくしましょう』というスローガンでなく、より実効性のある施策が求められている」と語った。

西日本新聞 2018年11月29日16時37分 (更新 11月29日 17時01分)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/469325/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543499459
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ