★2年にわたるいじめで190万円取られ不登校に…弘前の中学生が生徒10人提訴
Web東奥 3月25日(火)11時35分配信

弘前市内の市立中学2年の男子生徒(14)が、同じ学校の生徒10人から、2011年から13年までの
間に計約190万円を取られ、適応障害で不登校になったとして、生徒とそれぞれの保護者に慰謝料
など約4150万円の損害賠償を求める訴訟を青森地裁弘前支部に両親とともに起こした。
提訴は7日付。弘前市教育委員会は24日、記者会見を行い、佐藤紘昭教育長が「重大ないじめが
あった」として陳謝した。

訴状によると、原告生徒が小学6年から中学1年までの間、被告生徒の1人から繰り返し金銭を要求
され計約170万円を脅し取られたとした。この生徒が「親の金を抜いていることを言うぞ、
と言えば金をくれる」と周囲の生徒に広めたため、さらに9人の生徒が計約20万円を脅し取ったり、
遊興費の肩代わりをさせたりしたと主張。原告生徒はストレスで適応障害を発症、不登校になったとした。

原告側の代理人弁護士によると、この9人の生徒は返金に応じた。原告側は市側に対し訴訟を起こす
ことも検討しているという。被告側の相談を受けている弁護士は「訴訟になったことは遺憾。
恐喝はごく一部。事実誤認がある」と話した。

同校は13年3月13日、同校の生徒から金銭のやりとりがあるとの情報を受け、関係する生徒の聞き取り
調査を実施。この結果、関与している生徒は約20人に上ることが分かった。原告代理人によると、
このうち提訴しなかった生徒からは返金と謝罪があり、示談が成立したという。 >>2へ続く

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-25113526-webtoo-l02


青森
青森