都市部での雑食が目立つカラスが、茨城県の一部地域では食用とされている。
戦後間もない頃から続く食文化を守ろうと、地域の人たちが特産品とできないか、
研究を始めている。

茨城県ひたちなか市の自営業男性(60)は2月、自宅で知人らに
カラス料理を振る舞った。胸肉はさしみに、脚は焼き鳥に調理した。
同市の獣医師安(やす)富康さん(43)は「色々な動物を食べてきたが、
軟らかく甘みがある」と話した。

男性は約20年前、地元猟師からカラス料理でもてなされた。
狩猟期間の11月中旬~2月中旬、猟師からカラスを分けてもらっている。
地元の猟師らによると「地域で食されてきた」という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000030-asahi-soci
写真
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000030-asahi-soci.view-000

依頼
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396601360/165


茨城県(つくば・土浦周辺)自転車の旅
茨城県(つくば・土浦周辺)自転車の旅