宮城

【宮城】てんかん、理解深めるシンポ 病名で差別、就労拒否…偏見捨てて公平に対応を!仙台で専門家ら支援訴え

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:樽悶 ★:2018/10/15(月) 22:30:15.49 ID:CAP_USER9.net

てんかんに関する参加者の質問に答える中里教授(右)ら
https://storage.kahoku.co.jp/images/2018/10/15/20181015kho000000011000c/001_size6.jpg


 てんかん患者を取り巻く環境と対応の在り方を考える「学校・職場・社会で『てんかん』への理解を深めるシンポジウム」が14日、仙台市青葉区の河北新報社であった。てんかん患者や家族、関係者約200人が参加し、専門家らの話に熱心に耳を傾けた。

 東北大大学院医学系研究科てんかん学分野の中里信和教授、神一敬准教授、石巻赤十字病院神経内科の加藤量広副部長が登壇。てんかん患者の約7割は投薬など適切な治療で普通の生活を送れることや、進学や就職の際に周囲ができるサポートについて説明した。

 中里教授らによると、てんかんの症状や誘因は多様であるにもかかわらず病名で差別されたり、就労を拒否されたり、偏見が根強いという。中里教授は「患者の責任は症状を把握し、説明すること。周囲は先入観を持たず、公平に対応してほしい」と呼び掛けた。

 参加した元患者の事務員女性(59)=多賀城市=は「働く患者同士のつながりが必要だ」と話した。

 シンポジウムは河北新報社、神経内科フォーラム(東京)、グラクソ・スミスクライン(同)の共催。仙台での開催は初めて。

河北新報 2018年10月15日
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181015_13011.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539610215
続きを読む

【宮城】外国人居住者のごみ出しマナー違反、一部地域で問題化 住民対策に躍起…仙台市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2018/10/14(日) 12:57:11.42 ID:CAP_USER9.net

<仙台市>外国人居住者のごみ出しマナー違反、一部地域で問題化 住民対策に躍起


仙台市では一部地域で、外国人居住者のごみ出しマナー違反が問題となっている。
これまで複数の外国語パンフレットなどを作成し、分別ルールの周知徹底に努めてきた。
分別の掲示表をごみ集積所に設置する地域もあるが、なかなか浸透しないのが実情だ。
 
特に対策が急務なのは留学生。
2~4年の短いサイクルで帰国したり、転居したりするため、
ごみ出しルールの継承や定着に結び付かないという。
 
大学や専門学校に近い青葉区の花壇大手町町内会では外国人のごみ出しマナーに対し、
住民から苦情が寄せられる。
今野均町内会長(76)は「外国人に注意しても、日本語が分からないと言われるとどうしようもない」と困り顔だ。
ルール違反は今年に入って目立つようになったという。
 
留学生らは母国との生活習慣のギャップに戸惑っている。
4月にネパールから来日した日本語学校生、ラマ・クリシュナ・バハドゥルさん(28)=青葉区=は
「仙台市はごみ分別の種類が多くて、何のごみをどの袋に入れて捨てればいいのか分からない」
と悩みを打ち明ける。

河北新報 2018年10月14日日曜日
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181014_13018.html
外国人のごみ出しマナーに頭を悩ませる花壇大手町町内会。
市はルールを覚えてもらおうと対策に躍起だ
https://storage.kahoku.co.jp/images/2018/10/14/20181014kho000000022000c/001_size4.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539489431
続きを読む

【放射性物質】基準値超えキノコ、宮城県の女性がネット出品 7250円出して落札した男性「ベクレてる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/10/01(月) 21:16:35.23 ID:CAP_USER9.net

2018.10.1 20:07
宮城県は1日、国の基準値を超える放射性物質を含んだ野生キノコのコウタケ計約1.5キログラムを同県角田市の女性がインターネットオークションに出品し、横浜市の男性が一部を落札していたと発表した。女性が出品を取りやめており、現在は流通していない。

 県によると、女性は「夫が宮城県村田町で採った」と話している。村田町の野生キノコは基準値の1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたため、2016年9月から出荷制限を受けているが、女性は知らなかったという。

 女性は約500グラムずつの計3セットに分けて出品し、このうち一つを男性が9月24日に7250円で落札。男性から「落札したキノコから1キログラム当たり6千ベクレルが検出された」との連絡が宮城県の保健所にあり、女性の自宅に残っていた2セットを調べると同2千ベクレルが検出された。

 横浜市の男性は食べておらず、落札したコウタケは宮城県が引き取って検査する。

https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181001/afr1810010036-s1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538396195
続きを読む

【宮城】<気仙沼・22cm高い防潮堤>住民「知事あまりに乱暴」高さ不変に猛反発

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:nita ★:2018/09/26(水) 07:07:01.51 ID:CAP_USER9.net

2018年09月26日 水曜日

 気仙沼市内湾地区の防潮堤高を宮城県が誤って施工した問題で、村井嘉浩知事が25日に防潮堤を造り直さないとする最終判断を下したことに関し、地元の地権者や住民団体は一斉に反発した。一貫して造り直しを求めた地元の意向を無視された形となり、住民は「あまりにも乱暴だ」と怒りをあらわにしている。

 「協議会としての要望が受け入れられなかった。非常に残念だ」。中心市街地の再生を議論してきた住民団体「内湾地区復興まちづくり協議会」の菅原昭彦会長が無念の思いを吐露した。午前9時半ごろ、村井知事から直接、電話で造り直さないことを伝えられたという。

 菅原会長は「県に対する不信感は残ったままだ。協議会としてどうするのか、今後、検討したい」と話した。近く会合を開き、対応を話し合う。

 協議会は間違った防潮堤の背後地にある魚町地区で再建を目指す住民の考えを尊重し、県に造り直しを求め続けてきた。15日に市役所であった会合でも、造り直しを求める方針を確認したばかりだった。

 地権者の男性(50)は「われわれに説明もせずに、いきなり頭越しに方針を発表するのは乱暴だ。そもそも間違ったのは県。全く反省していない」とあきれ顔。協議会メンバーの男性(60)は「15日の会合でも県の職員に丁寧に議論するようくぎを刺したばかりだった。一方的に議論を打ち切るのは許されない」と怒った。

 東日本大震災後、市は海岸沿いに整備される防潮堤に関して、住民合意に力を注いできた。県が今回高さを間違った防潮堤も2年以上の議論を経て、高さが決まった経緯がある。

 協議会の場でも「住民との合意がない防潮堤を気仙沼には造らない」との持論を強調していた菅原茂市長は、「住民合意がないまま、誤った高さの防潮堤が整備されることは非常に残念。(県には)住民の思いを真摯(しんし)に受け止め、対応してほしい」と注文を付けた。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180926_11017.html


<気仙沼・防潮堤施工ミス>県と住民の溝埋まらず 議論平行線、対立深まる

 気仙沼市内湾地区の防潮堤高を宮城県が誤って施工した問題で、村井嘉浩知事は25日、住民が求めた造り直しには応じず、22センチ高い防潮堤の建設を進める最終判断を下した。ミス発覚から203日。県と住民との間にできた深い溝が埋まることは一度もなかった。(気仙沼総局・大橋大介)

 防潮堤を巡る議論の経過は表の通り。県と住民の対立が決定的となったのは、5月18日に気仙沼市であった地元住民団体「内湾地区復興まちづくり協議会」の会合だった。

 県は当初、(1)造り直し(2)背後地かさ上げ(3)現状のまま設置-の3案を示し、住民の意向を選択する方針だった。会合で住民は「造り直し」を求めたが、出席した村井知事は時間や経費を理由に却下した。

 ある協議会関係者は「住民が選んだ意見を覆した。知事の強気な姿勢も不信感を大きくした」と明かす。

 その後、「造り直し」を求める住民と県の議論は平行線をたどった。この間、県は誤解を招くような住民の意向調査結果を示したり、施工ミスに気付いた時期を住民よりも前に県議会に示したりするなどして何度も住民の反発を買った。

 今月15日にあった会合で協議会は造り直しの方針を県に示したが、その10日後、県は最終決定を下した。防潮堤背後地の魚町の地権者(44)は「県はどれだけ住民の感情を逆なでするつもりなのか」と憤る。

 住民の中には、かさ上げ案を受け入れざるを得ないとの意見もある。それでも、県と住民の感情的対立が解消される可能性は極めて低い。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180926_11020.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537913221
続きを読む

【全国へ】「東京五輪に参加して」宮城県庁でボランティア説明会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/09/22(土) 16:37:06.20 ID:CAP_USER9.net

「東京五輪に参加して」 宮城県庁でボランティア説明会

2020年の東京五輪・パラリンピックの大会運営を支える「大会ボランティア」の説明会が20日夜、宮城県庁であり、市民ら約130人が参加した。
大会組織委員会が募集する大会ボランティアの募集開始を26日に控え、組織委の担当者がメダルの運搬や海外要人の案内など9分野の活動内容を紹介した。
19年2月からは全国11都市でオリエンテーションが始まることや、大会間近の20年4月以降に役割や活動会場ごとの研修があることなどを説明。組織委は大会ボランティアの必要人数を約8万人と見込んでいる。

東北福祉大2年の神宮礼奈(あやな)さん(21)=仙台市太白区=は「東京開催が決まった時からボランティアとして参加したいと思っていた。英語で関係者の案内をしてみたい」と話した。
大会ボランティアとは別に、県は主要駅などで案内役を務める「都市ボランティア」の募集を来年4月に始める予定。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180922_14026.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537601826
続きを読む

【宮城・仙台市】母親「ナイフがなくなり胸騒ぎ」警察官刺殺

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/09/22(土) 03:56:48.00 ID:CAP_USER9.net

母親「ナイフがなくなり胸騒ぎ」警察官刺殺
9/21(金) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180921-00000056-nnn-soci

宮城県仙台市内の交番で警察官が刺殺された事件で、事件当日、容疑者の両親が「息子かもしれない」と警察署を訪れていたことがわかった。母親は「ナイフが家からなくなり胸騒ぎがした」と話しているという。

仙台市宮城野区の東仙台交番では19日、巡査長の清野裕彰さん(33)が宮城野区新田の大学生・相澤悠太容疑者(21)に刃物で刺され死亡し、相澤容疑者は別の警察官に拳銃で撃たれ死亡。現場検証が続いている。

そして、捜査関係者への取材で、事件当日の午前中、相澤容疑者の両親が犯人について「ニュースを見て息子かもしれない」と県内の警察署を訪れていたことが新たにわかった。母親は「キャンプなどで使っていたナイフが家からなくなっていて、胸騒ぎがした」などと話しているという。

警察は、両親から事件前日の相澤容疑者の様子などを聞くとともに、動機の解明を急いでいる。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537556208
続きを読む

【宮城】スポーツ自転車が前方を走っていたワゴン車に追突、男性(48死亡 見通しの良い下り坂で/仙台

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/09/20(木) 20:44:14.41 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/im_siggllEWGYEBADjlMZ9.Es8e4Q---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20180920-00010006-oxv-000-thumb.jpg


20日午前、仙台市太白区で、スポーツタイプの自転車に乗って車道を走っていた48歳の男性が、前方を走っていたワゴン車に追突し死亡しました。

事故があったのは、太白区秋保町湯元の県道秋保温泉川崎線です。

警察によりますと、20日午前10時ごろ、川崎方面に向かって走っていたスポーツタイプの自転車が前方を走っていたワゴン車に追突しました。

この事故で青葉区宮町4丁目の自営業太田智洋さん(48)が胸を強く打ち、仙台市内の病院に搬送されましたが、大動脈損傷により約2時間後死亡が確認されました。

追突されたワゴン車を運転していた男性にけがはありませんでした。

現場は見通しの良い下り坂の直線道路で、警察は事故当時の自転車の速度などを推定するとともに、ワゴン車の男性から当時の状況を聞くなどして、事故の原因を詳しく調べています。

9/20(木) 19:37
仙台放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00010006-oxv-l04


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537443854
続きを読む

【交番襲撃】仙台市の警官刺殺容疑者は同市宮城野区の21歳大学生。宮城県警

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/09/19(水) 16:03:25.64 ID:CAP_USER9.net

https://this.kiji.is/415039686412878945?c=39550187727945729

宮城県警によると、仙台市の交番で巡査長を刺殺した疑いがある男は、
同市宮城野区の大学生相沢悠太容疑者(21)。


関連スレ
【交番襲撃】仙台市の交番を襲った男は同市の大学生の可能性
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537334648/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537340605
続きを読む

【宮城】川で溺れたか バーベキューの男子高校生が死亡 仙台

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2018/08/17(金) 21:26:54.00 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180817/k10011581011000.html
2018年8月17日 21時06分

17日午後、仙台市太白区の名取川の近くで友人とバーベキューをしていた16歳の男子高校生の行方がわからなくなり、川の中で見つかりましたが、死亡が確認されました。警察は高校生が溺れた可能性が高いと見て、当時の状況を調べています。

17日午後3時ごろ、仙台市太白区茂庭の名取川の近くで、「一緒にいた友人の姿が見えなくなった」と消防に通報がありました。

警察や消防が川の中を捜索したところ、仙台市太白区の高校1年生、猪股夢海さん(16)が意識不明の状態で見つかり病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

警察によりますと、猪股さんは友人たちと河原でバーベキューをしていましたが、川に流されたサンダルを捜しに行ったあと、姿が見えなくなっていたということです。

警察では、猪股さんが溺れた可能性が高いと見て、一緒にいた友人から話を聞くなどして、当時の詳しい状況を調べています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534508814
続きを読む

【熱中症】ヘリ撮影用の人文字をグラウンドで作っていた児童38人が病院搬送。宮城県名取市の小学校

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/07/18(水) 16:17:33.75 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000005-tbcv-l04

18日午前、宮城県名取市内の小学校の校庭で活動をしていた児童38人が熱中症の疑いで病院に運ばれました。
全員命に別状はないということです。
 
18日午前11時20分頃、宮城県名取市の下増田小学校で児童が熱中症とみられる症状を訴えていると
教員から消防に通報がありました。消防によりますと、児童38人が病院に運ばれましたが、全員意識はあり
命に別状はないということです。
 
下増田小学校の校庭では18日午前9時頃から全校児童と教職員が集まり名取市の市政60周年の記念として
ヘリコプターから撮影するため、人文字をつくっていたということです。
 
学校では児童に帽子を被らせたり水分補給を呼び掛けたりといった対策をしていたと説明していますが、
警察が当時の状況を確認しています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1531898253
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ