秋田

【検閲】漫画が黒塗り、作者茫然「これなら出さないほうがいい」。ネットでは「戦時中の教科書か!」と驚き。秋田書店

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/12/13(水) 13:04:51.51 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00010004-huffpost-soci

秋田書店のホラー漫画『殺戮モルフ』第2巻の一部シーンが黒塗りになると、
原作者の外薗昌也(ほかぞの・まさや)さんが公式Twitterで明かした。
「これなら出さないほうがいいですよね」

出版社から見本を受け取った外薗さんは12日、「グロシーンを真っ黒に塗り潰されての発売となりました」
と、該当のシーンをツイートした。この単行本は12月20日に発売予定だが、外薗さんは黒塗りについて
「全く相談無しだった」と書いている。

漫画が単行本に収録される際に、元のバージョンから修正が加わることが出版業界ではよくあるが、
ここまで大幅な修正が作者に知らされてなかったとすれば異例だ。

ネット上では「戦時中の教科書みたい」「検閲かな?」と驚く声が相次いでいる。

外園さんは「このままでは発禁になると判断しての処置みたいです」とツイートしており、
出版社側の自主規制による可能性がある。

外園さんには事前に相談がなかったそうで、「これなら出さないほうがいいですよね」と
呆然とした様子でつぶやいている。

『殺戮モルフ』は外薗さんが原作、兄妹ユニットの「小池ノクト」が漫画を担当して、
ヤングチャンピオンで2月から連載している。謎めいた殺人鬼に翻弄される女子高生と
警察官のスプラッターホラーとなっている。

ハフポスト日本版は秋田書店に取材を試みたが「担当者が不在で現時点では答えられない」
というコメントだった。

【UPDATE】関係者によると、雑誌掲載時にも該当シーンは黒く塗られていたが、単行本では
「本来の形」で掲載する方針だったという。


外薗昌也さんのTwitterより
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00010004-huffpost-000-view.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513137891
続きを読む

【タニタ】秋田のタニタ食堂、閉店へ「客数が低迷」 全国にFC店10店

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/12/01(金) 17:31:58.03 ID:CAP_USER9.net

 秋田市中心部の再開発地区「エリアなかいち」の商業施設の目玉テナントの一つ、「あきたタニタ食堂」が来年3月末に閉店を予定していることがわかった。タニタ(本社・東京都)広報課は「客数が低迷し、法人向けの社員食堂契約も思うように伸びず、客数の落ち込みをカバーできなかった」としている。

 エリアなかいちは2012年7月にオープンした。あきたタニタ食堂は、14年12月に商業施設がリニューアルした際、フランチャイズ(FC)契約で出店した。タニタ広報課によると、食堂を運営する「あきた食彩プロデュース」(本社・秋田市)と協力し、独自メニューの開発や健康セミナーのサポートに取り組んできたが、経営の抜本的な立て直しは難しいと判断したという。

 現在、全国にタニタ食堂の屋号を持つFC店は10店あり、東北では秋田市のほかに盛岡市で営業している。(石川春菜、村山恵二)

2014年に出店した当時の「あきたタニタ食堂」。カフェテリア方式で定食を提供し、カロリーなどにもこだわった=秋田市中通1丁目
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171129003751_commL.jpg


配信2017年12月1日16時53分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKCY5DFHKCYUBUB00Y.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512117118
続きを読む

【秋田】「宝くじくらいの確率」…北朝鮮籍、漂流木造船の8人無事上陸 由利本荘市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/11/28(火) 16:05:03.21 ID:CAP_USER9.net

秋田県由利本荘市の海岸に北朝鮮籍とみられる木造船が漂着し、男性8人が保護された問題。

 8人はイカ釣り漁をしていて船が壊れ、約1か月漂流してきたとしているが、食べ物や飲み水はどうしたのかなど、多くの謎がある。手がかりとなるはずの船体は本荘港から消えてしまった。謎をのみ込んだ船体の捜索が続く。

 県警の発表などを総合すると、木造船は1か月半前、北朝鮮の清津チョンジンを出港、2週間ほどの予定でイカ釣り漁に出た。エンジンが故障したのが1か月前というが、漁業関係者らはまず、この漂流期間に疑問を投げかける。

 「北朝鮮は深刻な食料不足。食料は漁予定の2週間分しか積んでなかったはずだ。水だってあったのか?」

 こう首をかしげるのは、遊漁船の船長(61)だ。1か月漂流したにもかかわらず、救助された8人に、入院するほどの衰弱は見られなかったという。

 地元のヨット愛好家(61)は、「仮に違法操業が問題化している大和やまと堆たいからとした場合、風や潮流次第で早ければ半日、長くても4、5日でここまでたどり着ける」と指摘する。

 上陸方法も謎だ。港の入り口は潮の流れが速い。漂着した23日夜は強風で波が高く、エンジンが壊れた船が防波堤までたどり着くのは至難の業だ。別の遊漁船の船長(58)は「消波ブロックへ無事に上陸できるのは、宝くじくらいの確率だ」と驚きを隠さない。

 最後の謎が県警や海保の対応だ。「なぜ、木造船を早めに安全な場所へ移動させなかったのか?」と漁業関係者らはいぶかる。秋田地方気象台によると、由利本荘市には24日に強風や波浪の注意報、25日には暴風警報などが出されたが、木造船と消波ブロックをつないでいたのは、1本のロープだけだった。

 ◆離岸堤に激突の可能性

 所在が分からなくなった木造船は、本荘港の西側の離岸堤に激突して破損し、壊れた船体の一部が海底に沈んだり、沖合へ流されたりした可能性が高まった。県警警備部と由利本荘署、秋田海上保安部が27日に行った捜索で、船体の一部とみられる多数の木片を離岸堤の外海側で回収したことが、海岸から確認できた。捜索は28日も続行される見通し。

 木造船の姿が消えたのは、25日午前5時から同9時頃の間と推定される。引き潮の時間帯で、折からの強風も重なり、沖へ流れ出たらしい。外海の荒波で離岸堤の外側の消波ブロックに衝突を繰り返し、大破した可能性が高い。船体の一部は、潮に乗って沖合へ運ばれたらしい。

 27日は港内で船体らしい影は発見出来なかったが、離岸堤の外側で多数の木片が回収された様子が近くの海岸などから確認できた。県警などは木片と木造船との関連の捜査を急ぐ。

2017年11月28日 10時34分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171128-OYT1T50005.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511852703
続きを読む

【社会】漂流の木造船から8人の遺体を発見。秋田県男鹿市の海岸

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/11/27(月) 14:07:17.04 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000032-asahi-soci

秋田県男鹿市野石の宮沢海水浴場に26日、木造船が漂着し、船内から8人の遺体が
発見されたことが27日、秋田海上保安部への取材でわかった。同海保が船籍や、
遺体の身元などを調べている。

同海保によると、木造船が26日午前8時半ごろ、海岸から30~50メートル沖合を
漂流しているのを近所の住民が発見。その後、海岸へ打ち上げられた。

男鹿市から南に約70キロ離れた同県由利本荘市には23日、「北朝鮮から来た」と話す
8人の男性を乗せた木造船が漂着している。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511759237
続きを読む

【秋田】「ライフジャケットが…」秋田でまた木造船が漂着

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2017/11/26(日) 18:09:45.94 ID:CAP_USER9.net

「ライフジャケットが…」秋田でまた木造船が漂着
11/26(日) 17:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171126-00000019-ann-soci

 26日、秋田県男鹿市の海岸に木造船が漂着しているのが見つかりました。秋田県内では、23日に北朝鮮のものとみられる木造船が流れ着いています。

 午前8時半すぎ、男鹿市の海岸に木造船が漂着していると近くの住民から通報がありました。船は全長約7メートルで、海上保安部によりますと、24日午前に沖合約30メートルで傾いた状態で浮いていて、26日になって海岸に流れ着きました。船の中は確認できていないということです。
 目撃した人:「ライフジャケットは波打ち際に2つ。ぼろぼろのが寄ってきた」
 秋田県内では23日にも由利本荘市に木造船が漂着し、「北朝鮮から来た」と話す男性8人が保護されています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511687385
続きを読む

【秋田】「漁をしていて船が故障」 秋田に北朝鮮の木造船漂着で男性が説明

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/11/24(金) 09:34:58.08 ID:CAP_USER9.net

秋田県由利本荘市に23日夜、木造船が漂着した問題で、乗っていた男性が「漁をしていて船が故障し、漂着した」という趣旨の説明をしていることが24日、分かった。北朝鮮から来たことも認めているという。小此木八郎国家公安委員長が閣議後の記者会見で明らかにした。

配信2017.11.24 08:59更新
2017.11.24 08:59更新
http://www.sankei.com/affairs/news/171124/afr1711240006-n1.html

関連スレ
【社会】 「北朝鮮から来た」 秋田に木造船が漂着 男性8人保護★2
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511480603/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511483698
続きを読む

【社会】 「北朝鮮から来た」 秋田に木造船が漂着 男性8人確保

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:影のたけし軍団 ★:2017/11/24(金) 06:23:55.06 ID:CAP_USER9.net

秋田県由利本荘市の海岸に木造船が漂着し、近くで国籍不明の男性8人が見つかりました。
北朝鮮から来たと話しているということです。

警察によりますと、23日午後11時半ごろ、由利本荘市の海岸で木造船が漂着していると近くに住む人から通報がありました。
船の近くには国籍不明の男性8人がいて、朝鮮語のような言葉を話し、自力で歩くことができていたということです。

船は全長約20メートルあり、朝鮮語のような文字が書かれています。
8人は警察に対して「北朝鮮から来た」と話していて、警察は確認を急いでいます。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115202.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511472235
続きを読む

【社会】「医者イジメの村がまた医者を公募」はデマ 「噂に嫌な思いをし続けている」と役場担当者は頭を抱えた 秋田 上小阿仁村

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/13(月) 19:46:09.97 ID:CAP_USER9.net

医者を大募集している」と、2017年11月10日からネットが騒がしくなった。J-CASTニュースが確認したところ、今回の医者の募集はデマで、12年の募集広告を引用した内容だった。

   上小阿仁(かみこあに)村については、ネット上の一部で、常勤医が配属されるたび住民によるイジメが起き、6年間で7人の医者が辞めて行った、との指摘も出ているが、村役場の担当者は取材に対し、「イジメが原因で辞めた方は一人もいません。こうした噂に、私どもも村民もずっと嫌な思いをし続けています」と困り果てていた。

   「医者イジメで有名な上小阿仁村、また医者に逃げられ求人を出してしまう」。ネット掲示板やまとめサイトにそんな見出しが躍ったのは11月10日からだ。これに対しては、

「またイジメられるんだろ?」
「ここまでして人間イジメたいとか異常」

などといった書き込みが出た。

   この村では、07年4月以来、13年8月までに7人の医師が辞めている。中には就任1か月で辞めた医師も。「医者イジメの村」と認識されることになったきっかけは、07年に退職者が出た年に発行された村の広報誌で、村民に対する注意文が掲載されている。そこには村の財政の赤字に関し、高給取りの医者の存在が税金の無駄遣いではないか、という意見があり、医師を攻撃する村民がいるとして、

「まったく『いじめ』と思われるような電話もあるそうですが、このような不心得者は、見つけ出して、再教育の必要があるようです」

と書いている。村民の大多数は医師に心から感謝しているが、不心得者が5、6人いる。こうした状況が続く限りは、医師に敬遠され、無医村になってしまう、と警鐘を鳴らしている。こうした記述が後日、注目を集めて以降に辞めた医師も同様の理由だろう、と受け止められたのだ。

   J-CASTニュースが17年11月13日に村役場に取材したところ、この広報文に尾ひれ羽ひれがつき、事実とは違うことが一気に広まった、と担当者は頭を抱えていた。確かに医師に対し嫌な言葉を投げかける人は存在したが、辞めたのは健康上の問題であり、イジメでは決してない。この警告文も当時の担当者がよかれ思って出したもの。そして、医師に対して嫌な言葉を投げかけたのはこれ限りだった、とし、

「医者イジメの村という噂に、私どもも村民もずっと嫌な思いをし続けているんです」

と語った。また、現在いる医師は仕事を続けており、新たに公募などしていない、とも述べた。

   しかし、なぜこれだけ立て続けに医師が辞めているのか。担当者は、

「それぞれ様々な理由があるようです。でも、13年8月に常勤医になっていただいた先生は現役ですし、78歳ですが、『まだまだ頑張れる』と継続を希望されています」

と話していた。

   14年11月7日に日本公衆衛生学会に提出された奈良県立医大の「秋田県上小阿仁村における医師確保問題」には3回訪問した現地調査レポートがあり、同村に勤務した8人の医師への聞き取り調査も行っている。それによれば、07年4月に退職した医師から3人は、村当局、村民との関係性が退職に結び付いている可能性があるが、それ以降は見当たらない。そして住民とは関係なく、インターネット上で事実とは異なる風評が広がり一人歩きをしている、と書かれている。

https://www.j-cast.com/2017/11/13313758.html?p=all
https://www.j-cast.com/assets_c/2017/11/news_20171113181221-thumb-645xauto-125972.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510569969
続きを読む

【イージスアショア】陸上型イージス、秋田・山口に配備…政府調整

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2017/11/11(土) 08:54:32.51 ID:CAP_USER9.net

陸上型イージス、秋田・山口に配備…政府調整
2017年11月11日 08時38分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171111-OYT1T50028.html?from=ytop_top

 政府は、ミサイル防衛態勢の強化に向けて導入予定の陸上型イージスシステム「イージスアショア」の配備先について、秋田、山口両県とする方向で最終調整に入った。

 日本海側の陸上自衛隊施設に設置し、陸自主体で運用する方針だ。複数の政府関係者が明らかにした。
 イージスアショアは、イージス艦と同等の機能を持つ陸上型施設で、政府は2023年度頃の運用開始を目指している。新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の搭載を予定しており、北朝鮮の弾道ミサイルに対し、2基で日本全土のカバーが可能だ。防護範囲の重複を避ける観点から、東日本は秋田、西日本は山口への配備を検討している。
 配備先はレーダーから強い電波が生じることから広い敷地が必要とされ、陸自の演習場などが候補にあがっている。
(ここまで333文字 / 残り150文字)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510358072
続きを読む

【秋田地裁】県警の捜査結果を否定 「女子中学生は赤信号を横断していなかった」 4500万円賠償認める

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/26(火) 14:46:02.14 ID:CAP_USER9.net

 秋田市で平成24年、乗用車にはねられ死亡した中学3年、渡辺里乃さん=当時(15)=の母親が、運転手の男性(46)に損害賠償を求めた訴訟で、秋田地裁は25日、遺族側勝訴の判決を言い渡した。「被害者は赤信号の横断歩道を渡っていた」との警察の捜査結果に基づき、男性は賠償減額を求めたが、判決は青信号だったと判断し退けた。

 斉藤顕裁判長は「男性の車の反対車線には走行車両がなく、車両用の信号が赤だったことをうかがわせる。中3の被害者が、赤信号で車の多い国道を横断する事情もない」と指摘。里乃さんに落ち度はなかったとして、遺族側のほぼ請求通り、男性に約4500万円の賠償を命じた。

 判決は「男性は制限速度が時速50キロだったのに、車の加速力を楽しみたいと80~90キロで走行していた」と認定した。

 警察の捜査は誤っていると訴え続けてきた母、潤子さん(45)は取材に「真実を明らかにするという約束を果たせた。警察は人の命を守る立場だということを考えてほしい」と話した。

配信2017.9.26 10:33更新
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/170926/afr1709260019-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506404762
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ