福島

【福島第一原発】「(津波対策をしていても)事故防げたか、分からない」 巨大津波試算に武藤元副社長 東電公判被告人質問で

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/10/18(木) 17:30:31.94 ID:CAP_USER9.net

武藤栄 東京電力元副社長
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0181017at01_p.jpg

東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。16日に続き元副社長武藤栄被告(68)の被告人質問が行われ、元副社長は「(津波対策をしていても)事故が防げたのか、分からない」と述べた。
 
検察官役の指定弁護士などによると、東電は、地震で原発に到達が想定される津波高を試算し、2008年3月、「最大15.7メートル」との結果を得た。元副社長は、試算結果に基づいて津波対策を講じていた場合に事故を回避できたか問われ、「具体的な対策は決まっておらず、防げたか分からない。計算と今回の津波は規模が違う」と返答。当時を振り返り、「最善の努力をしていた」とも述べた。
 
武藤元副社長の説明では、08年7月に担当者から試算結果の説明を受けた際、試算の前提となった政府機関の地震予測「長期評価」が示していた見解について、外部の学会に研究を委ねるよう発言。津波対策は、研究を待ち検討することに決まった。
 
翌8月、こうした経緯について、上司で原子力・立地本部の本部長だった元副社長武黒一郎被告(72)に報告。その後は、一度だけ担当者に「福島の津波(予測)はどうなっているか」と確認しただけで、誰とも津波対策の議論をしなかったという。
 
この日の公判では、被害者参加代理人の弁護士も質問した。事故への反省を問うたが、武藤元副社長は「反省ではなく教訓を導くのが大切」と語った。

(2018/10/17-20:29)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101700156&g=soc


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539851431
続きを読む

【環境】知ってた?福島県の相馬沖 では座布団級のヒラメが入れ掛かり状態

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/10/17(水) 12:41:55.56 ID:CAP_USER9.net

福島・相馬沖には大きなヒラメの巣があるようだ。
岩手~福島・東北の太平洋側は座布団級が舞いとんでいる。
特に福島・相馬沖では仕掛けを落とせばヒットする入れ掛かり状態。
福島県では50センチ以下はリリースするルールがある。釣れる個体でソゲ級が少ないのも事実だ。
釣り経験が浅くても、デカいヒラメを釣るチャンス、相馬沖なら十分ありますよ。

福島・相馬港。風光明媚で知られる浅瀬・松川浦に隣接する港だ。道路はまだ造成中で、
7年7カ月前に発生した東日本大震災の津波の傷痕はまだ深く残っている。
ただ、陸上の様子とは違って、相馬沖は震災前の魚の宝庫に戻ってきた。

松川浦から延びる相馬沖に注目する木村尚さんに同行してもらった。
「ザ!鉄腕!DASH!!」にレギュラー出演する“海の先生”だ。
「豊かな浅瀬があるから、相馬沖は魚も豊富なのですよ」と木村さんは解説する。

相馬港「賀都屋明神丸」では、9月からヒラメの釣果があがってきた。
寒流にさらされ、身の厚い個体ばかりだ。
福島県ではヒラメの保護を目的に50センチ以下は、釣れても放流するきまりをつくった。
ただ、その50センチ以下はほぼいなくて、釣れるヒラメは60センチ以上ばかりなのだ。

木村さんは「もう少しちゃんと伝えないとダメ。福島第1原発が近いから食べられないと
勘違いしている人が多すぎる。細かく放射性物質の残留検査もしてるこの地区のヒラメは、
もっとも安全かもしれないですよね」と話し
「もっと、もっと素晴らしい魚が釣れて、食べたらおいしいということをアピールしないといけない」。
相馬沖のヒラメ、本当においしいのだ。
https://www.nikkansports.com/leisure/fishing/news/201810160000270.html
https://www.nikkansports.com/leisure/fishing/news/img/201810160000276-w500_0.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539747715
続きを読む

【福島】葦名×伊達、「磨上原の戦い」から430年…会津の葦名義広と伊達政宗「磨上原の戦い」語るシンポ 葦名氏逸話など紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:樽悶 ★:2018/10/13(土) 18:43:22.76 ID:CAP_USER9.net

(左から)簗田、斎藤、遠藤、古河、土屋、越田の6氏によるパネル討論
http://www.minyu-net.com/news/181011topic-naka3.jpg


 会津の葦名義広勢と伊達政宗勢の戦い「磨上原(すりあげはら)の戦い」をテーマにしたシンポジウム「検証天正十七年・葦名勢×伊達勢 磨上原の戦いから430年」は8日、会津若松市の会津稽古堂で開かれ、来場者が地域の歴史に理解を深めた。会津葦名一族研究会(簗田直幸会長)の主催。約70人が来場した。

 磨上原の戦いは1589(天正17)年、磐梯山裾野の磨上原で起き、敗れた葦名氏は会津を去った。

 シンポジウムでは、簗田会長のほか、越田勝富田町史談会顧問、土屋重憲前猪苗代町教育長、古河潤一会津河東史談会顧問、遠藤秀一天海大僧正顕彰事業委員長、斎藤香会津史談会副会長によるパネルディスカッションが行われた。

 会津高田(現・会津美里町)出身の天海大僧正と葦名氏の関わり、磨上原の戦いで戦死した葦名氏の家臣3人を顕彰するため会津藩主松平容敬(かたたか)が江戸後期に建立した三忠碑などについて意見を交わした。

福島民友 2018年10月11日 08時45分
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181011-314941.php


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539423802
続きを読む

【神奈川】SNSで知り合った福島県の女子中学生に強制性交の疑い 神奈川の大学生(20逮捕 女子生徒が「家出をしたい」と相談

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/10/12(金) 18:48:51.95 ID:CAP_USER9.net

SNSで知りあった県内に住む中学1年の女子生徒を神奈川県にある自宅に連れ込み、性的な暴行をしたとして、大学生の男が逮捕されました。

逮捕されたのは神奈川県秦野市の大学3年、小池健斗容疑者(20)です。
警察によりますと、小池容疑者はことし8月、SNSを通じて知り合った県北地域に住む中学1年の女子生徒を自宅に連れ込み、性的な暴行をしたとして、強制性交等の疑いが持たれています。

女子生徒が家からいなくなったことに気づいた家族が警察に相談したところ、スマートフォンの位置情報などから小池容疑者の自宅にいることを特定し、警察官が2人でいるところを発見したということです。
小池容疑者は、女子生徒とSNSで知り合い、女子生徒が「家出をしたい」などと相談してきたことから、神奈川県の自宅に呼び寄せたということです。

調べに対し、小池容疑者は容疑を認めているということです。
警察は、事件のいきさつや余罪について詳しく調べています。

去年、神奈川県座間市のアパートで男女9人が遺体で見つかった事件では、SNSを通じて知り合った県内の女子高校生も殺害され、県警察本部の生活安全企画課は、「SNSの使い方によっては、犯罪に巻き込まれる可能性があることを十分認識してほしい」と注意を呼びかけています。

10月12日 12時55分
福島 NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20181012/6050003033.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539337731
続きを読む

【福島】稲荷神社でお化け屋敷を解体中に転落、興行主が死亡 目撃者なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/10/10(水) 18:36:57.29 ID:CAP_USER9.net

 福島市の福島稲荷神社で6日から開催されていた秋の例大祭で興業を行った「お化け屋敷」を解体中、興行主が脚立から転落し10日、死亡が確認された。

 福島署によると、死亡したのは、東京都町田市の興行師、宇野初太郎さん(65)。9日午前10時20分ごろ、福島市新町の新浜公園駐車場で興行を終えた「お化け屋敷」に使ったやぐらを解体していて、高さ1・7メートルの脚立から転落。病院に搬送されたが、頭を強く打ち、10日午前5時半ごろ、死亡した。

 同署によると、宇野さんは解体業者らと一緒に作業していたが、転落を目撃した人はいなかった。事故原因などを詳しく調べる。

2018年10月10日 17時40分 産経
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15425097/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539164217
続きを読む

【台風】福島みずほ「台風24号に被害が発生しています。どうかお気をつけください」 (参院比例)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Toy Soldiers ★:2018/09/30(日) 18:49:21.16 ID:CAP_USER9.net

土日は政治スレOK

福島みずほ (@mizuhofukushima)さんが9:05 午前 on 土, 9月 29, 2018にツイートしました。
台風24号に被害が発生しています。どうかお気をつけください。

https://twitter.com/mizuhofukushima/status/1045826898943598593
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538300961
続きを読む

【お手柄】滑滝に飛び込み流されていた男性(20代)を川に飛び込み救助 福島医大看護学部の女子学生5人に感謝状

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/09/29(土) 13:35:01.40 ID:CAP_USER9.net

男性を救助した学生5人(前列)
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180929-00010022-minyu-000-view.jpg


福島市消防本部は28日、同市飯坂町の摺上川滑滝で溺れていた20代男性を救助したとして、福島医大看護学部の女子学生5人を表彰した。

表彰されたのは、いずれも4年の佐藤桐香さん(22)=二本松市出身、渡辺美紀さん(21)=宇都宮市出身、伊藤優那さん(22)=棚倉町出身、辻菜摘さん(22)=西郷村出身、高坂真子さん(22)=郡山市出身。

同消防本部によると、5人は8月11日午後4時ごろ、滑滝に飛び込んだ男性が川に流されていくのを目撃。佐藤さんと渡辺さんが川に飛び込んで男性を引き上げたほか、5人で協力して119番通報、救助隊の誘導をするなど救助に尽力した。男性は軽傷で、救助が遅れれば死亡した可能性もあるという。男性は友人と遊びに来ていた。

福島医大で行われた表彰式で、阿蘇武消防長が5人に賞状と記念品を手渡し、謝辞を述べた。

佐藤さんと渡辺さんは「怖さよりも、助けなければという気持ちが勝った」と振り返った。福島医大の太田操看護学部長らが同席した。

9/29(土) 13:09
福島民友新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010022-minyu-l07


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538195701
続きを読む

【魚】福島県沖 ヒラメ約8倍に 大型化も

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/09/24(月) 18:21:30.12 ID:CAP_USER9.net

福島県沖 ヒラメ約8倍に増加

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180924/6050002762.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

原発事故の影響で回数や海域を限定した試験的な漁が続けられている福島県沖で、
震災前に比べてヒラメがおよそ8倍、ナメタガレイがおよそ7倍に増えていることが県の調査でわかりました。
県は豊富な資源を漁業の復興につなげるため、検査を継続し、販路の回復を支援することにしています。

福島県は、沖合の10か所で月に1回、調査船による資源量の調査を行い
捕獲された魚介類の面積あたりの重さ「重量密度」を算出しています。
それによりますと、去年1年間の平均は、震災前の5年間の平均と比べてヒラメがおよそ8倍、
ナメタガレイがおよそ7倍と大幅に増えていたことがわかりました。

体長もヒラメの場合、震災前は40センチ前後がもっとも多かったのに対し、
おととしのデータでは50センチから60センチが多く大型化しているということです。

福島県沖では、原発事故の影響で回数や海域を限定した試験的な漁が行われていて、
水揚げ量が去年でも震災前の13%ほどにとどまっていることが原因と見られています。

県の水産資源研究所の松本陽副主任研究員は、
「予想以上に資源量が大きく増加している。ただ、一気に取れば当然資源が減ることが想定されるので、
価格を落とさずに持続的に漁獲できる取り方を提案していきたい」
と話しています。

福島県沖の魚介類を対象にした県の放射性物質の検査で国の基準を超えたものは
平成27年4月以降出ておらず、県は豊富な資源を復興につなげるため、
検査を継続し、販路の回復を支援することにしています。

09/24 18:13


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537780890
続きを読む

【福島】「舞舞パウダー」から基準値超えるセシウム 食品加工会社が自家栽培した舞茸を加工 市は自主回収と出荷の自粛を要請

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/09/24(月) 10:28:52.00 ID:CAP_USER9.net

マイタケ加工品 放射性セシウム

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180923/6050002759.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

福島市の農産物直売所などで販売されていたマイタケの加工食品から国の基準を超える
放射性セシウムが検出され、福島市は22日、製造会社に対し、
食品の自主回収と出荷の自粛を要請しました。

自主回収と出荷の自粛になっているのは、乾燥したマイタケを粉末状にした加工食品、「舞舞パウダー」です。
福島市保健所によりますと、この食品は市内の6つの農産物直売所と観光物産館で販売されていて、
国が今月18日から検査をしたところ、1キログラムあたり160ベクレルと
国の基準値の100ベクレルを超える放射性セシウムが検出されました。

製造していたのは福島市の食品加工会社でマイタケを自家栽培して加工していたということです。
福島市保健所は製造会社に対し、食品を自主回収することと、基準値を下回る数値となるまでは
食品を出荷しないことを要請しました。

福島市保健所は「もし食べても人体や健康に影響を及ぼす数値ではない」としていますが、
心配な人については25日から電話で相談を受け付けることにしています。
相談窓口024-525-ωωωω(8:30~17:ωω)(ソース元参照)

09/23 19:09


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537752532
続きを読む

【今さら速報】福島第一原発に新たな防潮堤を建設、津波対策を強化。東京電力発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/09/15(土) 10:43:24.76 ID:CAP_USER9.net

https://www.asahi.com/articles/ASL9G4H7RL9GULBJ00F.html

東京電力は14日、福島第一原発に新たな防潮堤を建設し、津波対策を強化すると発表した
。これまでは事故後に造った仮設の防潮堤で乗り切れるとしてきたが、政府が昨年末、
北海道沖で起きる超巨大地震の「切迫性が高い」と評価したことを受けて方針転換した。
再び巨大な津波に襲われれば、汚染水の流出などが避けられず、廃炉作業に大きな支障が出ると判断した。

14日の原子力規制委員会の会合で公表した。東電によると、1~4号機の建屋東側の敷地に
長さ600メートルの防潮堤を築く。高さや着工時期、建設費などの詳細は未定という。
東電は事故前にも防潮堤の建設を検討したが、見送ってきた経緯がある。東電の担当者は
「津波が来たら7年間かけて築いてきた対策が壊れてしまう。廃炉作業が遅れるのは避けるべきだと判断した」と説明した。

福島第一では、現在も溶け落ちた核燃料(デブリ)の冷却が続き、高濃度汚染水が原子炉建屋の内部にたまり続けている。
再び津波に襲われれば、汚染水が周囲に広がりかねない。さらに地震や爆発で傷んだ建屋の燃料プール内には
1573体の核燃料が残る。津波の影響で冷却機能が失われれば、燃料が溶け出して放射性物質が飛散する恐れもある。


福島第一原発に新設する防潮堤のイメージ
https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180914005337_comm.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536975804
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ