福島

【福島】除染作業員が実家草むしり 清水建設執行役員、事実認め辞任 環境省 「事実関係を調査中」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2017/12/11(月) 13:35:01.45 ID:CAP_USER9.net

除染作業員が実家草むしり 清水建設執行役員、事実認め辞任
12/11(月) 12:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171211-00000937-fnn-soci

国の除染事業が私物化されていたのか。福島第1原発事故の除染事業を担う清水建設のJV(共同企業体)で、除染作業員が、除染の対象地域ではない清水建設の執行役員の実家で草むしりなどを行っていたことが、FNNの取材でわかった。執行役員は事実を認め、辞任した。
2016年8月の平日、清水建設JVに入る下請け企業の作業員が、JVを統括する清水建設の執行役員の実家の草むしりをする様子を撮影した写真。
実家は、新潟県との県境の福島・西会津町にあり、除染の対象地域ではないが、作業員12人が、草むしりを行っていた。
また、冬には3年にわたり、4回、雪かきを行っていたという。
作業車でやってきた除染作業員たちは、この執行役員の実家裏庭などを、およそ5時間かけ、作業道具を使って草むしりしたという。
「草むしり」に参加した除染作業員は、「『清水建設の偉い人の実家だから、気をつけてやれ』と。『ガラスとか割ったり、家を傷つけたりすればクビになるからな』って。みんな集められて、きょうは大熊で(の除染作業として勤務に)付けていいからって」と語った。
このJVの除染では、作業員は、国から危険手当1万円を日当に上乗せして受け取れるが、参加した作業員によると、下請け企業の幹部の指示で、草むしりを除染作業として勤務報告していたという。
「草むしり」に参加した除染作業員は、「除染で出た廃棄物と一緒に処分という形でやりました。おかしいなと思いました」と語った。
写真には、黒い袋を持つ作業員が映っているが、参加した作業員によると、袋は除染専用のもので、刈り取った草は、下請け企業の幹部の指示で、国の除染廃棄物の仮置き場に捨てたという。
一方、下請け企業の代表は、仮置き場への投棄と、危険手当の国への請求を否定している。
下請け企業代表は、「(作業員は、勤務につけろと指示されたと)ふーん」、「(草を仮置き場に廃棄したと?)そんなことないでしょうよ、そんなのあり得ない。(実家がどこにあるかも知らない?)会津だとは、わかってますよ。(どうしてご存じなんですか?)われわれの得意先ですからね」と話した。
しかし、下請け企業の代表は、このあと、作業員に執行役員の実家の草むしりなどをさせた事実を認め、「深く反省している」と話した。
この下請け企業は、原発事故の翌年に設立され、清水建設の下請けとして、年間100億円を売り上げるまでに急成長している。
下請け企業との癒着があったのか、清水建設の執行役員は、「(これは育った実家ですよね?)広報通してお願いします。(指示されたんですか?)指示してないです」と話した。
執行役員は、指示したことを否定する一方、「草むしり」などをしてもらった事実を認めた。
そして、FNNの取材が進む中、その費用を個人負担で下請け企業に支払ったうえで、執行役員を8日付で辞任した。
清水建設は、内部調査を始めていて、「疑義を持たれるような行為があったことは誠に遺憾です」とコメントしている。
また、除染事業の発注元である環境省は、この問題について、「事実関係を調査中です」とコメントしている。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512966901
続きを読む

【社会】東北自動車道のサービスエリアで歩行中の女性が大型バスに轢かれて死亡。福島県本宮市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/12/03(日) 16:16:43.64 ID:CAP_USER9.net

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171203/k10011244981000.html

3日午前、福島県本宮市の東北自動車道のサービスエリアの駐車場で、
歩いていた女性が大型バスにひかれて死亡しました。警察はバスの運転手の
安全確認が不十分だったと見て事故の原因を調べています。

3日午前9時半ごろ、福島県本宮市にある東北自動車道の上り線の
安達太良サービスエリアで、駐車場を歩いていた仙台市太白区の三浦純子さん
(47)が大型バスにひかれました。

三浦さんは別のバスの乗客で、福島市内の病院に搬送されましたが、
まもなく死亡しました。

警察によりますと、このバスはJR仙台駅前から東京・新宿に向かう高速バスで、
休憩でサービスエリアに立ち寄ったあと、発進して数メートルほどで三浦さんにぶつかり、
そのままひいたということです。24人の乗客には、けがはなかったということです。

運行していた大阪市のバス会社によりますと、このバスを運転していたのは、
ことし1月に入社した45歳の男性運転手で、2日に東京から仙台までバスを運転し、
そのまま仙台に泊まったということです。警察は運転手の安全確認が不十分だったと
見て事故の原因を詳しく調べてます。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512285403
続きを読む

【福島】息子運転する軽トラの下敷き、54歳女性死亡 坂道登れず後押し中に車後退 下郷町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:のっぺらー ★:2017/12/02(土) 09:28:58.34 ID:CAP_USER9.net

1日午前11時10分ごろ、下郷町の坂道で、
同町、会社員、女性(54)が、同居する息子の会社員、男性(31)の軽トラックにひかれた。
54歳女性は胸などを圧迫され約7時間45分後に死亡した。

同署によると、54歳女性は息子が運転する軽トラックに同乗。
墓地に通じる坂道を登り切れずに停車し、
54歳女性が降車し軽トラックを後方から押していたところ、軽トラックが後退しひかれた。
同署が詳しい原因を調べている。

以下ソース:福島民友新聞 2017年12月02日 08時35分
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171202-224789.php


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512174538
続きを読む

福島第一原発3号機、使用済み燃料プールの冷却設備が停止

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アルカリ性寝屋川市民 ★:2017/11/27(月) 22:28:51.33 ID:CAP_USER9.net

27日朝、東京電力の福島第一原発3号機で使用済み燃料プールを冷やす設備が停止しました。福島第一原発では、20日にも2号機で放射線を測定する機器が停止していて、トラブルが相次いでいます。

 東京電力によりますと、27日午前9時40分ごろ、福島第一原発3号機で使用済み燃料プールの冷却設備が停止しました。およそ2時間後の11時35分ごろに復旧し、水温と水位にほとんど変化はないということです。

 東電は、作業員がなんらかの理由でスイッチに接触し、冷却設備に誤った信号が送信されたことが原因と推定しています。

 福島第一原発では、今月20日にも2号機の放射線検出器が停止し、およそ2時間20分にわたって格納容器内の核燃料が臨界しているかを監視できない状態になるトラブルが起きています。


11/27(月) 18:53 yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171127-00000068-jnn-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511789331
続きを読む

【福島】原発事故後に甲状腺がん手術 8割が将来に不安

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/11/26(日) 20:08:09.87 ID:CAP_USER9.net

原発事故のあと甲状腺がんと診断され、手術を受けた福島県の子どもやその保護者に支援団体とNHKがアンケートを行ったところ、がんの再発や将来などへの不安を抱えている人が8割近くに上りました。支援団体は患者たちの不安の実態が明らかになったとして、十分な支援を国などに求めることにしています。

原発事故を受けて、福島県が当時18歳以下だったおよそ38万人を対象に行っている甲状腺検査では、これまでに190人余りが、がんやがんの疑いと診断され、検査を大規模に実施したことで多く見つかっている可能性が高いと指摘される一方、事故との因果関係をめぐって専門家の間で議論が続いています。

支援団体の「3・11甲状腺がん子ども基金」とNHKは、ことし8月、甲状腺がんの手術を受けた子どもまたはその保護者、合わせて67人に郵送でアンケートを行い、52人から回答を得ました。

この中で、今不安に感じていることがあるか尋ねたところ、「ある」という回答が77%に上りました。
不安の内容としては「がんの再発」が23人と最も多く、次いで「がんの転移」と「体調」がそれぞれ9人、「妊娠や出産」と「就職や仕事」がそれぞれ5人など、手術のあとも健康面や将来などに、さまざまな不安を抱えていることがわかりました。

自由記述には「娘がひどく不安定になり、夜も眠れず学校に行けず退学した」とか、「甲状腺を全摘した息子は一生薬を服用しなければならず、親としては将来がとても心配」など、切実な声がつづられています。

また見つかったがんについて、有識者で作る県民健康調査検討委員会が、現時点で放射線の影響とは考えにくいとする見解を示している一方、アンケートではほぼ半数が「事故の影響はあると思う」と答えていて、認識の違いも浮き彫りになりました。

「3・11甲状腺がん子ども基金」は、これまで知られていなかった実態が明らかになったとして、患者への精神的なサポートや診療などにかかる費用など、国や県に十分な支援を求めることにしています。

代表理事の崎山比早子さんは「何が原因であろうと、原発事故がなければこのような状況にはならなかったことは確かで、継続的な患者のケアが必要だ」と話しています。

■福島県の甲状腺検査

甲状腺は首の前側にある成長などにかかわるホルモンを出す臓器で、原発事故で放出された放射性物質ヨウ素131は、甲状腺に蓄積しやすい性質を持っています。

チェルノブイリ原発事故の際、周辺地域で子どもたちに甲状腺がんが多く見つかり、のちに被ばくが原因と結論づけられたことから、福島第一原発事故のあと、福島県は県民健康調査の一環として、子どもの甲状腺検査を実施することにしました。

検査の対象は事故当時、福島県内にいた18歳以下の子どもたちおよそ38万人で、事故から最初の3年で1巡目、その後、2年置きに2巡目、3巡目と対象者の検査を繰り返し行います。

検査は現在3巡目で、有識者で作る福島県の県民健康調査検討委員会によりますと、これまでに190人余りががんやがんの疑いと診断され、このうち150人余りが甲状腺を切除する手術を受けました。

これについて検討委員会では、1巡目の検査を取りまとめた去年3月の段階で、被ばく線量が総じて小さいことなどを理由に「放射線の影響とは考えにくい」とし、検査を大規模に実施したことで、甲状腺がんが多く見つかっている可能性が高いという見解を示しています。

配信11月26日 15時16分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171126/k10011236151000.html

最終的な結論は出されておらず、患者からは検討委員会の見解に戸惑う声や真相の解明を求める声が出ています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511694489
続きを読む

「会津藩に正義あった」 戊辰戦争 義を貫いた会津の生きざまは誇りだと福島民友がスクープ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/11/26(日) 07:39:42.56 ID:CAP_USER9.net

福島民友ニュース

「会津藩に正義あった」 義尽くし汚名、戊辰戦争を語り合う

2017年11月24日 08時00分    
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171124-222562.php


 戊辰戦争をテーマにした歴史文化講演会「会津藩と徳川幕府」が23日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで開かれた。
「会津の視点から見た、明治維新を再考」をテーマに、徳川家や松平家の当主ら会津藩関係者が参加した討論では、
義を尽くしながら汚名を着せられ、故郷を追われた敗者にも「正義」があったことを語り合った。

 来年の戊辰150年に合わせて開催。約500人が来場した。討論には、徳川宗家18代当主の徳川恒孝(つねなり)徳川記念財団理事長、
松平保久(もりひさ)松平家14代当主、会津会会長の柳沢秀夫NHK解説主幹、室井照平市長、
近藤真佐夫市教委文化課主幹が登壇。漢字文化振興協会の白石宗靖(むねはる)常務理事・事務局長が司会を務めた。

 松平氏は「会津は『義』を大切にしていた。愚直さから京都守護職を引き受け、
恭順の意思を示していたのに戦いに巻き込まれた」と指摘。柳沢氏は「義を貫いた会津の生きざまは誇りだ」と語った。

 討論に先立ち、徳川氏と漢字文化振興協会長の石川忠久氏が基調講演した。文化講演会は、漢字文化振興協会、
徳川記念財団、福島民友新聞社の主催、戊辰150周年記念事業実行委員会の共催、
会津若松ワシントンホテル、会津商工信用組合の協賛。

 『戊辰』見直す契機に

 基調講演では徳川宗家18代当主で徳川記念財団理事長の徳川恒孝氏、
元二松学舎大学長・理事長で漢字文化振興協会長の石川忠久氏がそれぞれの立場から江戸時代の文化などを紹介した。

 徳川氏は「江戸時代に築かれた日本の基礎」を演題に、平和で豊かな江戸時代を解説、現代に江戸の精神を生かすべきだと提言。
石川氏は「戊辰戦争の漢詩」と題し、会津藩主・松平容保(かたもり)や会津藩士らが詠んだ漢詩を紹介し、
作者の気持ちを想像してほしいとした。

 会場には約500人の歴史ファンが詰め掛け、基調講演や討論に聞き入った。
前会津若松商工会議所会頭の宮森泰弘さんは「会津にも江戸時代の文化が色濃く残る。
来年の戊辰150年を会津の文化を見直すきっかけにしたい」と語る。

 冒頭、主催者代表の五阿弥宏安福島民友新聞社社長が「近代史では勝者の視点から歴史が語られるが、
敗れた側に正義はなかったのか、改めて戊辰戦争と明治維新を考えてみたい」とあいさつした。



※参考画像
福島民友の一面のキャプチャ

https://pbs.twimg.com/media/DPW4FIPUMAAj-EJ.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511649582
続きを読む

【食の安全】福島産米、検査いつまで=「全量」負担、方針議論―基準値以下も残る風評被害

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/06(月) 07:18:47.11 ID:CAP_USER9.net

 東京電力福島第1原発事故の後、福島県が県内産の全てのコメを対象に続けてきた放射能検査。

 県内では現在の検査体制をいつまで続けるか、議論が始まっている。国の基準値を大幅に下回る状況が続いても風評被害は根強く、「継続してほしい」との声が上がるが、全量・全袋の検査を続けるには人手と費用がかかる。県は来年以降に収穫されるコメの検査方針を今年中に決めたい考えだ。

 10月下旬、福島市内の倉庫で、出荷予定のコメの放射性セシウムを測る検査が行われていた。玄米が入った袋をベルトコンベヤーに載せ、測定器にかける。基準値は1キロ当たり100ベクレル。パソコンの画面に基準値以下の数値が表示されると、袋に検査済みのラベルが貼られた。検査を終えたコメは集荷業者に返され、流通していく。

 県によると、2016年に収穫され、今年9月末までに各市町村で検査を受けたコメは約1026万点。県は毎年、検査費用約50億円を東電に請求し、アルバイトなどの人件費約5億~6億円は国の補助金で賄っている。費用は12~16年産米の約5313万点で、総額約305億円に上る。

 全量全袋検査が始まった12年産米では、基準値を超えたコメが867点中71点あったが、その後減少。直近3年は全て下回り、16年産米は10月25日時点で、測定下限値の同25ベクレル未満が99.99%を占める。

 こうした状況の中、全てのコメを検査場で調べる検査が「かえって風評被害を助長しているのでは」との指摘もある。県は来年以降の検査方針を決めるため、JAグループや消費者団体の関係者らでつくる検討会議を7月に設置。県内300人以上の農家と首都圏の卸業者7社への聞き取り、全国の消費者約2000人へのインターネット調査の結果を踏まえ議論を進める。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000035-jij-soci
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171105-00000035-jij-000-4-view.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509920327
続きを読む

【社会】福島産米、検査いつまで=「全量」負担、方針議論―基準値以下も残る風評

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:オムコサタン ★:2017/11/05(日) 15:40:51.29 ID:CAP_USER9.net

11/5(日) 14:27
時事通信

 東京電力福島第1原発事故の後、福島県が県内産の全てのコメを対象に続けてきた放射能検査。

 県内では現在の検査体制をいつまで続けるか、議論が始まっている。国の基準値を大幅に下回る状況が続いても風評被害は根強く、「継続してほしい」との声が上がるが、全量・全袋の検査を続けるには人手と費用がかかる。県は来年以降に収穫されるコメの検査方針を今年中に決めたい考えだ。

 10月下旬、福島市内の倉庫で、出荷予定のコメの放射性セシウムを測る検査が行われていた。玄米が入った袋をベルトコンベヤーに載せ、測定器にかける。基準値は1キロ当たり100ベクレル。パソコンの画面に基準値以下の数値が表示されると、袋に検査済みのラベルが貼られた。検査を終えたコメは集荷業者に返され、流通していく。

 県によると、2016年に収穫され、今年9月末までに各市町村で検査を受けたコメは約1026万点。県は毎年、検査費用約50億円を東電に請求し、アルバイトなどの人件費約5億~6億円は国の補助金で賄っている。費用は12~16年産米の約5313万点で、総額約305億円に上る。

 全量全袋検査が始まった12年産米では、基準値を超えたコメが867点中71点あったが、その後減少。直近3年は全て下回り、16年産米は10月25日時点で、測定下限値の同25ベクレル未満が99.99%を占める。

 こうした状況の中、全てのコメを検査場で調べる検査が「かえって風評被害を助長しているのでは」との指摘もある。県は来年以降の検査方針を決めるため、JAグループや消費者団体の関係者らでつくる検討会議を7月に設置。県内300人以上の農家と首都圏の卸業者7社への聞き取り、全国の消費者約2000人へのインターネット調査の結果を踏まえ議論を進める。 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6260011


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509864051
続きを読む

【食品意識調査】 福島産 「購入ためらう」が過去最少に・・・消費者庁

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:影のたけし軍団 ★:2017/10/11(水) 17:06:33.76 ID:CAP_USER9.net

消費者庁は11日、東京電力福島第1原発事故を受けた食品の放射性物質に関する10回目の意識調査の結果を発表した。
購入をためらう産地として福島県を選んだ人は5176人中684人の13.2%と、15.0%だった今年2月の前回調査に続いて過去最少の割合となった。

調査は2013年2月から半年ごとに実施。東日本大震災の被災地や東京など大都市圏の住民にインターネットを通じて実施した。

購入をためらう産地として「福島県」「岩手、宮城、福島県」「東北全域」を選んだ人の割合は、14年8月の4回目の調査以降、いずれも減少傾向が続いている。
https://this.kiji.is/290746687755715681?c=39546741839462401

【EU輸入規制】福島産コメ規制解除へ…検査証明書不要に 他、岩手県産のブリやマダイなども解除に
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506422795/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507709193
続きを読む

【速報】震度5弱 福島県 福島浜通り(23:56) 楢葉町 川内村

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:チンしたモヤシ ★:2017/10/07(土) 00:05:20.04 ID:CAP_USER9.net

2017年10月6日 23時56分ごろ 福島県沖
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/data/JS00cwA0171006235649_20171007000051.jpg

http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/?utm_int=all_header_link_sokuho_001

概況
概況
拡大
広域
地震に関する情報

震源 / 深さ 福島県沖 / 50km
緯度 / 経度 北緯 37.1度 / 東経 141.2度
マグニチュード 5.9
震度 5- 弱 楢葉町 川内村
震度 4 白石市 名取市 角田市 岩沼市 蔵王町 大河原町 村田町 丸森町 亘理町 山元町 福島市 郡山市 いわき市 白河市 須賀川市 相馬市 二本松市 田村市 南相馬市 福島伊達市 本宮市 桑折町 国見町 川俣町 大玉村 鏡石町 泉崎村 中島村 矢吹町 棚倉町 石川町 玉川村 平田村 浅川町 古殿町 三春町 小野町 広野町 富岡町 大熊町 双葉町 浪江町 葛尾村 新地町 飯舘村 常陸太田市 北茨城市 笠間市 大子町 大田原市 市貝町 栃木那珂川町


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507302320
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ