福島

【速報】福島第二原発 廃炉の方向で検討 東電社長

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/06/14(木) 10:37:23.02 ID:CAP_USER9.net

東日本大震災以降、運転を停止している福島第二原子力発電所について、東京電力の小早川智明社長は14日、福島県庁の内堀知事に、廃炉の方向で検討することを明らかにしました。福島第二原発について、東京電力が廃炉の方向で検討することを示したのは初めてで、震災の前、10基あった福島県内の原発はすべて廃炉となる見通しになりました。


2018年6月14日 10時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180614/k10011477391000.html?utm_int=all_contents_just-in_001


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528940243
続きを読む

【福島】福島第1原発作業員が死亡 複数回嘔吐し、1時間後、同僚と会話中に倒れる 死因は不明

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:スタス ★:2018/06/07(木) 17:15:08.97 ID:CAP_USER9.net

福島第1原発作業員が死亡 嘔吐後に敷地外で倒れる
https://www.sankei.com/affairs/news/180606/afr1806060026-n1.html
2018.6.6 19:41


 東京電力は6日、福島第1原子力発電所(大熊、双葉町)で、協力企業の50代男性作業員が作業後に敷地外で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。死因や作業との因果関係は不明としている。


 東電によると男性作業員は防護服を着用し、同日午前8時から汚染水用タンクの塗装に使う足場の解体作業に従事。休憩時間の午前10時40分ごろ、トイレで嘔吐、昼食後の午後0時45分ごろにも再度嘔吐した。その後、敷地外にある協力企業の事務所で午後1時45分ごろ、同僚と会話していた際に倒れ、双葉医療センターに搬送されたが午後4時に死亡が確認された。

 作業前に行われた健康チェックでは問題がないと判断されていたという。

 男性作業員は平成28年3月から同原発で働いていた。既往歴や服薬していたことは確認されているが、東電は具体的な病名までは明らかにしていない。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528359308
続きを読む

【福島●】「部屋の中にたまったから捨てた」 道路に「排せつ物」投棄疑い34歳男逮捕 ビニール袋1000個超

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/05/24(木) 18:27:28.18 ID:CAP_USER9.net

排せつ物が入ったビニール袋を道路に捨てたとして、相馬署は23日午前9時5分、廃棄物処理法違反の疑いで新地町、自称フリーライターの容疑者男(34)を逮捕した。
 
逮捕容疑は4月上旬ごろ、同町の県道に排せつ物の入ったビニール袋を投棄した疑い。同署によると、容疑者は日常的に自室で排せつ物をビニール袋に入れて処理しており「部屋の中にたまったから捨てた」などと供述、容疑を認めているという。
 
同署によると、同町の県道や町道では、ことし1月中旬~5月初旬に同様の事件が約40件発生。週2~3回の頻度で、ビニール袋で20~30個、多い時では60個超が捨てられ、投棄されたビニール袋は1000個以上に上るという。容疑者が関与を認めており、同署が裏付けを進めている。

5/24(木) 11:24
福島民友新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00010002-minyu-l07


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527154048
続きを読む

【調査】<移住したい県> 長野が1位に返り咲き、福島が急上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニライカナイφ ★:2018/05/12(土) 19:56:37.50 ID:CAP_USER9.net

◆移住したい県 長野が1位に返り咲き、福島が急上昇

地方移住を支援するNPO法人ふるさと回帰支援センター(東京・千代田)は、「移住希望地域ランキング」を発表した。
2017年の1位は長野県、2位は山梨県、3位は静岡県だった。

1位と2位は前年と入れ替わり、長野は過去7年間で5回目の首位になった。
長野、山梨両県が5年連続で1位と2位を分け合っている。

3位の静岡、4位の広島県は前年と同じ。
5位の新潟県は、前年より順位を3つ上げた。
福島県は順位を11上げて8位に、富山県は5つ上げて10位になった。

■上位3県は安定的な人気

17年の1年間に、東京・千代田の「ふるさと暮らし情報センター・東京」を移住セミナーへの参加や相談などで訪れた8498人にアンケート形式で尋ねた。
支援センターが今年2月末に全国の自治体の移住担当者を対象に開いた実務者研修セミナーでランキングを発表した。

支援センターによると、長野、山梨、静岡が上位に入ったのは「首都圏から近く、移住先としての認知度も高いことから、安定的な人気を保っている」ため。
4位の広島県は「セミナー参加者を移住相談に確実につなげている」、5位の新潟県は「相談者の6割を占める20~30歳代が興味を持ちやすいセミナーを企画したことが効果を上げた」と支援センターはみている。

順位を大きく上げた福島については「Uターン希望者と30代の相談の割合が増加した」、富山は「全市町村参加の大規模な相談会でIターン希望者を増やした」と躍進の要因を分析した。
1位に返り咲いた長野の楽園信州・移住推進室の担当者は「自然が豊かで東京など都市圏に近いうえ、自然保育をはじめ独自の取り組みが評価されている」と話す。

長野への移住を希望する世帯主の7割が40歳代以下で、県は就労をテーマにしたフェアや相談会に力を入れる。
その一方で、農業や林業への従事の希望も根強い。

人気が高いのは、松本・安曇野、諏訪、佐久、長野の4地域。
県の担当者は「移住して良かったと言われるように、受け入れ先や移住者との意見交換を進め、移住後の相談体制を充実させたい」と今後の方針を説明した。

2位の山梨は「10年前は退職後の移住が多かった。
それが最近は30~40歳代が目立つ」(地域創生・人口対策課)。

都会に近く、それまでに築いたつながりを維持しつつ、新たな生活を始められるのがポイントだ。
最近は子育て世代へのアピールに重点を置き、東京でイベントを開いたり子育て雑誌に記事を掲載したりしている。

■Uターン希望の1位は新潟県

移住の類型では、都会出身者が地方に移住する「Iターン」が情報センターへの来訪者の6割を占める。
その希望地の1~3位は全体のランキングと同じだったが、4位には岡山県、5位に和歌山県が入った。

故郷へ戻る「Uターン」は全体の3割。20歳代以下では4割が該当するなど若年層で比率が高く、希望地の1位は新潟県、2位は広島県だった。
希望者の割合は低いものの、祖父母のいる地方に移住する「孫ターン」では、1位の長野県に続き、大分県が2位になったのが目立つ。

支援センターが運営する「大阪ふるさと暮らし情報センター」(大阪市中央区)も、17年のランキングを発表した。
対象者926人の移住希望地域は、1位が和歌山県、2位が岡山と京都府、4位が長野と滋賀県だった。

移住したい県 長野が1位に返り咲き、福島が急上昇
支援センターの高橋公理事長は「18年は年500件を超す移住セミナー開催が目標」と話す

Yahoo!ニュース(Nikkei Style) 2018/85/12(土) 7:47
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00000001-nikkeisty-bus_all

※続きます

2 名前:ニライカナイφ ★:2018/05/12(土) 19:57:01.48 ID:CAP_USER9.net

※続きです

■30代以下が初めて過半数に

電話やメールによる相談も含めた東京の情報センターへの来訪・問い合わせ件数は、17年の1年間で3万3165件。
前年より6739件(25.5%)も増えた。

3年前の2.6倍超で、近年の移住への関心の高まりをうかがわせる。
移住セミナーの開催件数が485件と前年より16%増えたほか、来場者が500人を超すイベントを開く県があるなど、相談会やセミナーの大型化が寄与したといえる。

利用者を年代別にみると、30歳代が28.9%で最も多く、40歳代が21.9%、20歳代以下が21.4%と続く。
30歳代以下が初めて過半を占めた。
40歳代以下で全体の7割強となり、50歳代以上が7割だった08年と年代が完全に逆転した。

それに伴い、移住先選択の条件(複数回答)として「就労の場があること」を挙げた人が60.8%と、やはり最多だった前年の44.7%から大幅に増えた。
2位の「自然環境が良いこと」は33.4%で、前年より7.1ポイント低下した。

移住を希望する地域類型としては「地方都市(市街地)」が64.1%で、前年比14.2ポイント上昇した。
一方で「農村」「山村」「漁村」は、前年より比率を下げた。

支援センターの高橋公・理事長によると、最近の移住セミナーや相談会は大型化する一方、10~20人の定員制で密度の濃いスタイルを採る自治体もある。
若年層やUターン希望者にテーマを絞ったり、複数の県・市町村が共同で企画したりするケースも見られる。
高橋氏は「18年は年500件を超す移住セミナー開催を目標にしている」と話しており、セミナーや相談会が多彩になれば、移住希望者の選択の幅はさらに広がる。

※おわり〆


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526122597
続きを読む

【ベクれる】野生のタラの芽 出荷制限 福島県の担当者「なぜ原発事故から7年がたってから基準を超えるものが出てきたのかはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/05/02(水) 20:48:38.10 ID:CAP_USER9.net

野生のタラの芽 出荷制限

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180502/6050000954.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

北塩原村の野生のタラの芽から国の基準を超える放射性物質が検出され、
国は2日、県内の農産物で2年ぶりに出荷制限を出しました。

福島県の発表によりますと、北塩原村で取れた野生の山菜のタラの芽を先月26日に検査したところ、
国の基準の1キログラムあたり100ベクレルを超える110ベクレルが検出されたということです。
これを受けて、国は2日付けで北塩原村産の野生のタラの芽の出荷を制限しました。

野生の山菜は比較的高めの放射性物質が検出されることがあり、県内で、
野生のタラの芽に出荷制限がかかっているのはこれで32市町村となりました。

一方、農家が栽培するタラの芽には出荷制限は出されていません。

県内の農産物に国の出荷制限が出されたのは、2年前の只見町産の山菜のコシアブラ以来だということです。
県の担当者は
「雨水が流れ込むくぼ地など、放射性物質が集まりやすい場所に生えていたことなどが推測されるが、
なぜ原発事故から7年がたってから基準を超えるものが出てきたのかはわからない。
市場に流通していないか見回りを強化したい」
と話しています。

05/02 19:51


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525261718
続きを読む

【福島】「ふくしまの水」が最高金賞 モンドセレクション2年連続

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:鈴なり ★:2018/03/30(金) 10:30:37.13 ID:CAP_USER9.net

 福島市は29日、同市の摺上川ダムを水源とする水道水を詰めたペットボトル「ふくしまの水」が、国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2018」で最高金賞を2年連続で受賞したと発表した。同商品は15、16の両年が金賞、17年に初めて最高金賞を受け、金賞以上の受賞は4年連続となる。

 同商品は水道水の安全性とおいしさをアピールし、原発事故に伴う風評を払拭(ふっしょく)しようと、15年から同コンテストの「ビール、水、ソフトドリンク部門」に出品している。

 同日、市役所で開かれた会見で、木幡浩市長は「福島の安全性に取り組み、復興のシンボルの一つとしてイメージアップにつなげていきたい」と意気込んだ。


福島民友新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00010002-minyu-l07


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522373437
続きを読む

【経済】消費者庁 食品購入調査、「福島産ためらう」は12.7%過去最少  毎年2回5000人あまり調べています

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/03/07(水) 14:35:35.93 ID:CAP_USER9.net

消費者庁 食品購入調査、「福島産ためらう」は過去最少
1時間前
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3309860.htm

 東日本大震災の発生からまもなく7年となりますが、消費者庁が行った調査で福島県産の食品の購入をためらうと答えた人が12.7%と、これまでで最も少なくなったことがわかりました。
 消費者庁は毎年2回、東京や大阪などの5000人あまりを対象に原発事故による風評被害について調べていますが、今年2月に行った調査では「福島県産の食品の購入をためらう」と回答した人が12.7%と、これまでの調査で最も少なくなったことがわかりました。

 また、今年1月、全国のおよそ7000人に対しても聞いたところ、「福島県産の野菜・果物、米などを購入していない」と回答した人は18.5%で、理由としては、最も多かったのが「特に理由はない」で、次いで「近くで売っていない」でした。また、「放射性物質が不安」と挙げたのは6.2%だったということです。

 消費者庁は「正しい理解に向けて取り組みを進めたい」としています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520400935
続きを読む

【福島】「音がうるさくて腹が立った」 サッカー少年に「(殺)してやろうか」 76歳男が包丁見せて脅す 逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/03/06(火) 18:37:10.05 ID:CAP_USER9.net

http://news.tv-asahi.co.jp/articles_img/000122285_640.jpg


76歳の男が自宅近くでボール遊びをしていた15歳の少年を包丁で脅した疑いで逮捕されました。

福島県いわき市の無職・堀畑忠容疑者(76)は5日午前9時半ごろ、自宅近くで1人でサッカーをして遊んでいた近所の男子中学生に台所から持ち出した包丁2丁を見せ、「殺してやろうか」などと脅迫した疑いが持たれています。

警察の調べに対し、堀畑容疑者は「音がうるさくて腹が立った」などと容疑を認めているということです。近所の人によりますと、5日は午前6時からボールが転がる音などが聞こえたということです。

2018/03/06 17:34
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122285.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520329030
続きを読む

【環境】魚から基準値超セシウム=福島第1沖、※漁業者が試験操業を行っている海域ではありません

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:イレイザー ★:2018/03/04(日) 11:35:49.76 ID:CAP_USER9.net

 東京電力は3日、福島第1原発がある福島県大熊町の沖合4キロで、調査のため採取した魚「カナガシラ」から1キロ当たり358ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。国の基準値(同100ベクレル)を上回るが、漁業者が試験操業を行っている海域ではない。
 東電によると、カナガシラは定期的に実施しているモニタリングの一環で2月22日に採取した。仮に200グラム食べた場合、被ばく線量は胸部レントゲン撮影の50分の1に当たる1マイクロシーベルトとしている。
 試験操業は第1原発の10キロ圏外で行われている。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018030300514&g=soc#cxrecs_s

関連スレ
【食べて応援】福島の海産物の安全とおいしさPR 東京 築地
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520075631/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520130949
続きを読む

【調査】「移住したい」1位長野 2位山梨 3位静岡 福島県が8位に躍進

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/03/02(金) 18:02:15.07 ID:CAP_USER9.net

2018年2月28日(水)
2017年移住希望地域ランキング公開
http://www.furusatokaiki.net/topics/135843/

<調査概要>
調査対象:ふるさと回帰支援センター(ふるさと暮らし情報センター東京)利用者、共催セミナー等参加者
調査手法:ふるさと回帰支援センター来場者(移住相談、相談会・セミナー参加者等)へのアンケート
調査時期:2017年1月5日~12月24日
回 答 数 :8,498件

------------------------------------------------

<「移住したい」山梨は2位 1位は長野 福島県が8位に躍進>

 認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京)が発表した昨年の「移住希望地域ランキング」によると、1位は長野県で前年の2位から返り咲いた。前年トップだった本県は、2位となった。3位は静岡県。前年19位の福島県が8位、前年15位の富山県が10位に上昇した。

 この5年のトップは山梨、長野両県が毎年入れ替わっており、静岡県は前年に続き3位。いずれも首都圏から近く、高い人気を保っている。

 福島県は、Uターン希望者や30代の相談が増えたといい、センターの担当者は「東日本大震災の復興が進まない中、移住して力になりたいと思う人も多いのではないか」とみている。

 富山県は県内全市町村が参加した大規模な相談会でIターン希望者を獲得、就職相談などの体制強化も奏功したようだ。

 昨年に同法人が運営する情報センターを利用した人や、セミナー参加者に移住したい都道府県を複数回答可で質問。8498件を集計した。情報センターへの相談は増加が続いており、昨年は3万3165件だった。

http://www.sankei.com/images/news/180302/lif1803020032-p1.jpg


2018.3.2 14:37
産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/180302/lif1803020032-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519981335
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ