岐阜

【岐阜】「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 20:33:34.68 ID:CAP_USER9.net

クマが出た栃尾小。市内ではクマの被害が相次いでいた=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
http://www.sankei.com/images/news/171012/wst1710120004-p1.jpg


パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

■校庭に迷い込んだクマ

 校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

 しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

 通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

 「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

 ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

 発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。

■学校での射殺、県外から批判が

 クマは射殺されたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

 集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射殺された事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

 翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

 児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。

 これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

 市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。

>>2以降に続く

配信2017.10.12 15:30
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

2 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 20:34:01.23 ID:CAP_USER9.net

>>1 続き

 市によるとクマに限らず、有害鳥獣の捕殺には、常に数件の批判や苦情が寄せられるという。担当者は「命に関わることですから、皆さんの気持ちはよく分かる。たまに感情的な人もいるが、事情を説明すると納得してくれる」という。しかし、今回は小学校で児童の在校時でのできごととあって、市や小学校への電話やメールなどは計20件を超えた。ただそれらは保護者や地元の人からではなく、すべてが県外からだった。

■クマに襲われるという身近な現実

 学校近くに住む中年男性は「動物園やテレビで見るクマは安全な場所から眺めるので、どうしてもいとおしさを感じる。それを射殺した風景を思えば、抗議があるのも仕方がないとは思う」とした一方で、「近くで知り合いが襲われたりしている現実があり、かわいそうだがやむを得ない」と話した。

 野生動物の生態に詳しい岩手大学の青井俊樹名誉教授も「一般的には麻酔で眠らせて山へ帰すのがベスト。だが、現場で麻酔銃がすぐに整うことはまれで、やむを得なかったのだろう」と署の判断に理解を示した。一方、校庭で射殺されたことには、「子供たちに強烈な記憶が残り、クマは出たら射殺するものだと思わないか心配」といい、ケアの必要性を訴えた。

 また、小学校のある合併前の旧上宝村で生まれ育った谷村昭次市議は「山間地域にとって子供は宝。地域全体で守る意識は強く、(今回の措置は)緊急避難で仕方ない。これを機に、子供たちにもクマとの共存の取り組みについて伝えていきたい」と話した。

 高山市内では、4月25日に同市石浦町で玄関先にいた70代女性ら3人がクマに襲われて重軽傷を負い、襲ったクマが射殺された。6月22日には同市丹生川町で山菜採りをしていた80歳代の男性が突然、後ろから襲われて重傷を負い、クマは逃げた。

 クマの目撃件数も4月以降で275件(9月27日時点)に上り、大量出没した平成26年(年度総数475件)同期の202件を上回っている。

 例年、冬眠を控えた9~11月はクマがエサを求めて人里まで下りるため目撃件数が増えるが、最近は山と里を隔てた雑木林にまで宅地開発が進む一方、過疎化の影響でかつて人が暮らしていたエリアに人の気配がなくなったこともあり、クマの生息範囲が広がっていることで、クマの被害が増えているという。

 谷村市議は「出くわすのは、人にとってもクマにとっても悲劇につながりかねない」と話し、クマに遭遇しない環境づくりの重要性を強調。市はHPやメールでの告知のほか、登山道入り口に立て看板を立てるなどさまざまな方法で注意を呼びかけている。

おわり


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507808014
続きを読む

【教育】給食は残しちゃダメ? 岐阜市の小学校で児童がおう吐、指導方針に賛否

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/08(日) 12:11:54.73 ID:CAP_USER9.net

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]
2017年9月28日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、学校給食の完食指導に対する賛否について紹介されていました。

体質や体調もある

岐阜市の小学校の50代女性教師が、給食を残さず食べることを指導し、去年から今年にかけ児童5人が給食を吐き出したり、おう吐したりしました。

女性教師は「嫌いなものから逃げないでほしい。達成感を感じさせたいという思いで指導したが、もっと配慮しなければいけなかった」と話しました。

今月8日、匿名の情報により発覚し、岐阜市教育委員会は教師を口頭で厳重注意しました。

「給食を残さず食べさせる学校指導」について、名古屋市でアンケートを行ったところ、117人中賛成が53%、反対が25%、どちらでもないが22%という結果になりました。

アンケートでは学校での指導方法について、行きすぎない指導が必要などの意見もありました。
体質や体調もあるので学校で嫌いな物を強要するのは難しく、家庭での教育が重要なのではないでしょうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13719784/
2017年10月8日 7時33分 Jタウンネット


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507432314
続きを読む

【岐阜】残さず食べなさい-給食指導で児童5人嘔吐、教諭を厳重注意 岐阜市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:のっぺらー ★:2017/09/26(火) 11:33:55.60 ID:CAP_USER9.net

岐阜市の市立小学校で、50代の教諭が児童に給食を残さず食べるよう指導し、
今年7月までに1、2年生の計5人が嘔吐していたことが26日、市教育委員会への取材で分かった。
市教委は「指導に不適切な部分があった」として、25日付で教諭を厳重注意処分とした。

市教委によると、教諭は昨年度、担任を受け持った1年生のクラスで給食を残さないよう指導。
偏食の多い児童にはスプーンで口元に運ぶなどしていた。
昨年4~12月にかけて、4人の児童が吐き、うち2人は3回前後もどした。

教諭は今年7月、補助で入った2年生のクラスでも完食するよう指導、1人がもどした。
児童はこの日体調が悪く、親が学校に給食指導の配慮を求めていたが、伝わっていなかった。
ほかの教諭も完食を指導していたが、吐く児童はいなかったという。

市教委に9月、匿名の電話があり調査を開始。

聞き取りに教諭は
「好き嫌いがないように励ます気持ちだった。
 無理に食べさせることはしていないが、児童に申し訳ない」と話している。

以下ソース:産経west 2017.9.26 10:58
http://www.sankei.com/west/news/170926/wst1709260040-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506393235
続きを読む

【岐阜】「体がいくつあっても足りない」とパソコンに残し…国体選手の病院職員自殺、労災認定 残業100時間超

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/20(水) 10:01:26.86 ID:CAP_USER9.net

 岐阜県瑞浪(みずなみ)市の病院職員の男性(当時26)が3年余り前に自殺したことについて、多治見(たじみ)労働基準監督署(同県多治見市)が労働災害と認定したことが、遺族らへの取材でわかった。今月4日付で通知された。男性はライフル競技の選手で、国民体育大会(国体)の選手強化に向け県教委の紹介で就職したが、遺族は、業務に十分な支援がなく長時間残業でうつ病を発症したと訴えていた。

 亡くなったのは長崎市出身の鈴田潤さんで、高校時代から射撃競技で国体に出場するなどしていた。遺族側代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、鈴田さんは大学卒業後の2010年4月、岐阜県内で病院などを運営するJAグループの県厚生農業協同組合連合会(厚生連)に就職。12年秋の岐阜国体を控え、県教委が就職を仲立ちした。岐阜市の厚生連本所で会計や資料作成などを担当しながら、試合や練習に取り組み、国体では2種目に出場。優勝と7位入賞した。

 翌13年4月、鈴田さんは県内の病院に異動。駐車券処理やOA機器修理などの日常業務のほか、月に3回ほど夜間の当直勤務にも入り、急患や来院者への対応もするようになった。

 同年12月26日、鈴田さんは「仕事の全てにとんでもなく重圧を感じて耐えられなくなっている」「体がいくつあっても足りない」などと書いた文章をパソコンに残して一人暮らしの自宅から失踪。翌年1月8日、車の中で死亡しているのが見つかった。

 遺族は業務用パソコンのログイン・ログアウト時刻や当直勤務の記録をもとに、死亡前3カ月の残業が月107~148時間だったと主張して労災認定を請求。日によっては当直明けでそのまま翌日深夜まで働き、連続39時間の拘束に及ぶ勤務もあったとした。

 厚生連は14年4月にまとめた調査報告書で、上司が鈴田さんの帰宅が遅いことには気付いたが、残業申請の提出を促すにとどめており、「労務管理が機能していたとはいえず、労働時間管理に不適切な部分があった」と認めた。一方、鈴田さんは岐阜国体後にライフルの所持許可の失効があり、エアライフル競技をするなどしていたといい、選手としての将来への不安など「ストレスの蓄積も(自殺の)要因として考えられる」として、原因は解明できなかったと結論づけていた。

 遺族側の松丸弁護士は「厚生連は鈴田さんの心身の健康に十分配慮していたとはいえない。企業などで働きつつ競技を続ける選手らの労働者としての権利をどう守るかという課題も浮き彫りになった」と話す。

 厚生連は「現状では労災認定について把握しておらず、何もお話しできない」とした上で、「(自殺の原因が)必ずしも仕事がすべてであったとは認識していない」と説明している。(阪本輝昭、荻原千明)

配信2017年9月20日08時34分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK9L1SC8K9LPTIL001.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505869286
続きを読む

【岐阜】クリ栽培の女子高校生が収穫を体験 「クリが収穫でき、うれしいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/13(水) 21:30:59.84 ID:CAP_USER9.net

クリの生産が盛んな恵那市で、13日、栽培から加工、販売までを学んでいる地元の高校生たちが、クリの収穫を体験しました。

恵那市の県立恵那南高校では、去年から生徒たちが地元特産のクリについて、栽培から加工、販売までを学ぶ特別授業を行っています。

13日は1年生63人が市内の農家のクリ畑に出て、木のせんていをしたり、下草を刈ったりして育ててきたクリを収穫しました。

クリは大きいものでは重さが生卵1個分の40グラムほどにもなっていて、生徒たちは火バサミを使ったり、手で拾い集めたりして収穫した後、きれいなものと、割れたり害虫に食べられたりしたものとに選別していました。

収穫を体験した女子生徒は「自分たちで育ててきたクリが収穫でき、うれしいです」と話していました。

13日収穫したクリは、10月、市内の菓子店で、生徒たちが甘露煮の瓶詰めに加工したり、自分たちで考案したケーキにしたりして販売することにしています。

配信09月13日 19時18分
岐阜 NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3083565411.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505305859
続きを読む

【岐阜】送迎バスから降りた園児(4が車にひかれる 迎えにきた祖母のもとへ向かうため横断中に…ひき逃げ事件として捜査/土岐市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/12(火) 00:42:31.10 ID:CAP_USER9.net

岐阜県土岐市で幼稚園の送迎バスから降りた園児が後ろからきた車にひかれ、車はそのまま逃走しました。

11日午後3時45分ごろ、土岐市泉町の市道で「通園バスから降りた園児が車にはねられ車はそのまま逃走した」と通報がありました。

警察によりますと園児は4歳の男の子で送迎バスから降りたあと、迎えにきた祖母のもとへ向かうため道路を横断しようとしたところ、後ろからきた車にひかれました。

車は止まることなくそのまま逃走したということです。園児は病院に運ばれ、両ひざを打撲するなどの軽傷です。逃げた車は黒色の小型の車で、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

配信2017年9月11日 23:42
メーテレ
https://www.nagoyatv.com/news/?id=171879&p=1


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505144551
続きを読む

【岐阜】100メートル100本走らされ熱中症 美濃加茂高の野球部2年

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2017/08/27(日) 11:25:42.75 ID:CAP_USER9.net

100メートル100本走らされ熱中症 美濃加茂高の野球部2年
2017年8月27日 09時13分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017082790091354.html

 岐阜県美濃加茂市の私立美濃加茂高校で今月16日、2年の男子生徒(16)が所属する硬式野球部の練習中に重度の熱中症で倒れ、約1週間入院していたことが分かった。非常勤講師の男性コーチ(26)の指示で、日中に100メートルを100本以上走った後に倒れたという。学校側は野球部員の保護者に経緯を説明して謝罪した。
 同校によると、14日にあった公式戦の内容が悪かったことなどを理由に、同校野球部出身のコーチが「気合を入れ直す」と、主力のこの生徒だけに100メートルを100本走るよう指示。生徒は16日午後1時ごろからグラウンドで走り始めたが、コーチが途中でさらに30本の追加を命じたという。監督(32)もコーチの指示を承知しており、グラウンド脇の屋内練習場で他の部員たちを指導しながら、生徒の様子を見ていた。
 生徒は約3時間後、残り数本となったところで呼吸困難を起こして倒れ、意識がもうろうとした状態で救急搬送された。コーチは生徒に、水分補給する際は自分の許可を得るよう指示しており、生徒が途中で水分を取ったのは2回だけだった。16日の同市の最高気温は27・8度だった。
 生徒は5日間、集中治療室で治療を受けて快方に向かい、23日に退院した。後遺症はないが、今も自宅で療養中。野球部へは復帰する意思を示しているという。
 同校は26日、コーチを無期限の指導停止、監督を厳重注意とし、同部の保護者会で経緯や再発防止策を説明した。コーチは「生徒の体調への配慮が足りなかった」と反省しているという。赤崎耕二校長は取材に「体罰に近い行きすぎた指導だった。生徒の健康管理を徹底し、二度と事故が起きないようにしたい」と話した。
 同部は1973(昭和48)年創部で、部員数は54人。80年と90年に県代表として夏の甲子園大会に出場した。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503800742
続きを読む

【社会】川遊びの男子高校生、友人のサンダルを取りに行こうとして死亡。岐阜県白川町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/08/19(土) 18:27:13.18 ID:CAP_USER9.net

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170819/k10011104941000.html

19日午後、岐阜県白川町の川で友人と遊びに来ていた高校2年の男子生徒が
流されて死亡しました。現場の川は18日の大雨でふだんより水かさが増していたと
いうことです。

19日午後2時すぎ、岐阜県白川町三川の黒川で美濃加茂市の17歳の高校2年の
男子生徒の姿が見えなくなったと消防に通報がありました。

消防と警察が捜索し、およそ600メートル下流の浅瀬で男子生徒が見つかりましたが、
およそ2時間後に病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、男子生徒は1年生から3年生までの友人12人と川遊びに来ていて、
友人のサンダルを取りに行こうと泳いでいて姿が見えなくなったということです。

現場は地元の人などが川遊びに訪れる所ですが、18日の大雨でふだんより3割ほど
水かさが増していたということです。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503134833
続きを読む

【岐阜】事件か? 高齢者5人死傷 介護の職員退職

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:えりにゃん ★:2017/08/18(金) 23:08:33.79 ID:CAP_USER9.net

事件か? 高齢者5人死傷 介護の職員退職
8/18(金) 19:00

岐阜県の高齢者施設で、3週間足らずの間に、脳挫傷などで3人が死亡し、2人がけが。
この謎の事態に揺れる施設では、5人を介護していた30代の男性職員が17日、退職していたことが
わかった。
事故か、それとも事件か。
入所者5人が相次いで死傷した介護施設の理事長は、会見で「五里霧中」という言葉を口にした。
介護施設「それいゆ」の折茂謙一理事長は「偶発的であるか、技術の未熟なのか、それか、
3番目の意図的なものである。意図的というと、犯罪ということになりますけど。五里霧中と言ったら
いいんですかね」と話した。
岐阜・高山市にある介護施設「それいゆ」で、8月6日、93歳の女性が部屋で頭を打ち、
倒れた状態で発見された。
女性は翌日、搬送先の病院で、脳挫傷などにより、死亡している。
折茂理事長は「監視カメラもありませんので、転倒時の状況というのが全く解明できていない」、
「事件性があれば、大変ですので、警察に(捜査を)お願いしている」と話した。
女性は、8月1日にこの施設に入所したばかりだった。
死亡した女性の娘は
「夜中に電話があって、病院に連れて行くので来てくださいって。しっかりと見てもらいたかったです」
さらに12日には、87歳の女性が体調を崩し、病院に緊急搬送。
診断の結果、肋骨(ろっこつ)が折れていることがわかり、その折れた骨が肺に刺さるなどして、
この女性も翌日、死亡した。
司法解剖の結果、女性の骨は、第3者によって力が加えられ、折れた可能性が高いという。
施設側は、18日朝の会見で、介護の過程で肋骨などが折れた可能性がある一方、何者かが
危害を加えた可能性も否定しなかった。
折茂理事長は「お風呂に入る時に、裸になって抱えた時に、ヒビが入っていたかもしれない」、
「もう1つは、さっき言った意図的なもの。意図的なものに対して、100%否定する根拠がないです」
と話した。
さらに、この施設では、15日と16日にも、90代の女性2人が、肋骨の骨折や肺挫傷などで
相次いで入院。
また7月31日には、80歳の男性が、食べ物をのどに詰まらせて死亡している。
短期間に5人が死傷する不可解な事態。
施設側によると、この5人全員を直接介護していた30代の男性職員がいたが、17日に施設を退職。
警察は、この男性やほかの職員から事情を聴くなどして、事件と事故の両面で調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170818-00000653-fnn-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503065313
続きを読む

【岐阜】後部座席の女児(4か月、車外に投げ出されて死亡 母親(17軽症 父親(21「チャイルドシートのベルト緩めた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:trick ★:2017/08/17(木) 06:45:07.51 ID:CAP_USER9.net

「チャイルドシートのベルト緩めた」…乳児死亡 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00050098-yom-soci
8/16(水) 22:23配信 読売新聞

 16日午前3時30分頃、岐阜県中津川市神坂(みさか)の中央自動車道下り線で、ブラジル国籍の同県本巣市屋井、会社員マルコス・マサトシ・イシハラ・シマブクさん(21)の運転するワゴン車が、追い越し車線側のガードレールに衝突して横転した。

 同乗の長女高橋エレナちゃん(4か月)が車外に投げ出されて死亡し、シマブクさんは軽傷、エレナちゃんの母親(17)もけがを負い、病院に搬送された。

 県警高速隊の発表によると、現場は片側2車線のカーブで、当時、路面は雨でぬれていた。3人は旅行帰りで、エレナちゃんは後ろの席のチャイルドシートに乗っていた。シマブクさんは、エレナちゃんの体調が悪いため「チャイルドシートのベルトを緩めていた」と説明しているという。

 この事故で、中央道下り線は飯田山本インターチェンジ(IC)―中津川IC間が3時間40分にわたって通行止めになった。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502919907
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ