岐阜

【岐阜】同僚の女性職員に「愛してる」「天使のようです」などと45通のメールを送った男性職員をセクハラで懲戒処分

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/03/30(金) 22:18:59.52 ID:CAP_USER9.net

 岐阜県瑞穂市は30日、同僚の女性に「愛してる」といった内容のメールを繰り返し送るなどのセクハラ行為をしたとして、市民部の40代の男性総括課長補佐を停職3カ月の懲戒処分とし、上司の監督責任を問い、市民部の部長ら5人を文書による厳重注意処分とした。

 市によると、補佐は2014年3月から18年2月、女性数人に「愛してる」「天使のようです」など計45通のメールを送り、強い不快感や精神的苦痛を与えた。「自分に好意があると勘違いした」と説明している。棚橋敏明市長は「職員1人1人の意識向上を図る」とのコメントを出した。(共同)

https://www.nikkansports.com/m/general/news/201803300000842_m.html?mode=all


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522415939
続きを読む

【岐阜】平昌・スノボ代表の今井選手が重傷 郡上のスキー場で男性と衝突

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/03/26(月) 05:40:08.66 ID:CAP_USER9.net

平昌・スノボ代表の今井選手が重傷 郡上のスキー場で男性と衝突
2018年3月25日 23時12分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018032590201341.html

 25日午前10時20分ごろ、岐阜県郡上市高鷲町の高鷲スノーパーク内のスノーボード専用コース・ハーフパイプ(HP)で、平昌冬季五輪スノーボード女子HPの日本代表、今井胡桃さん(18)=長野県上田市出身、佐久長聖高校3年=が滑走中、京都市の派遣社員男性(47)と衝突した。今井さんは胸を強く打って血気胸の重傷、男性は軽傷だった。
 岐阜県警郡上署によると、2人はコースの左右にあるスタート場所からほぼ同時に滑り始め、コースの終盤でぶつかったという。
 今井さんの家族は取材に「肺のけがは、3~5日ほど入院すれば大丈夫だそうだ」と話した。今井さんは平昌五輪女子HPの予選で敗退した。
(中日新聞)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522010408
続きを読む

【岐阜】スノーボードをしていた女子高校生(18)、と派遣社員男性(47)が衝突 女子高生が重傷/高鷲スノーパーク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/03/25(日) 20:53:45.94 ID:CAP_USER9.net

25日午前10時20分ごろ、岐阜県郡上市高鷲町西洞のスキー場「高鷲スノーパーク」で、スノーボードをしていた県外在住の女子高校生(18)と京都市の派遣社員の男性(47)が衝突した。2人は病院に運ばれたが、高校生は右胸を強く打ち血気胸の重傷、男性は左足などを打撲する軽傷。

 岐阜県警郡上署によると、2人はハーフパイプ型の中上級者向けコースで滑走していた。それぞれ高さ約6・5メートルの両端から滑りだし、中央付近で衝突した。高校生は家族でスキー場に来ていた。

2018.3.25 20:11
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/180325/wst1803250058-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521978825
続きを読む

【岐阜】それ、ニセ電話詐欺です 高齢者宅に届く訴訟通知はがき

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/03/25(日) 06:49:06.80 ID:CAP_USER9.net

それ、ニセ電話詐欺です 高齢者宅に届く訴訟通知はがき
2018年3月25日
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180325/CK2018032502000014.html

 料金未納の訴訟通知をかたったニセ電話詐欺のはがきが、県内各地の高齢者宅などに次々と送りつけられている。警察は「絶対に電話せず、怪しいと思ったら警察に相談して」と注意を呼びかけている。
 「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」との題や「契約不履行による民事裁判として訴状が提出されたことを通知します。このまま連絡なき場合には、給与、不動産の差し押さえを強制的に執行します」との文面、送付元の「民間訴訟告知センター」は共通だが、いずれも架空で、記載の電話番号は複数確認されている。
 六十~七十代の自宅を中心に大量に届いているとみられ、電話すると若い男が出て「名前と住所を教えてください」と聞き、弁護士や訴訟元をかたって金をだまし取ろうとするという。
 三日には多治見市の女性(64)が電話したところ「裁判にするか示談にするか」と脅され、二百万円を宅配便で送った。相談を受けた多治見署員が東京都内の送り先へ急行し、受け子とみられる男(34)をニセ電話詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕している。
 (渡辺真由子)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521928146
続きを読む

某中学の部活で社会人老人コーチが体罰 ネックウォーマーに激怒し、足を蹴って「それでも本荘中学校の生徒か」と叱責・岐阜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/03/14(水) 20:08:15.20 ID:CAP_USER9.net

中学の部活で社会人コーチが体罰

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3083048011.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

岐阜市が委嘱していた中学校のソフトテニス部の社会人コーチが、
3月、県内で行われた大会で試合の応援をしていた男子部員の足を蹴るなどの体罰があったとして、
岐阜市教育委員会は、14日、記者会見を開いて陳謝するとともにコーチの委嘱を取りやめました。

岐阜市教育委員会によりますと、委嘱を取りやめたのは市立本荘中学校で
ソフトテニス部の社会人コーチをしていた64歳の男性です。
男性は、3月11日、各務原市で開かれていた大会で試合の応援をしていた1年生の男子部員の1人が
首を覆う防寒具を付けていたことに腹を立て、背後からはぎ取ろうとしたうえ、足を蹴って
「それでも本荘中学校の生徒か」と叱責したということです。
男性は試合中や練習中の首の防寒具の着用を認めていなかったということです。

男子部員にけがはありませんでしたが、男性は居合わせていた顧問の教諭に促される形で
すべての試合が終わった後で男子部員に謝罪したということです。
岐阜市教育委員会は体罰にあたるとして陳謝するとともに、男性へのコーチの委嘱を取りやめました。

さらに、今後、市内のすべての中学校に対して改めて部活動での
指導のあり方を点検するよう指示することにしています。

03/14 18:55


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521025695
続きを読む

【岐阜】軽乗用車に追突 バイクの女性死亡 中央道

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/03/13(火) 18:06:37.26 ID:CAP_USER9.net

軽乗用車に追突 バイクの女性死亡 中央道
3/12 10:17
http://www.jrt.co.jp/nnn/news86238425.html

 11日午前、岐阜県中津川市の中央道上りで軽乗用車にバイクが追突する死亡事故があった。バイクは直前に交通違反で警察の追跡を受けていた。警察によると、11日午前11時半ごろ、中津川市の中央道上りで、軽乗用車に後ろから来たバイクが追突し、バイクに乗っていた多治見市の山田博子さん(47)が死亡した。車に乗っていた2人は軽傷。バイクは事故直前、警察から速度違反で止まるよう指示を受けたが、従わずに走り去っていた。警察はパトカーで約1キロ追跡した後、事故現場の2キロ手前あたりで追跡をやめていて、「現時点では適正な取り締まりだった」としている。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520931997
続きを読む

【岐阜】2018年ミス・ユニバース岐阜大会 短大生(19)がミス1位剥奪される ライン書き込みきっかけか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/03/11(日) 19:56:32.58 ID:CAP_USER9.net

 2018年ミス・ユニバースの岐阜大会で1位(グランプリ)に選ばれた女子短大生(19)=岐阜県各務原市=が無料通信アプリLINE(ライン)で、イベント出演など大会後の活動を不安視する内容を書き込んだ後、主催者から1位を剥奪されていたことが11日、大会事務局を務めたイベント会社(同県岐南町)への取材で分かった。

 イベント会社によると、主催者は名古屋市のイベント会社で、別の会社に業務を委託。さらに岐南町のこのイベント会社が事務局となり、1月の岐阜大会を運営した。

 主催者側が大会後、委託契約の解除を通告した上で、今後は短大生ら出場者のイベント出演などを管理すると表明。短大生が他の出場者とつくるラインのグループで、管理者が変わることなどへの不安を書き込んだところ、これを知った主催者の会社が「岐阜代表にふさわしくない」として、グランプリの権利剥奪を伝えたという。

 短大生は「書き込みは自分や他の女性のためにしたもので、突然グランプリ返還を告げられ、納得できない」と話している。

 事務局を務めたイベント会社の梶原知枝代表は「多くの方が関わった選考を経て選ばれたグランプリが、主催者の意向で一方的に変更されるのはおかしい」と疑問を呈している。

2018/3/11 19:49
共同通信
https://this.kiji.is/345519225345967201


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520765792
続きを読む

【岐阜】児童養護施設の移転、「学校が荒れる」地元住民反対で断念 施設「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2018/02/12(月) 15:41:01.19 ID:CAP_USER9.net

岐阜県関市の児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。

移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。

関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。
学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に
新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。

だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があることなどを理由に、
住民計約1300人分の署名を添えて建設反対の陳情書を市に提出した。
学園による複数回の住民説明会を経ても態度は変わらなかった。

それでも学園側は昨年9月、施設整備の補助金を国に申請するため、必要となる市町村による意見書作成を山県市に依頼。
ただ、国は補助金の交付条件の一つに「地域住民の賛同」をあげており、市の意見書には自治会の反対が記された。

美谷学園の森川幸江理事長によると、学園側は意見書の内容を受けて昨秋に臨時理事会を開催。
自治会の反対により補助金を受けられる見通しが立たない中で、
グループホーム建設は財政的に困難だと判断。隣接地での新施設建設だけを進めると決めた。

国への補助金申請手続きを行う県は昨年11月、学園からこの意見書を含めた書類を受け取った。
だが、県も住民の反対を理由に「補助金の協議を国にするのは困難」と判断し、昨年末に学園側に伝えた。

県によると、学園の現施設の定員は74人だが、国の児童養護施設の小規模化方針やグループホーム建設を見越して、
1月現在の入所児童は43人に調整されている。
県の担当者は「今入所する子どもが別の施設に移ることはない」とし、県全体の受け入れ態勢についても「支障はない」としている。

■住民「中学 荒れる」 施設「偏見だ」

地元の二つの自治会が山県市に出した陳情書には、施設建設反対の理由の一つに「生活環境や地域住民だけでなく、
学校や子どもたちにも著しい影響を与えると懸念」とあった。
「中学校が『荒れた』過去があり、また起こる心配がある」と取材に語る男性もいた。

美谷学園の森川理事長は「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」と憤る。
地元の賛同がないまま補助金申請に動いたのは「撤退すれば学園が偏見を認めたことになる」からだと説明する。

山県市の担当者は「市としては意見書を作っただけで、あとは県の判断。
地元住民を説得することも、その逆もできない」。県の担当者は「施設は地域社会全体に受け入れられることが望ましい。
住民の賛同がなければ計画の頓挫はやむをえない」としている。(山岸玲)

     ◇

〈児童養護施設〉 
虐待や死別、貧困などで親が育てられない原則18歳未満の子どもを保護・養育する施設。
厚生労働省の調査によると、2016年10月時点で全国603施設に2万7288人が入所する。
近年は虐待を理由とするケースが増え、同省の別の調査では入所の半数近くに上った。

http://news.livedoor.com/article/detail/14290148/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518417661
続きを読む

【岐阜】猫の多頭飼育崩壊、相次ぐ 20代女性、知識不足で一時70匹に 「こんなに早く産むと思わなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/02/09(金) 18:08:45.56 ID:CAP_USER9.net

仕事終わりに猫40匹の世話をする女性=中濃地方のアパートの一室で
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180209/images/PK2018020802100238_size0.jpg


日本は今、空前の猫ブームを迎えていると言われる。だがその陰で、飼い主の知識不足で近親交配を招き、急激に増えすぎた多頭飼育崩壊が各地で起きている。ピーク時に70匹の猫を飼い、譲渡で40匹まで減らした中濃地方の20代の女性は「こんなに早く産むと思わなかった」と飼い主としての責任を感じている。

アパートの一室のドアを開けると猫特有のふん尿の臭いが鼻を突いた。いすや壁は爪研ぎでボロボロだ。似たような毛色をした猫が、部屋中を動き回っている。

女性がかつて住んでいた部屋だが、今は、猫だけの住まいだ。女性は昨年から別のアパートで寝泊まりしている。猫の部屋代とえさ代だけで月に数万円かかるため、昼間と夜の仕事を掛け持ちし、毎日少なくとも二回、仕事の合間に訪れて世話をしている。

飼い始めたのは七年前のこと。動物愛護ボランティアから、雄の子猫を引き取った。「かわいくて、ひと目で気に入った」。その後、弟が雌猫二匹を近所で拾ってきた。不妊去勢手術をしていなかったため近親交配などで爆発的に増え、四年後に七十匹に激増した。

日本動物愛護協会(東京)はホームページで「人間の都合で不幸な犬や猫を増やさないために不妊去勢手術は必要」などと呼び掛けている。女性は「知っていたが、忘れていた。自分のせいで猫に申し訳ない」とため息をついた。

二〇一五年ごろ、行政を通じて事態を把握した動物愛護ボランティアなどの協力を得て全頭の不妊去勢手術を終え、譲渡を始めたが、もらい手は少ない。

それでも、保健所には連れて行かないという。「かわいそうだから」。関わるボランティア女性は「多頭崩壊の飼い主の中でもかなり責任感を持っている方だが、猫が大きくなってしまうともらい手は見つかりにくい」と肩を落とす。

十二日午前十一時から、女性の飼う猫を中心に、病気やハンディキャップを抱えた猫や犬の譲渡会が、岐阜市岩地の犬のしつけ教室「ONELife(ワンライフ)」で開かれる。(問)ボランティアの天谷さん=※電話番号はソース先確認

◆地域が協力し防いで

一九九四年から全国のペット推定飼育数を調べているペットフード協会(東京)によると、二〇一七年に猫が初めて犬を上回った(猫九百五十万匹、犬八百九十万匹)。一方で、猫の繁殖力の強さは忘れられがちだ。種類によっては生後半年から妊娠可能になり、条件さえ合えば年中、繁殖する。

多頭飼いは、不妊去勢手術をせず何匹も飼ううち、近親交配などで増えてしまうことがきっかけになる。日本動物愛護協会元理事の各務能正さん(68)=多治見市=は「近所に知られずに五十匹、百匹と飼っている人は至る所にいる」と指摘する。

県内だけでも、一人暮らしの高齢者や精神的にペットを手放せなくなった飼い主らが、追い詰められて行政やボランティアに助けを求めるケースが近年、増え続けているという。

個人所有のペット相手では行政は指導以上の介入はできず、ボランティアによる譲渡活動も追い付かないのが現状だ。本来は飼い主の責任だが、各務さんは「高齢者を地域で見守るのと同じように、周囲が手遅れにならないうちに気づき、手を差し伸べる必要が生じている」と話している。

2018年2月9日
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180209/CK2018020902000036.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518167325
続きを読む

【岐阜】マタハラ「退職扱い違法」…歯科医院に賠償命令

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2018/01/27(土) 21:05:32.55 ID:CAP_USER9.net

 産休や育児休業に関して嫌がらせを受け、うつ病を発症して休職中に退職扱いとなった20歳代の女性が、勤務先の岐阜市の歯科医院や上司に約1050万円の損害賠償と従業員としての地位確認を求めた訴訟の判決が26日、岐阜地裁であった。

 鈴木基之裁判長は、うつ病の発症は産休や育休に関して非難されるなどした精神的負荷の積み重ねが原因と認め、「退職扱いは違法」として、計約500万円の支払いを命じた。

 訴えたのは、岐阜県本巣市の女性。判決によると、女性は2010年、岐阜市の「コメット歯科クリニック」に歯科技工士として採用されたが、13年に妊娠を報告した頃から有給休暇の取得を断念させられる嫌がらせなど、上司からマタニティー・ハラスメントを受けるようになった。

 女性は産休や育休を取得し、職場に復帰。再び妊娠すると、上司に「また産休やるの」「自分の都合ばっかりで、こっちの不利益は考えないの」と言われるなどし、うつ病を発症した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00050026-yom-soci
読売新聞


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517054732
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ