岐阜

【岐阜】児童養護施設の移転、「学校が荒れる」地元住民反対で断念 施設「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2018/02/12(月) 15:41:01.19 ID:CAP_USER9.net

岐阜県関市の児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。

移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。

関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。
学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に
新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。

だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があることなどを理由に、
住民計約1300人分の署名を添えて建設反対の陳情書を市に提出した。
学園による複数回の住民説明会を経ても態度は変わらなかった。

それでも学園側は昨年9月、施設整備の補助金を国に申請するため、必要となる市町村による意見書作成を山県市に依頼。
ただ、国は補助金の交付条件の一つに「地域住民の賛同」をあげており、市の意見書には自治会の反対が記された。

美谷学園の森川幸江理事長によると、学園側は意見書の内容を受けて昨秋に臨時理事会を開催。
自治会の反対により補助金を受けられる見通しが立たない中で、
グループホーム建設は財政的に困難だと判断。隣接地での新施設建設だけを進めると決めた。

国への補助金申請手続きを行う県は昨年11月、学園からこの意見書を含めた書類を受け取った。
だが、県も住民の反対を理由に「補助金の協議を国にするのは困難」と判断し、昨年末に学園側に伝えた。

県によると、学園の現施設の定員は74人だが、国の児童養護施設の小規模化方針やグループホーム建設を見越して、
1月現在の入所児童は43人に調整されている。
県の担当者は「今入所する子どもが別の施設に移ることはない」とし、県全体の受け入れ態勢についても「支障はない」としている。

■住民「中学 荒れる」 施設「偏見だ」

地元の二つの自治会が山県市に出した陳情書には、施設建設反対の理由の一つに「生活環境や地域住民だけでなく、
学校や子どもたちにも著しい影響を与えると懸念」とあった。
「中学校が『荒れた』過去があり、また起こる心配がある」と取材に語る男性もいた。

美谷学園の森川理事長は「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」と憤る。
地元の賛同がないまま補助金申請に動いたのは「撤退すれば学園が偏見を認めたことになる」からだと説明する。

山県市の担当者は「市としては意見書を作っただけで、あとは県の判断。
地元住民を説得することも、その逆もできない」。県の担当者は「施設は地域社会全体に受け入れられることが望ましい。
住民の賛同がなければ計画の頓挫はやむをえない」としている。(山岸玲)

     ◇

〈児童養護施設〉 
虐待や死別、貧困などで親が育てられない原則18歳未満の子どもを保護・養育する施設。
厚生労働省の調査によると、2016年10月時点で全国603施設に2万7288人が入所する。
近年は虐待を理由とするケースが増え、同省の別の調査では入所の半数近くに上った。

http://news.livedoor.com/article/detail/14290148/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518417661
続きを読む

【岐阜】猫の多頭飼育崩壊、相次ぐ 20代女性、知識不足で一時70匹に 「こんなに早く産むと思わなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/02/09(金) 18:08:45.56 ID:CAP_USER9.net

仕事終わりに猫40匹の世話をする女性=中濃地方のアパートの一室で
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180209/images/PK2018020802100238_size0.jpg


日本は今、空前の猫ブームを迎えていると言われる。だがその陰で、飼い主の知識不足で近親交配を招き、急激に増えすぎた多頭飼育崩壊が各地で起きている。ピーク時に70匹の猫を飼い、譲渡で40匹まで減らした中濃地方の20代の女性は「こんなに早く産むと思わなかった」と飼い主としての責任を感じている。

アパートの一室のドアを開けると猫特有のふん尿の臭いが鼻を突いた。いすや壁は爪研ぎでボロボロだ。似たような毛色をした猫が、部屋中を動き回っている。

女性がかつて住んでいた部屋だが、今は、猫だけの住まいだ。女性は昨年から別のアパートで寝泊まりしている。猫の部屋代とえさ代だけで月に数万円かかるため、昼間と夜の仕事を掛け持ちし、毎日少なくとも二回、仕事の合間に訪れて世話をしている。

飼い始めたのは七年前のこと。動物愛護ボランティアから、雄の子猫を引き取った。「かわいくて、ひと目で気に入った」。その後、弟が雌猫二匹を近所で拾ってきた。不妊去勢手術をしていなかったため近親交配などで爆発的に増え、四年後に七十匹に激増した。

日本動物愛護協会(東京)はホームページで「人間の都合で不幸な犬や猫を増やさないために不妊去勢手術は必要」などと呼び掛けている。女性は「知っていたが、忘れていた。自分のせいで猫に申し訳ない」とため息をついた。

二〇一五年ごろ、行政を通じて事態を把握した動物愛護ボランティアなどの協力を得て全頭の不妊去勢手術を終え、譲渡を始めたが、もらい手は少ない。

それでも、保健所には連れて行かないという。「かわいそうだから」。関わるボランティア女性は「多頭崩壊の飼い主の中でもかなり責任感を持っている方だが、猫が大きくなってしまうともらい手は見つかりにくい」と肩を落とす。

十二日午前十一時から、女性の飼う猫を中心に、病気やハンディキャップを抱えた猫や犬の譲渡会が、岐阜市岩地の犬のしつけ教室「ONELife(ワンライフ)」で開かれる。(問)ボランティアの天谷さん=※電話番号はソース先確認

◆地域が協力し防いで

一九九四年から全国のペット推定飼育数を調べているペットフード協会(東京)によると、二〇一七年に猫が初めて犬を上回った(猫九百五十万匹、犬八百九十万匹)。一方で、猫の繁殖力の強さは忘れられがちだ。種類によっては生後半年から妊娠可能になり、条件さえ合えば年中、繁殖する。

多頭飼いは、不妊去勢手術をせず何匹も飼ううち、近親交配などで増えてしまうことがきっかけになる。日本動物愛護協会元理事の各務能正さん(68)=多治見市=は「近所に知られずに五十匹、百匹と飼っている人は至る所にいる」と指摘する。

県内だけでも、一人暮らしの高齢者や精神的にペットを手放せなくなった飼い主らが、追い詰められて行政やボランティアに助けを求めるケースが近年、増え続けているという。

個人所有のペット相手では行政は指導以上の介入はできず、ボランティアによる譲渡活動も追い付かないのが現状だ。本来は飼い主の責任だが、各務さんは「高齢者を地域で見守るのと同じように、周囲が手遅れにならないうちに気づき、手を差し伸べる必要が生じている」と話している。

2018年2月9日
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180209/CK2018020902000036.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518167325
続きを読む

【岐阜】マタハラ「退職扱い違法」…歯科医院に賠償命令

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2018/01/27(土) 21:05:32.55 ID:CAP_USER9.net

 産休や育児休業に関して嫌がらせを受け、うつ病を発症して休職中に退職扱いとなった20歳代の女性が、勤務先の岐阜市の歯科医院や上司に約1050万円の損害賠償と従業員としての地位確認を求めた訴訟の判決が26日、岐阜地裁であった。

 鈴木基之裁判長は、うつ病の発症は産休や育休に関して非難されるなどした精神的負荷の積み重ねが原因と認め、「退職扱いは違法」として、計約500万円の支払いを命じた。

 訴えたのは、岐阜県本巣市の女性。判決によると、女性は2010年、岐阜市の「コメット歯科クリニック」に歯科技工士として採用されたが、13年に妊娠を報告した頃から有給休暇の取得を断念させられる嫌がらせなど、上司からマタニティー・ハラスメントを受けるようになった。

 女性は産休や育休を取得し、職場に復帰。再び妊娠すると、上司に「また産休やるの」「自分の都合ばっかりで、こっちの不利益は考えないの」と言われるなどし、うつ病を発症した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00050026-yom-soci
読売新聞


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517054732
続きを読む

【実は警備員は○○や××はやらせてもらえない仕事なんです】岐阜の男性 欠格条項で国提訴へ 警備員の仕事を失い

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/01/10(水) 12:26:15.99 ID:CAP_USER9.net

岐阜の男性 欠格条項で国提訴へ

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3004221081.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

成年後見制度を利用した人が一部の職業に就けなくなる、欠格条項によって、
警備員の仕事を失った岐阜県の男性が、規定は法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、
10日にも国に賠償を求める訴えを、起こすことになりました。

成年後見制度は障害や認知症などで判断能力が十分でない人に代わり、
弁護士や家族などが財産を管理する仕組みですが、制度を利用した人は地方公務員法や建設業法など、
約180の法律の欠格条項によって、定められた職業につけなくなります。

訴えによりますと、岐阜県で警備員の仕事をしていた、軽度の知的障害がある30歳の男性は、
親族に預金を使い込まれる被害を受け、去年2月、成年後見制度の利用を始めましたが、
警備業法には制度の利用者を警備の業務に従事させてはならないとする欠格条項があるため、
翌月、退職を余儀なくされたということです。

男性は、欠格条項は障害者に対する差別で、法の下の平等などを定めた憲法に違反しているとして、
国に対し損害賠償と警備員として働く権利を認めるよう求めて、10日にも
岐阜地方裁判所に訴えを起こすことにしています。

男性はNHKの取材に対し
「成年後見制度を利用したとたんに、なぜ、辞めなければならないのか。警備の仕事に戻りたい」
と話しています。

01/10 10:00


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515554775
続きを読む

【岐阜】自動車販売店員が誘導中の客の車にはねられ意識不明の重体 車はさらに別の車と衝突

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:香味焙煎 ★:2018/01/06(土) 07:03:01.41 ID:CAP_USER9.net

5日午後、岐阜県高山市の自動車販売店で、店から出ようとした客の車を誘導していた従業員の男性が、この車にはねられ意識不明の重体です。

5日午後0時半ごろ、高山市西之一色町の「ネッツトヨタ岐阜 高山店」で、店から出ようとしていた軽自動車を道路上で誘導していた従業員の東濃正輝さん(47)が、この軽自動車にはねられました。
軽自動車は、東濃さんをはねたあとも止まらず、信号待ちで停車していた乗用車に衝突し、さらに、歩道にある電柱にぶつかって止まりました。
この事故で、東濃さんは脳挫傷などで意識不明の重体、軽自動車を運転していた79歳の男性が右腕を骨折する重傷です。

警察は、男性がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるとみて、事故の原因を詳しく調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00002082-tokaiv-l21


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515189781
続きを読む

侵入禁止ゲートを突破か? 初日の出を見に山頂に向かった車8台14人、雪に阻まれ引き返す途中で土砂崩れに阻まれ立ち往生中・岐阜池田山

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/01/01(月) 12:28:09.53 ID:CAP_USER9.net

土砂崩れで初日の出の車立ち往生

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3004052921.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

1日朝、岐阜県池田町の池田山の山頂に通じる町道で土砂崩れがあり、
初日の出を見ようと山に登っていた車8台が取り残されています。

1日午前7時半ごろ、岐阜県池田町の標高924メートルの池田山の山頂に通じる町道で、
「土砂崩れで通れない」と21歳の男性から警察に通報がありました。
警察が現場を確認したところ、ふもとに近い道路横ののり面が、高さ約7メートル、
幅約15メートルに渡って崩れ、土砂が幅5メートルの道路を塞いでいるということです。

警察によりますとこの影響で、初日の出を見ようと山頂に向かい下りてくる途中だった車8台の、
3歳から76歳の男女あわせて14人が取り残されていますが、けが人はいないということです。

警察によりますと山頂に向かう町道は4日前から町が入り口をゲートで規制していて、
この8台は何らかの方法で入ったものの、山頂近くは除雪されていないため引き返してきたということです。

道路を管理する池田町が土砂の撤去作業を進めています。

01/01 12:16


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514777289
続きを読む

【岐阜】乳児の肛門にシャワー、腸破裂させる 傷害容疑で父逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2017/12/19(火) 17:56:32.75 ID:CAP_USER9.net

https://www.asahi.com/articles/ASKDM4RPXKDMOHGB00S.html

 長男(3カ月)の肛門(こうもん)からシャワーで湯を入れ、腸を破裂させる重傷を負わせたとして、岐阜県警は19日、岐阜市北一色6丁目の無職石井利樹容疑者(21)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「けがを負わせるつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。

 岐阜中署によると、石井容疑者は11月28日午後6時ごろ、自宅で入浴中に長男の肛門から湯を注ぎ、腸の一部を破裂させて腹膜炎などの重傷を負わせた疑いがある。内縁の妻(26)が「息子が風呂で水を飲んで呼吸がない」と119番通報して発覚した。

 石井容疑者は内縁の妻と長男、内縁の妻の娘2人の5人暮らし。石井容疑者は長男の顔を殴った別の傷害容疑で11月29日に逮捕され、処分保留で釈放されていた。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513673792
続きを読む

【社会】残業中にパソコンでゲームをしていた係長を降格処分。岐阜県恵那市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/12/01(金) 14:24:53.80 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000041-mai-soci

岐阜県恵那市は1日、残業中にパソコンでゲームなどをしていたとして、
医療福祉部健幸推進課の男性係長(45)を停職3カ月とし、主査に
降格する処分をしたと発表した。処分は11月30日付。

市によると、元係長は税務課職員だった2013年4月から健幸推進課係長時代の
今年7月まで、計1788時間の時間外勤務をしていたが、本人の申告やパソコンの
データを調べたところ、このうち216.5時間はインターネットのゲームをしたり、
趣味の車に関する情報を閲覧したりしていたという。市は、時間外勤務のうち
約12%を私的なパソコン閲覧に費やしたとして、計60万8768円を不正受給と判定した。
元係長は全額を返還した。市は、告訴はしないという。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512105893
続きを読む

【岐阜】軽自動車同士が出会い頭に衝突、一方の軽が弾みで電柱にぶつかり運転席付近が大破、運転の22歳女子大生が死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:すらいむ ★:2017/11/23(木) 17:17:50.02 ID:CAP_USER9.net

岐阜の市道交差点で車同士が出合い頭に衝突 22歳女子大生が死亡

 23日午前9時ごろ、岐阜市芥見嵯峨の市道交差点で、同市岩田西、高校教員、丹羽英史さん(41)の軽乗用車と同県関市武芸川町跡部、大学生、森彩乃さん(22)の軽乗用車が出合い頭に衝突。
 森さんは全身を強く打ち、病院に運ばれたが死亡した。

 岐阜県警岐阜中署によると、森さんの車は衝突の弾みで近くの電柱にぶつかり、運転席付近が大破した。
 現場は信号がなく、丹羽さん側の道路に一時停止線があった。

 同署は丹羽さんが一時停止を怠った可能性もあるとみて原因を調べている。

産経ニュース 2017.11.23 16:44
http://www.sankei.com/west/news/171123/wst1711230033-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511425070
続きを読む

【岐阜】「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 20:33:34.68 ID:CAP_USER9.net

クマが出た栃尾小。市内ではクマの被害が相次いでいた=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
http://www.sankei.com/images/news/171012/wst1710120004-p1.jpg


パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

■校庭に迷い込んだクマ

 校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

 しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

 通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

 「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

 ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

 発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。

■学校での射殺、県外から批判が

 クマは射殺されたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

 集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射殺された事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

 翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

 児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。

 これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

 市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。

>>2以降に続く

配信2017.10.12 15:30
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

2 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 20:34:01.23 ID:CAP_USER9.net

>>1 続き

 市によるとクマに限らず、有害鳥獣の捕殺には、常に数件の批判や苦情が寄せられるという。担当者は「命に関わることですから、皆さんの気持ちはよく分かる。たまに感情的な人もいるが、事情を説明すると納得してくれる」という。しかし、今回は小学校で児童の在校時でのできごととあって、市や小学校への電話やメールなどは計20件を超えた。ただそれらは保護者や地元の人からではなく、すべてが県外からだった。

■クマに襲われるという身近な現実

 学校近くに住む中年男性は「動物園やテレビで見るクマは安全な場所から眺めるので、どうしてもいとおしさを感じる。それを射殺した風景を思えば、抗議があるのも仕方がないとは思う」とした一方で、「近くで知り合いが襲われたりしている現実があり、かわいそうだがやむを得ない」と話した。

 野生動物の生態に詳しい岩手大学の青井俊樹名誉教授も「一般的には麻酔で眠らせて山へ帰すのがベスト。だが、現場で麻酔銃がすぐに整うことはまれで、やむを得なかったのだろう」と署の判断に理解を示した。一方、校庭で射殺されたことには、「子供たちに強烈な記憶が残り、クマは出たら射殺するものだと思わないか心配」といい、ケアの必要性を訴えた。

 また、小学校のある合併前の旧上宝村で生まれ育った谷村昭次市議は「山間地域にとって子供は宝。地域全体で守る意識は強く、(今回の措置は)緊急避難で仕方ない。これを機に、子供たちにもクマとの共存の取り組みについて伝えていきたい」と話した。

 高山市内では、4月25日に同市石浦町で玄関先にいた70代女性ら3人がクマに襲われて重軽傷を負い、襲ったクマが射殺された。6月22日には同市丹生川町で山菜採りをしていた80歳代の男性が突然、後ろから襲われて重傷を負い、クマは逃げた。

 クマの目撃件数も4月以降で275件(9月27日時点)に上り、大量出没した平成26年(年度総数475件)同期の202件を上回っている。

 例年、冬眠を控えた9~11月はクマがエサを求めて人里まで下りるため目撃件数が増えるが、最近は山と里を隔てた雑木林にまで宅地開発が進む一方、過疎化の影響でかつて人が暮らしていたエリアに人の気配がなくなったこともあり、クマの生息範囲が広がっていることで、クマの被害が増えているという。

 谷村市議は「出くわすのは、人にとってもクマにとっても悲劇につながりかねない」と話し、クマに遭遇しない環境づくりの重要性を強調。市はHPやメールでの告知のほか、登山道入り口に立て看板を立てるなどさまざまな方法で注意を呼びかけている。

おわり


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507808014
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ