滋賀

【復興支援】「学生の『楽しみ』提供できないのは失敗」 滋賀県立大助教が年報に記載、被災者が抗議

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/04/29(土) 08:02:52.89 ID:CAP_USER9.net

滋賀県立大(同県彦根市)環境科学部の30代の男性助教が、東日本大震災の被災地で学生らと行った復興支援活動について、
同学部の年報に「学生に『楽しみ』を提供できなかったのは、失敗だった」と記載し、被災者から抗議を受けていたことが28日、分かった。
大学は3月に助教を口頭厳重注意処分とした。

大学によると、課外活動の一環として、大学は平成23年の震災直後から宮城県気仙沼市で集会所を建設する活動を実施。
25年夏には延べ60人の学生が約1カ月間、仮設したコンテナで寝泊まりしながら作業に当たった。

年報は昨年3月に発行。その中で助教は、コンテナで雑魚寝だったことなどを取り上げ、「過酷に過ぎた。地域で貢献したいと思う若者の『ニーズ』に応え、『楽しみ』を提供できなかったのは、明らかな失敗だった」と報告した。

今年2月に一緒に作業した被災者の男性から「活動は学生を楽しませるためにやっていたのか」と大学に抗議があり、学生からも「楽しみ目的で参加していない」との指摘があった。
大学は「記事は被災者への配慮を欠いた不適切な表現で、チェック体制が不十分だった」とし、年報を回収している。
.
配信 2017.4.28 20:50更新

産経WEST ニュースサイトで読む
http://www.sankei.com/west/news/170428/wst1704280083-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493420572
続きを読む

【滋賀】大津市立小学校、担任教諭がいじめ放置…女児が「話を聞いてください」と何度か訴えるも対処せず、女児は不登校に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2017/04/21(金) 11:40:54.39 ID:CAP_USER9.net

「話を聞いてください」何度も…担任がいじめ放置 女児が不登校に 
大津の市立小、教員の薄い意識
2017.4.21 05:00

平成25年に大津市立小学校で、当時4年だった女児が他の児童から
足をかけられるなどのいじめを受け、担任の男性教諭に被害を訴えたにもかかわらず、
この教諭が1カ月以上放置していたことが20日、分かった。
女児はいじめをきっかけに不登校となった。いじめ防止対策推進法に基づき、
市教委と学校が有識者らと調査し、まとめた報告書は「教員の危機意識が希薄」と厳しく批判している。

報告書や市教委への取材によると、女児は25年10月ごろから、
同じクラスの複数の児童から運動場で押されたり、教室で足をかけられたりしてけがをすることがあった。
女児が嫌がるあだ名で呼ばれることもあり、やめるよう言っても収まらなかったという。

担任の教諭は保護者から加害児童に注意してほしいとの手紙を受け取り、女児からも
「話を聞いてください」と何度か訴えられたが、「授業が始まるので後で聞きます」といい、対処しなかった。

25年11月下旬に保護者が市の相談機関に訴え、学校側がいじめを認知。
加害児童を指導するとともに、双方の保護者らに報告したが、その後、女児は学校を休みがちになった。

26年9月に、いじめていた児童のうちの1人から足をかけられて、女児は不登校になった。
女児は中学校へ進学後も体調不良を訴え、休みがちという。

女児は当時、「加害児童の謝罪の仕方に不満がある」と訴えており、
市教委は「指導が不十分だった可能性もある」とし、追加調査を行っている。

(後略、全文はソースで)
産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/170421/wst1704210010-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/170421/wst1704210010-p1.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492742454
続きを読む

【社会】甲賀忍者、幻から実在へ 滋賀、古文書発見で“光”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あずささん ★:2017/04/03(月) 17:39:07.59 ID:CAP_USER9.net

「少なくとも江戸時代には確実に存在した」-。史料がないとして存在を疑問視されることも多かった「甲賀忍者」に対し、甲賀市の見解が変化している。市内の民家から見つかった古文書を読み進めた結果という。大学での研究も進み、「陰の存在」である忍者に日が当たりつつあるようだ。

■リアルタイムの記録、尾張藩に仕える

「後世の記述でないリアルタイムの忍者史料が市内で初めて見つかった」。市教育委員会歴史文化財課がそう指摘するのは、2000年に同市甲南町杉谷の渡辺俊経さん(79)の自宅で発見された古文書だ。定年退職で故郷に帰った渡辺さんが蔵の中を探して見つけた。

そのうちの何点かは「忍という文字があり、内容が単なる家の記録とは違うと分かった」と渡辺さんは話す。「ただ崩し字も読めず価値が分からなかった」と当時を振り返る。一部の知人らのほかは人目に触れることはなかったが、忍者観光を推し進める市観光企画推進室から16年春、「貴重な市民の財産」と冊子にまとめることを求められ、古文書を提出した。

古文書から、渡辺さんの先祖は杉谷の地で農業をする傍ら、尾張藩に忍びとして仕えた「甲賀五人組」の一人と分かった。「御忍役人起請文」という、尾張藩に提出した機密保持の誓約書の写しもある。「文書の多くは、初代が1690年ごろに書いたもの」と渡辺さん。家屋への侵入法やたいまつのたき方、爆薬の配合など忍びの技術のほか、弓術や居合術、馬の飼い方、算術などの説明もあるという。

市による解読作業はほぼ完了。市は、関連する約70点の文書を活字化し、注釈、解説を添えた冊子を5月にも刊行する。

甲賀忍者について、市教委歴史文化財課は「戦後、外からイメージされたもの」として、2004年から始まった市史の編集では抑制的に扱った。中世に自治組織をつくって地域を治めた甲賀武士の子孫らが、江戸時代に自らの出自・来歴をまとめた「由緒書」の中で、かつて忍術を使い軍功を挙げたと主張している、と記すなどにとどめた。

しかし、渡辺家古文書は「自分たちが納得できるストーリーを記した由緒書とは違う。江戸時代に忍術を仕事として藩に仕えていたことを示す史料」と説明。解読に関わった滋賀県教委文化財保護課も「郷土史における甲賀忍者の扱いは、ここ10~20年はっきりしなかったが、渡辺家古文書で変わるだろう」とする。

■大学で研究対象に、シンポも盛況

大学でも忍者を研究対象として扱うようになった。三重大は12年から伊賀市などと連携して忍者研究をスタート。山田雄司・同大学人文学部教授(日本古代・中世史)は、各地の文献に記された歩き方や呼吸法の検証、薬草や食物、毒の作り方などの再現も行い「現代科学で見ても理にかなっている」とする。忍者研究は「ここ3、4年で見方が変わった」とし、現在は正当な学術的研究と見なされていると話す。

甲賀市は2月、磯田道史・国際日本文化研究センター准教授(日本近世・近代史)を招き、忍者をテーマに渡辺さんや岩永裕貴市長らとの討論会を実施。約850人が詰めかける人気だった。市は今後、磯田さんと協力して、他に埋もれた古文書がないか発掘調査などを進めるとする。

一方で、黒装束をまとい超能力を発揮する「忍者」は、漫画やアニメなどで世界的に知られるようになった。市観光企画推進室は「甲賀市の場所は分からなくても甲賀忍者を知っている人は多い。東京五輪も控え外国人向けアピールにもなる」と、忍者PRに力を入れていく考えだ。

ソース/京都新聞社
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170403000089


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491208747
続きを読む

【滋賀】「アウディ栗東」で車がフェンスを突き破り隣の家の男性をはね意識不明の重体 「客にエンジン音を聞いてもらおうと思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ぱよちんキラー ★:2017/04/02(日) 01:04:53.17 ID:CAP_USER9.net

 1日午後、滋賀県栗東市で、自動車販売店の従業員が運転する車が、この店の駐車場のフェンスを突き破って、向かいの住宅の前にいた男性をはねました。
男性は意識不明の重体になっていて、警察は、従業員が運転操作を誤った可能性があると見て詳しい状況を調べています。

1日午後2時前、滋賀県栗東市上鈎で自動車販売店「アウディ栗東」の駐車場のフェンスを突き破って路上に出てきた乗用車が男性をはねました。
男性は、販売店の向かいに住む会社員の橋本憲幸さん(44)で、病院に運ばれましたが、全身を強く打ち意識不明の重体になっています。
警察によりますと、橋本さんは事故当時、自宅の植木の手入れをしていたということです。

乗用車を運転していたのは、この自動車販売店の29歳の男性従業員で、
「客に試乗車のエンジン音を聞いてもらおうと思い、ギアの状態を確認しないままアクセルを踏んでしまった」と話しているということです。
警察は、従業員が運転操作を誤って路上に飛び出した可能性があると見て詳しい状況を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170401/k10010934061000.html

画像
http://i.imgur.com/KZOBJjr.png

http://i.imgur.com/b5USB3o.png

http://i.imgur.com/kBM0Bix.png



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491062693
続きを読む

【滋賀】当たり出ぬよう、パチンコ台不正改造 経営者を書類送検

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:のっぺらー ★:2017/03/17(金) 22:32:41.66 ID:CAP_USER9.net

パチンコ台を不正に改造したとして、滋賀県警生活環境課などは17日、
風営法違反(無承認変更)の疑いで、彦根市のパチンコ店運営会社と、同社の男性経営者を書類送検した。

書類送検容疑は2月上旬ごろ、県公安委員会の承認を得ず、
長浜市の店舗に設置したパチンコ台のくぎを曲げるなどした疑い。

県警によると、男性経営者は当たりが出にくくなるよう店内約150台のほぼ全てを改造していて、
「違法なのは知っていたが、少し曲げるなら大丈夫だと思った」と話しているという。
匿名の通報を受け、県警が2月に店を家宅捜索していた。

以下ソース:京都新聞 2017年03月17日 21時35分
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170317000168


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489757561
続きを読む

【社会】障害を乗り越え普通学級で過ごし、皆の目に見守られて6年 滋賀・栗東、全盲の小学生卒業へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Kasper ★:2017/03/04(土) 17:37:20.75 ID:CAP_USER9.net

全盲で言葉がしゃべれず、肢体不自由ながら、滋賀県栗東市高野の葉山小に通い続けた6年の鈴木日奈子さん(12)が今春卒業する。特別支援学校への入学も考えたが、「みんなが支えてくれる」と同小に入学。
担任の先生や児童たちが手を取り、工夫しながら6年間をともに過ごした。
3月17日の卒業式をみんなと心待ちにしている。

 日奈子さんは体重644グラムの超未熟児として生まれ、目が見えない未熟児網膜症や水頭症を患った。葉山幼児園(同市高野)に通い、進学先は野洲養護学校(野洲市小南)の予定だった。

 だが、母親の都紀子さん(43)が、京都市の視覚障害者総合福祉施設「京都ライトハウス」の知人から小学校に通っている子もいると聞き、考えが変わった。「幼児園のように、みんなが助けてくれる」と思い、葉山小への入学を決めた。

 当時、同小は肢体不自由の児童を受け入れる教室がなかった。市教委や県教委と話し合い、特別学級を新設。日奈子さんの小学校生活が始まった。音楽が大好きで、CDラジカセから流れる童謡に合わせて手をたたき、笑顔になるという。

 2年から担任を務めた平井忍教諭(51)は、都紀子さんと相談したり、障害児教育の研修に参加したりして、授業に取り組んだ。「何もかもが初めてだったが、今では考え方、生き方が変わり、自分も成長させてもらった」と振り返る。

 高学年になると、友達の思いやりが光った。運動会や大縄跳び大会、合唱大会など学校行事が近づくと、「日奈子さんもどうやったら一緒に楽しめるか」と、クラス会や学年集会を開き、アイデアを出し合った。

 昨年10月の運動会では、クラス対抗リレーで、全クラスの児童がゴールした後、そのバトンを日奈子さんに手渡し、特別に設けられた2メートルのコースに、日奈子さんは車いすに乗って自力で進んだ。会場からは「ひなちゃんがんばれ」の声が響き渡ったという。

 自宅にもよく遊びに行くという6年野並さくらさん(12)は「大縄跳びに修学旅行と楽しかった。一緒にいられてうれしかった。これからも親友」。

 卒業後、日奈子さんは葉山中に進学する予定だ。都紀子さんは「先生や友達の優しさで、本当にすてきな6年間を過ごせたと思う。感謝の思いでいっぱい」と話す。滋賀県教育委員会学校支援課は「日奈子さんの入学は、障害のある子とない子が共に学ぶ『インクルーシブ教育』の先駆けと言え、意義深い」としている

http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20170304000056


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488616640
続きを読む

【社会】シカ4頭はねられる 滋賀・長浜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/02/21(火) 15:29:16.07 ID:CAP_USER9.net

20日午前5時55分ごろ、滋賀県長浜市西浅井町塩津浜の国道8号で、
軽乗用車を運転していた長浜市の団体職員の男性(58)が、路上にいたシカ4頭をはねた。

木之本署によると、男性は「衝突直前に黒い塊が見えて、ブレーキを踏んだが間に合わなかった」と話しているという。

昨年、同署管内ではシカなどの動物が車にはねられるといった事故が36件あったといい、
同署は「道路に動物が飛び出すこともあるので、夜間や早朝はライトをハイビームにするなど慎重に運転してほしい」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12701108/
2017年2月21日 10時7分 産経新聞


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487658556
続きを読む

【滋賀】給食時間中、児童に「心霊動画」見せる 小学校の男性臨時講師(25)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:野良ハムスター ★:2017/02/15(水) 12:14:25.50 ID:CAP_USER9.net

滋賀県草津市の市立小学校で給食時間中、教室の電子黒板で流す映像で、男性臨時講師(25)が「心霊動画」を児童に見せていたことが15日、分かった。市教育委員会は「内容が教育的な配慮が必要かどうかを確認せず流したのは不適切だった」とし、県教委に報告した。

市教委によると、講師は今年度の2学期から担任をしている学級で今月8日の給食時間中、ノートパソコンを電子黒板に接続し、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開されている心霊動画を流した。児童の要望を受けて選んだ動画といい、廃虚を探検する内容で幽霊のようなものも映っていたという。女子児童3人が早めに教室の外に出たのに別の学級の担任教諭が気づき、児童らが「怖い動画を流している」と話して発覚した。講師は児童らに謝罪したという。

講師は今年1月から数回、同様の動画を流していたといい、市教委は「電子黒板の使い方や流す内容の指導を徹底したい」としている。【衛藤達生】

ニュースサイトで読む
http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00e/040/257000c


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487128465
続きを読む

【滋賀】保育士、男児が投げた雪玉が顔に当たったため、男児の前から右足で回し蹴りをする…市が処分を検討

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:原唯之 ★:2017/02/01(水) 11:13:19.55 ID:CAP_USER9.net

滋賀県の「大津市子育て総合支援センターゆめっこ」の20歳代の男性保育士が、雪遊びをしていた男児(4)の背中を足で蹴る暴行を加えていたことが、市への取材で分かった。

男児にけがはなかったが、市は男性保育士を自宅謹慎とし、処分を検討している。

 市によると、男性保育士は1月19日午前11時30分頃、毎週開かれている発達支援療育事業の一環で、他の保育士3人と幼児9人を連れて市内の琵琶湖岸の公園で雪遊びを開始。

 この際、男児が投げた雪玉が顔に当たったため、男児の前から右足で回し蹴りをしたという。男児が前に倒れ込んで泣き出したため、その場で抱きかかえて謝った。

 男性保育士は20日に上司に報告。保護者に謝罪した。市に対し、男性保育士は「してはいけないことをした。深く反省している」と話している。普段の勤務態度に問題はなかったという。

 市子ども家庭課は「あってはならないこと。再発防止に努める」としている。

http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170201-OYT1T50012.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485915199
続きを読む

【滋賀】地蔵菩薩、盗まれる 彦根・長曽根南町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2017/01/14(土) 21:44:05.22 ID:CAP_USER9.net

地蔵菩薩、盗まれる 彦根・長曽根南町
2017年1月14日
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170114/CK2017011402000015.html

 彦根市長曽根南町の地蔵菩薩(ぼさつ)が何者かに盗まれ、地区の自治会が十三日、彦根署に盗難の被害届を提出した。ほこらに「日本死ね」と書かれた落書きがあることも新たに分かり、署は関連を調べている。
 地蔵は地区の自治会が管理する集会場の広場にある。十二日午後三時ごろ近くの住民が掃除に訪れ、地蔵がないことに気付いた。十日朝に別の住民がお参りをしたときには、異常がなかったという。
 ほこらにあったさい銭は荒らされた形跡がなかったが、隣接する集会場の壁に取り付けられているコンセントが壊されていた。
 地蔵は高さ約五十センチ、重さ十キロほど。設置されてから少なくとも三十年以上で、設置以前は地区に地蔵がなかったという。今では地区のシンボルとなり、夏の地蔵盆ではほこらを中心に子どもたちが集まり、にぎやかになる。
盗まれた地蔵菩薩

 この日、署員が調べたところ、ほこらの側面や正面の柱に、くぎのようなものを使って「日本死ね」と書かれているのも見つかった。市内の寺社仏閣では昨年十一月、鳥居や門に「日本死ね」などと落書きされる被害が相次いだ。今回見つかった落書きは、いつ書かれたかは分かっていない。
 自治会長の薩摩喜一郎さん(83)は「初めてのことで大変驚き、憤りを感じている。今年の地蔵盆を開くためにも、お地蔵様を返してほしい」と話している。
 (山村俊輔)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484397845
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ