和歌山

【SS&GP】イルカのいけすが何者かに切られ、5頭逃げる 追い込み漁の和歌山県太地町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/11/13(火) 20:35:23.28 ID:CAP_USER9.net

イルカの追い込み漁をしている和歌山県太地町で、太地港内に設置されたイルカ用のいけすのロープが切られ、イルカ7頭のうち5頭が逃げた。和歌山県警が13日に発表した。器物損壊の疑いで捜査している。

 県警によると、13日朝、漁に出かけようとした漁師がいけすの外をイルカが泳いでいるのを見つけ、午前9時ごろに通報した。被害に遭ったのは太地いさな組合が所有するいけす8基のうち1基(縦横各12メートル)。網と足場を結ぶロープが十数カ所で切られたりほどかれたりしていたという。

同組合が所属する町漁協によると、いけすのイルカは追い込み漁で捕獲したもので生体展示用。販売先の水族館が引き取るまでの間、泳がせていた。太地いさな組合の柚木栄造組合長は「正当に許可を受けた漁業を営んでいるだけなのに、このようなことをされて非常に腹立たしい」とコメントした。

https://www.asahi.com/articles/ASLCF569JLCFPXLB00M.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542108923
続きを読む

【和歌山】148センチの大物クエ釣る 重さ40キロ、鍋料理なら100人前

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ひぃぃ ★:2018/11/13(火) 19:29:39.34 ID:CAP_USER9.net

 和歌山県すさみ町見老津沖で11日、全長148センチ、重さ40・4キロの大物クエが釣り上げられた。案内した釣り船「黒龍丸」の船長、今村喜代人さん(67)は「40キロを超えるクエは国内でもそうない。それをレジャーで釣ったのだからすごい」と話し、周辺の釣り船業者も驚いている。

 釣り上げたのは大阪市大正区の塗装業、佐野正幸さん(57)。黒龍丸に乗船し、見老津漁港を同日午前6時すぎに出港した。

 仕掛けは道糸がPE12号、ハリスがナイロン50号、針がクエ針25号、重りが150号。リールは手巻き。釣ったばかりのサバを餌にして、2・3キロ沖の深さ75~85メートルのポイント「平瀬」で釣り始めた。半時間ほどたった7時半すぎに大きな引きを感じ、巻き始めると「根に掛かっているのか」と思うほど重かったが、必死で巻き上げたという。

 途中、横に引っ張られたことで船長から「サメかも」という声が出たが、その後は軽くなり、5分もたたないうちに水面に現れ、乗船していた他の釣り人とともに「これはでかい」と歓声を上げて喜んだ。

 佐野さんは子どもの頃に釣りを始め、さまざまな釣りに挑戦。今夏からは大物狙いをしており、1カ月ほど前には重さ50キロのクロマグロを釣り上げたという。クエを釣ったのは今回が初めて。「まさかの大物。他の釣り船の釣り人も祝福してくれたのがうれしかった」と喜んだ。

 地元の料理店によると、鍋料理なら100人分以上になるという。佐野さんは「釣り仲間や親戚、近所の人を招いて、刺し身や鍋料理を振る舞いたい。解体ショーもしたい」と楽しみにする。

11/13(火) 16:46配信 紀伊民報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00361305-agara-l30

画像
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181113-00361305-agara-000-1-view.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542104979
続きを読む

【和歌山】日高町が県史跡を重機で無断造成 本丸など大部分が破壊され修復は不可能

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニライカナイφ ★:2018/10/21(日) 18:05:09.74 ID:CAP_USER9.net

和歌山県日高町は19日、県と町の教育委員会が「埋蔵文化財包蔵地」に認定している天路山(てんじやま)城跡(同町比井)で、県の許可を受けず無断で造成工事をしていたと発表した。
本丸や二の丸の一部を含む大部分が破壊され、修復は不可能という。
町は「担当者が遺跡の位置を正確に把握せず、工事の範囲に入っていないと思い込んでいた」と説明している。

城跡は天正年間の1573~92年、紀伊水道に面した山地に紀伊国亀山城主・湯川直春が築城。
歴史的意義を踏まえ、県と町の教委が協議して平成元年、埋蔵文化財包蔵地に認定している。

町などによると、造成工事は本来、避難広場2カ所(計約2600平方メートル)と約1キロの道路を、城跡を避ける形で周辺に整備する計画で、平成26年度に着工。
33年度に完成する予定だった。

しかし、実際の造成工事では、掘削などのため本丸と二の丸の一部に加え、平時の住居に当たる土居と防御用の一ノ曲輪(くるわ)の大部分が重機などで破壊された。
県教委文化遺産課によると、埋蔵文化財包蔵地で工事をする場合、管理する自治体が県に通知する必要がある。
町では事前に工事を計画した際、工事担当の産業建設課から城跡を管理する教委に対し、工事範囲に遺跡が含まれるか問い合わせたところ、教委の担当者が誤って含まれていないと回答したため、造成工事されたという。

先月11日に近隣住民から「工事が文化財の一部にかかっているのでは」と県に問い合わせがあり、県が町教委に確認したところ、町教委は当初「問題ない」と回答。
しかし県の担当者が同13日、現地を調査し、破壊が判明した。

破壊された城跡について町教委の担当者は「工事前にどのような形だったか分からず、復旧は不可能。
残された部分については現状保存できるよう工事設計を変更する」としている。 
一方、「日本城郭史学会」の水島大二委員は「当時の有力者だった湯川氏の城郭配置や日高平野の関連遺跡の解明につながる史跡で、中心部の消滅は解明材料の大黒柱を失ったことになる」と話した。

写真=重機が入り、無断造成された日高町の天路山城跡=9月13日
https://www.sankei.com/images/news/181020/wst1810200015-p1.jpg


https://www.sankei.com/west/news/181020/wst1810200015-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540112709
続きを読む

【言論】和歌山の書店が新潮社の本を棚から撤去。新潮45に抗議。店主ら「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/09/21(金) 12:09:28.21 ID:CAP_USER9.net

https://www.asahi.com/articles/ASL9N41TGL9NPXLB006.html

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」などと月刊誌「新潮45」で主張した問題に関連し、
和歌山市万町の書店「本屋プラグ」は20日、新潮社の新刊本の販売を当面取りやめる方針を明らかにした。
店主らは「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」と話す。

新潮社は18日発売の「新潮45」10月号で、8月号に掲載された杉田氏の寄稿に批判が寄せられたことに対して
「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」とする記事7本を集めた企画を掲載した。

その中で文芸評論家の小川栄太郎氏は「LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念」
などと主張を展開した。

この記事について、店主の三木早也佳さん(36)は「性的マイノリティーの方々への侮辱的であまりにひどい言葉の暴力が展開されており、
一線を越えている」と話す。同店は新刊・古書計約5千冊を扱う小規模店舗。新潮社の書籍はもともと少なく、
「大勢に影響を及ぼすことはできない」(三木さん)が、書店の立場から抗議の意思を示したいと、当面の間、
新潮社の新刊本販売を停止することを決め、書棚の本も撤去した。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537499368
続きを読む

【社会】安倍首相を警護していた警察官が拳銃落とす。近所の住民が1時間後に見つけて回収。和歌山市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/09/15(土) 06:25:44.78 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180915/k10011631271000.html

14日夜、和歌山市を訪れていた安倍総理大臣らを警護していた和歌山県警の警察官が、
拳銃を道路に落とし、およそ1時間後に住民が見つけ回収されていたことがわかりました。

警察によりますと、14日午後8時前、和歌山市橋向丁の交差点付近で和歌山県警察本部
機動捜査隊の20代の男性巡査が走行中の車両の助手席の窓から身を乗り出した際、
実弾が入った拳銃1丁を落としたということです。

警察が50人態勢で付近を捜索しましたが見つからず、およそ1時間後に散歩をしていた
近所の男性が道路に落ちていた拳銃を見つけ警察に届けました。拳銃や実弾はそのままの
状態で回収されたということです。

巡査は、自民党総裁選挙の演説会のために和歌山市を訪れていた安倍総理大臣らを
車両で警護していて、窓の外から体を戻す際に左脇に着けていた拳銃のケースが窓枠にひっかかり、
留め金が外れたとみられるということです。

和歌山県警察本部の的場克郎警備課長は「警察官が拳銃を落としたことは大変、遺憾に感じています。
今後、このようなことが二度とないように再発防止に努めてまいります」と話しています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536960344
続きを読む

【和歌山】「芦屋セレブになりたくて」 見えとプライドから他人の住所で運転免許取得の29歳女を逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:カプチーノ ★:2018/09/09(日) 20:35:49.19 ID:CAP_USER9.net

芦屋に住んでいるように装って運転免許証の再交付を受けたとして、兵庫県警芦屋署は9日、免状等不実記載の疑いで、自称和歌山県日高川町、アパレル業・音楽業の女(29)を逮捕した。
逮捕容疑は今年4月、神戸市中央区の神戸優良・高齢運転者運転免許更新センターで運転免許証の再交付手続きをする際、芦屋市内の他人の住所を書いた申請書を提出し、免許証に事実でない記載をさせた疑い。容疑を認めているという。
同署によると、女の免許証に記載された住所の住民宅に、今年春ごろから複数回、女の名前宛ての郵便物が届いた。今月8日、女がこの住民宅に現れて「私の郵便物が届いてませんか」と尋ね、不審に思った住民が警察に通報した。
女と住民に面識はなく、女は「私の見えとプライドで違う住所を書いた。芦屋を気に入り、セレブになりたかった」と話しているという。

2018/9/9 10:08
神戸新聞
https://this.kiji.is/411329936425862241


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536492949
続きを読む

【和歌山】きょうイルカ漁解禁 関空の入管が反捕鯨活動家を入国拒否/太地町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニライカナイφ ★:2018/09/01(土) 08:53:17.44 ID:CAP_USER9.net

◆反捕鯨活動家を入国拒否 きょうイルカ漁解禁 和歌山・太地町

和歌山県太地町(たいじちょう)で9月1日に始まるイルカ漁に向け、現地で妨害活動を行うため入国しようとした反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)のリーダー格の活動家1人が、関西国際空港で入管当局に入国拒否されていたことが31日、分かった。
入管難民法に基づく措置。

SSは世界各地の水族館を閉鎖に追い込むキャンペーンを展開中で、野生イルカの供給源である太地町への圧力を強めており、当局が警戒していた。
この活動家は、オーストラリア在住の30代の女性。

SSのフェイスブック上の公式ページを通じ、「太地町での野生イルカの捕獲を記録しようとしただけだ」などと主張。
入国許可と即時解放を求め、支持者らに協力を呼びかけている。

関係者によると、女性は平成27年11月ごろにも来日し、太地町でSSのキャンペーンに参加。
当局は、女性がリーダー格として再度来日する可能性があるとみて警戒していた。
法務省はこれまでも、太地町で違法行為や悪質な嫌がらせを繰り返すSSの活動家らを入国拒否にしている。

一方、国際手配されているSS創設者のポール・ワトソン容疑者はSSの公式ページで「9月1日に太地町の恥が再び繰り返される」と、太地町でのイルカ漁への妨害活動を“予告”。
今後も日本へ活動家を送り込むとみられる。

捕鯨問題では9月中旬にブラジルで国際捕鯨委員会(IWC)総会が開催予定で、日本は商業捕鯨の一部再開を求める方針。
SSは2年後に東京五輪が開催される日本に世界的な注目が集まっていることから、日本をターゲットにした批判キャンペーンを強化し、勢力拡大を図っている。

産経WEST 2018.9.1 06:40
http://www.sankei.com/west/news/180901/wst1809010011-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1535759597
続きを読む

【和歌山】高速バス、迂回路間違え山道へ、崖っぷち1キロ恐怖の夜 車体をガードレールにこすりミラーを破損しながら走行…西日本JRバス

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2018/08/28(火) 19:24:51.97 ID:CAP_USER9.net

高速バス、迂回路間違え山道へ 崖っぷち1キロ恐怖の夜
8/28(火) 18:42配信

和歌山と大阪を結ぶ西日本ジェイアールバス(大阪市)運行の高速バスが26日夜、
渋滞を迂回(うかい)するため和歌山県内で高速道路を降りたところ、
道を間違えて狭い山道に入り込み、立ち往生していたことがわかった。
乗客38人は同社が手配したタクシーなどで運んだ。けが人はなかった。

同社によると、同県白浜町を午後6時過ぎに出て、午後10時ごろ大阪駅JR高速バスターミナル到着予定の高速バス。
阪和自動車道を走行中の26日午後7時50分ごろ、バスの50代の運転手から
「渋滞しているので、迂回指示を」と同社の営業所に連絡があった。

指示を受け、バスは御坊南インターチェンジ(IC)を降りて迂回路の県道に入ったが、
運転手は途中で道を間違え山道へ。道幅は車が1台やっと通れるほどしかなく、道路脇は崖。
同社によると、バスは車体をガードレールや岩などにこすり、ミラーを破損しながら走行を続けたという。

結局、誤った道を約1キロ走行し、同県日高川町内で動けなくなった。

8/28(火) 18:42配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000069-asahi-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1535451891
続きを読む

【和歌山】「紀州のドン・ファン」のお墓を格安で建てた幼な妻 捜査の進展は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:樽悶 ★:2018/08/19(日) 01:31:38.48 ID:CAP_USER9.net

お墓は建てたけど墓穴は掘らない
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180818-00546952-shincho-000-1-view.jpg


「紀州のドン・ファン」怪死事件の捜査は、迷走を続けている。そんな中、「お墓なんて守らないもん」と言い放った悲劇の幼な妻(22)が、ようやく墓地を購入した。最後まで連れ添った伴侶としての務めを果すことにしたのか。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が、覚醒剤中毒で急死してから2カ月余り。

 野崎氏の会社関係者によれば、

「7月11日に、自宅で四十九日法要が執り行われました。出席者は、奥さんと従業員3人だけ。それが済むと、奥さんは田辺湾を見下す山の中腹にある墓地の2区画を買った。社長を愛犬イブと一緒に埋葬するためです。でも、1区画15万円で墓石と合わせて100万円もかかっていない。資産家と言われた社長のお墓にしては寂しい限りです」

 現在、幼な妻はお墓の購入と同時に、相続の準備を弁護士に進めさせているという。

「そのため、会社は酒類販売部門を7月いっぱいで閉めることになりました。社長の株を相続する奥さんが会社を続けるつもりがないからです。従業員6人のうち4人はクビ。不動産管理部門などは続けますが、相続しやすいように物件が売れて現金化した時点で、完全廃業になりそうです」(同)

新盆まで

 一方、幼な妻は会社に顔を出すわけではなく、ほぼ自宅に引き籠り状態。

 会社関係者が続ける。

「葬儀から四十九日までは、東京で弁護士と打ち合わせをする必要があったためか、和歌山と行ったり来たりしていました。でも、いまは弁護士が和歌山で遺産の査定をするようになったので、奥さんもずっとこっちにいる。ほぼ一日中スマホのゲームをしていて、外出はたまに大阪などへドライブに出掛けるくらいです」

 しかし、幼な妻は、“新盆が終わったら、東京に戻る”と宣言しているという。

「以前から周りの人たちに、“新盆の供養をするのは、妻として最低限の務め”と忠告されていました。だから、渋々残っているだけ。お墓が決まっても、社長は浮かばれませんよ」(同)

 そのうえ、和歌山県警の捜査にも進展が見られず、野崎氏の無念を晴らすには時間がかかりそうである。

 捜査関係者が明かす。

「7月半ばに、妻の出身地である札幌に捜査員が飛び、すすきののホストとの交友関係などを洗い出しました。さらに、野崎さんの複数の元愛人への事情聴取も行った。また、8月に入って早々に、家政婦からも再び話を聞きました。しかし、これと言った有力な情報は取れていない。捜査の網が広がっているのは、結局、容疑者が絞り込めていないからです。長期戦を覚悟しなければならないでしょうね」

 そこで、幼な妻に犯人に心当たりがないかと訊くと、

「まだ、事件と決まったわけではありませんので」

 墓穴を掘らない、当意即妙な受け答え。

 怪死ミステリーの謎は、ますます深まるばかりである。

8/18(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546952-shincho-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534609898
続きを読む

【事件の影にBBQ有り】校内合宿で飲酒しラグビー部員の頭を踏みつけ頭蓋骨骨折かもしれない大怪我を負わせた顧問が懲戒免職に・和歌山

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/08/02(木) 07:24:52.41 ID:CAP_USER9.net

飲酒し生徒暴行の教諭を懲戒免職

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20180801/2040000627.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

和歌山市にある県立高校のラグビー部で、顧問の男性教諭が酒を飲んだうえで
部員の生徒の頭を蹴るなどしてけがをさせた問題で、県教育委員会は
この教諭を1日づけで懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職となったのは県立星林高校のラグビー部顧問、庄田光一教諭(35)です。
県教育委員会によりますと、教諭は先月、ラグビー部の校内合宿でバーベキューをした際に、
500ミリリットルの缶ビール1本半ほど飲んだうえ、3年生の生徒の発言に腹を立て、
数メートル引きずり頭を踏みつけるなどしたということです。

生徒は全治3週間と診断され頭がい骨を折った可能性があり、
生徒側は警察に被害届を出したということです。

学校などの調査に対し教諭は
「生徒や保護者に大変申し訳なく思い、大いに反省している」
と話しているということです。
また、県教育委員会は、その場にいた副顧問の56歳の男性教諭についても
合宿に酒を持ち込んだうえ、生徒のケアなどを適切に行わなかったとして、
停職1か月の処分にしました。

県教育委員会学校人事課の松本泰幸課長は
「教育への信頼を損ない大変申し訳ない。体罰や飲酒をしないよう
改めて通知するなど、再発防止につとめたい」
としています。

08/01 16:59


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533162292
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ