広島

【泥棒国家】韓国産シャインマスカットが中華圏で人気 広島産の種を盗んで栽培し、より安価に販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Toy Soldiers ★:2019/12/13(金) 18:34:08.54 ID:68GiB6/s9.net

もう農水省は国民に土下座するしかない

 2019年12月10日、植物に国境はない。風に飛ばされ遠い異国に芽を出したとしても、それは己の力であって、人間かとやかくいうことでない。

 しかし、他国が開発に何十年も費やした種苗を、勝手に持っていって(一般社会ではそれを窃盗と言う)、栽培して利益を上げるというのは、もう犯罪だ。

 今、韓国産シャインマスカットが、中華圏で人気の果物になっている。

 シャインマスカットは、日本の広島地方において、30年もの時間をかけて交配され品種改良され研究されたブドウの品種だ。粒が大きく、きらきらと輝く姿が「シャイン」という名称にもつながっている。

 この種が、韓国や中国に極秘に持ち出され、栽培されているのだ。中国産は、栽培技術が不足していて、栽培する農家も少ない。日本産を仮に輸入するとしても価格が高い。

 そこで、人的に栽培技術すらも盗みやすい韓国人グループが日本に入り込んで、農業実習生などになり、種と一緒に盗み出したと言う次第だ。

 韓国産(日本からそのまま技術を盗んだのだから)は、品質も優れている。価格帯も日本産と中国産の中間水準ということで価格競争力が高いと評価されている。

 地続きで果物が手に入る。中華圏では運送費も安く韓国産を選ぶというわけだ。味も中国人には同じに感じるのだろう。

 「高級イメージ構築のためには、もっと品質管理に努力しなければならない。また、中華圏の名節を狙った先物市場攻略にも功を奏する」と、韓国農水産食品流通公社は見解した。

 残念ながら、日本固有の種であり果物との登録を、日本では行わなかったのだ。ズル賢い韓国が、自国発祥のシャインマスカットと言い出す日も近いだろう。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12137-6029/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576229648
続きを読む

【広島】インフル薬服用後転落か 中学生死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:どどん ★:2019/12/10(火) 23:04:23 ID:K9yw4AgI9.net

 10日午後1時50分ごろ、広島市内のマンションから「人が落ちた」と付近の住民から110番があった。広島県警や市消防局などによると、転落したのは中学の男子生徒で、
死亡が確認された。関係者によると、男子生徒はインフルエンザの薬を飲んだ後に転落したという。県警は事故とみて調べている。

 関係者によると、男子生徒は発熱があり、この日は学校を休んでいた。家族もいる自宅でインフルエンザの薬を飲んだ後、何らかの原因で転落したとみられる。

 現場は十数階建ての高層マンション。近くのアパートに住む50代の女性は「マンションの敷地に男性が倒れていた。救急車が来て担架で運ばれた」と話した。

 厚生労働省は、子どもがインフルエンザにかかると、治療薬の服用の有無や種類にかかわらず、興奮してベランダに出て飛び降りようとするなどの異常行動を起こす恐れが
あるとして、注意を呼び掛けている。

中国新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00010000-chugoku-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575986663
続きを読む

【広島】占い師の女が園児に暴行 傷害容疑で逮捕 ショッピングセンターの占いコーナーに母親と訪れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/08(日) 19:48:29 ID:MhNF7E1H9.net

客の5歳息子に傷害疑い 女占い師逮捕

広島西署は8日、客が連れていた5歳の息子を何度もたたきけがを負わせたとして、傷害の疑いで広島市佐伯区隅の浜2丁目、占い師前田静枝容疑者(62)を逮捕した。

逮捕容疑は11月28日午後5時すぎ、広島市西区草津新町2丁目の大型商業施設内で、同市内の男児(5)に馬乗りになり、顔を平手で繰り返したたいて約1週間の打撲を負わせた疑い。

署によると、前田容疑者は商業施設内で占いコーナーを担当していた。男児は母親に連れられて施設を訪れ、占いをしてもらった母と一緒に買い物をしていた最中に襲われたらしい。

目撃者の話などから、男児は買い物中にかんしゃくを起こして暴れていたらしく、署は前田容疑者が男児の振る舞いに腹を立てたとみて動機や経緯を調べている。

2019.12.8 17:22
https://www.sanspo.com/geino/news/20191208/tro19120817220002-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575802109
続きを読む

【広島】牛を襲うカラスに酪農家悲鳴。「群れを追い払えない。行政も助けてくれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:どどん ★:2019/12/06(金) 10:47:56.88 ID:jSDAc8hS9.net

 「カラスの群れを追い払えず困っている。うちの牛を傷つけることもあるんです」。広島県北部で酪農を営む40代男性から、こんな悲鳴が編集局に届いた。 
「行政も助けてくれない。もうお手上げです」。取材してみると、カラスに襲われて牛が死ぬケースもあるという。

 ▽広域で徹底防備が必要

 現場を訪ねてみて、ぎょっとした。牛舎裏の林の上空をカラスの群れが舞う。50羽くらいか。「これは少ない方。数百羽で空一面が真っ黒になる日もある」と男性が教えてくれた。

 数年前から昼時になると、方々から群れが集まるようになった。人のいない隙を狙い牛舎に侵入する。窓に釣り糸やネットを張って妨害してもどこからか忍び込み、
牛の餌や水をついばむのだという。

 カラスは肉も好む。牛のお産があると血の匂いを嗅ぎつけ、胎盤などを狙いに来る。生後間もない子牛が毛をむしられたり、親牛が背を突かれて出血したりしたこともあった。

 さらに被害がひどいという近くの農家で、物陰から牛舎の様子を見せてもらった。電線には「見張り役」とおぼしき数羽がいる。休憩時間に従業員が
立ち去った途端、10羽ほどが立て続けに入った。弱った牛の背に平気で飛び乗る。この牛舎では数年前、開腹手術をした直後の牛が患部を突かれ、約20センチの傷が全開。
縫合し直したが死んでしまったという。

 「珍しいことではない」と、農家向けの損害保険を扱う県農業共済組合(広島市東区)。カラス被害の相談は毎年、複数の畜産農家から寄せられる。牛が乳房の静脈を 
突かれて失血死したり、傷口から細菌が入って殺処分したりした事例もある。農家はレーザーポインターや爆音機で驚かせるなどして応戦するが「これが効く、
という話は聞いたことがない」そうだ。

 「非常に頭がいい鳥ですから」。東都大(千葉市)の杉田昭栄教授(67)=解剖学=は指摘する。カラスは他の鳥に比べて大脳の発達が著しく、体重に対する脳の割合は
犬よりも大きい。「人の顔や色彩、物の数などを識別し、それらの情報を少なくとも1年間は記憶する能力がある」

 それだけに鳥よけの仕掛けは、脅しと見破られるとすぐに効かなくなる。しかもカラスの行動範囲は半径4~5キロと広く、畜舎をはしごする群れもあるという。
杉田教授は「農家ごとに違う仕掛けを打つなど、広域な視点での対策が必要」と指摘する。

 とはいえ、農家だけで立ち向かうには限界がある。多くは高齢でしかも少人数で切り盛りしているし、少々の仕掛けでは太刀打ちできない。声を寄せてくれた男性も
たまりかねて地元の役場に駆除を頼んだ。が、返ってきた答えは「近くに民家があるため銃が使えない。自分で対策してもらうしかない」。この自治体には
カラス対策の費用を支援する制度もないという。

 これに対し、杉田教授は「畜舎をカラスから守ることは、地域全体のカラス対策にもつながる」と強調する。農作物が減る冬場は畜舎が貴重な餌場になり得る。
だからこそ畜舎を徹底防備すれば「兵糧攻め」になり、ゆくゆくは個体数減が見込め、他の農作物被害も減らせるとみる。「行政もそこに着眼し、畜産農家の指導や
支援に当たってほしい」

 北海道によると、道内のカラスによる牛関連の被害額は年1億5千万円超で、有害鳥獣として年4万~5万羽を駆除している。一方、広島県は畜産への被害額すら
まとめていない。駆除数も年1500~2千羽ほどだ。

 酪農大国までの被害はなくても、畜産農家を保護する視点は欠かせない。カラスは広く移動するのだから一つの自治体だけの問題でもなさそうだ。広域連携こそ
「わがまち」のカラス被害を減らす鍵なのだろう。

中国新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00010001-chugoku-soci
https://www.chugoku-np.co.jp/images/image_streamer.php?path=/pic/256/p1/594215_0_00.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575596876
続きを読む

【広島】自分で釣ったフグを調理して食べ中毒 入院していた70歳男性が死亡 県内で1983年以降2人目

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/06(金) 23:49:22 ID:qExQOIV79.net

 自分で釣ったフグを調理して食べた呉市の男性が死亡しました。

 呉市によりますと、今月1日、市内に住む70代の男性が自分で釣った「コモンフグ」を調理して食べた後、中毒症状が現れ医療機関に入院。6日未明、フグ中毒で死亡しました。

 呉市によりますと、フグの規制が全国で統一された1983年以降、県内のフグ中毒による死者は2人目だということです。

 呉市は「フグの調理には専門的な知識が必要で、素人調理は大変危険」と注意を呼びかけています。

12/6(金) 19:46
RCC中国放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00407000-rccv-l34
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggNVByCrrVqe0lahA4K0c4kQ---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20191206-00407000-rccv-000-thumb.jpg

関連スレ
【広島】自分で釣ってさばいたフグさし 70歳男性、食後10分で呼吸困難に…
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575428525/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575643762
続きを読む

【広島】牛を襲うカラスに酪農家悲鳴。「群れを追い払えない。行政も助けてくれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:どどん ★:2019/12/06(金) 10:47:56.88 ID:jSDAc8hS9.net

 「カラスの群れを追い払えず困っている。うちの牛を傷つけることもあるんです」。広島県北部で酪農を営む40代男性から、こんな悲鳴が編集局に届いた。 
「行政も助けてくれない。もうお手上げです」。取材してみると、カラスに襲われて牛が死ぬケースもあるという。

 ▽広域で徹底防備が必要

 現場を訪ねてみて、ぎょっとした。牛舎裏の林の上空をカラスの群れが舞う。50羽くらいか。「これは少ない方。数百羽で空一面が真っ黒になる日もある」と男性が教えてくれた。

 数年前から昼時になると、方々から群れが集まるようになった。人のいない隙を狙い牛舎に侵入する。窓に釣り糸やネットを張って妨害してもどこからか忍び込み、
牛の餌や水をついばむのだという。

 カラスは肉も好む。牛のお産があると血の匂いを嗅ぎつけ、胎盤などを狙いに来る。生後間もない子牛が毛をむしられたり、親牛が背を突かれて出血したりしたこともあった。

 さらに被害がひどいという近くの農家で、物陰から牛舎の様子を見せてもらった。電線には「見張り役」とおぼしき数羽がいる。休憩時間に従業員が
立ち去った途端、10羽ほどが立て続けに入った。弱った牛の背に平気で飛び乗る。この牛舎では数年前、開腹手術をした直後の牛が患部を突かれ、約20センチの傷が全開。
縫合し直したが死んでしまったという。

 「珍しいことではない」と、農家向けの損害保険を扱う県農業共済組合(広島市東区)。カラス被害の相談は毎年、複数の畜産農家から寄せられる。牛が乳房の静脈を 
突かれて失血死したり、傷口から細菌が入って殺処分したりした事例もある。農家はレーザーポインターや爆音機で驚かせるなどして応戦するが「これが効く、
という話は聞いたことがない」そうだ。

 「非常に頭がいい鳥ですから」。東都大(千葉市)の杉田昭栄教授(67)=解剖学=は指摘する。カラスは他の鳥に比べて大脳の発達が著しく、体重に対する脳の割合は
犬よりも大きい。「人の顔や色彩、物の数などを識別し、それらの情報を少なくとも1年間は記憶する能力がある」

 それだけに鳥よけの仕掛けは、脅しと見破られるとすぐに効かなくなる。しかもカラスの行動範囲は半径4~5キロと広く、畜舎をはしごする群れもあるという。
杉田教授は「農家ごとに違う仕掛けを打つなど、広域な視点での対策が必要」と指摘する。

 とはいえ、農家だけで立ち向かうには限界がある。多くは高齢でしかも少人数で切り盛りしているし、少々の仕掛けでは太刀打ちできない。声を寄せてくれた男性も
たまりかねて地元の役場に駆除を頼んだ。が、返ってきた答えは「近くに民家があるため銃が使えない。自分で対策してもらうしかない」。この自治体には
カラス対策の費用を支援する制度もないという。

 これに対し、杉田教授は「畜舎をカラスから守ることは、地域全体のカラス対策にもつながる」と強調する。農作物が減る冬場は畜舎が貴重な餌場になり得る。
だからこそ畜舎を徹底防備すれば「兵糧攻め」になり、ゆくゆくは個体数減が見込め、他の農作物被害も減らせるとみる。「行政もそこに着眼し、畜産農家の指導や
支援に当たってほしい」

 北海道によると、道内のカラスによる牛関連の被害額は年1億5千万円超で、有害鳥獣として年4万~5万羽を駆除している。一方、広島県は畜産への被害額すら
まとめていない。駆除数も年1500~2千羽ほどだ。

 酪農大国までの被害はなくても、畜産農家を保護する視点は欠かせない。カラスは広く移動するのだから一つの自治体だけの問題でもなさそうだ。広域連携こそ
「わがまち」のカラス被害を減らす鍵なのだろう。

中国新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00010001-chugoku-soci
https://www.chugoku-np.co.jp/images/image_streamer.php?path=/pic/256/p1/594215_0_00.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575596876
続きを読む

【広島】福山市がボーナス13年間過払い システムに誤り、5年分約2740万円 最大100万円の返納要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:孤高の旅人 ★:2019/12/05(Thu) 07:20:07 ID:CTktO0u79.net

福山市がボーナス13年間過払い システムに誤り、最大100万円の返納要求
12/4(水) 22:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010002-sanyo-l34


 広島県福山市は4日、一部の職員や市民病院の医師らに対するボーナス(期末・勤勉手当)の計算を誤り、過剰に支給していたと発表した。13年間続いていたとみられ、5年分約2740万円の返納を該当者に求める。

 市によると、支給額を算出するシステムに誤った計算式を組み込んでいた。物価が高い東京都、広島市に赴任した職員や、市民病院や保健所の医師らに支給する「地域手当」関連で、同手当が設けられた2006年から続いていたという。システムの更新作業中に判明した。

 過払いの総額は、支給明細が14年6月支給分より前は残されていないため不明という。返納を求めるのは債権が消滅していない同年12月~19年6月支給(ボーナス15回)の過払い分。該当者は211人(うち退職83人)で、返納額は約100~約44万円としている。

 枝広直幹市長は同日開会した12月定例市議会で「市民に深くおわびする。このようなミスが発生しないよう適正な事務処理に努めていく」と陳謝した。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575498007
続きを読む

【広島】自分で釣ってさばいたフグさし 70歳男性、食後10分で呼吸困難に…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/04(水) 12:02:05 ID:e0cAsaTD9.net

 広島県呉市は2日、自分で釣ったフグを自宅で調理して食べた市内の70歳代男性が食中毒を起こしたと発表した。

 男性は重症で入院しているといい、市は「フグ毒は猛毒で、個人で調理しないでほしい」と注意を呼びかけている。

 発表によると、男性は1日夕、フグを食べた約10分後に口の周囲のしびれや呼吸困難を発症。男性は刺し身にして食べたという。

2019年12月4日 11時45分
読売新聞オンライン
https://news.livedoor.com/article/detail/17475885/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575428525
続きを読む

「非武装の平和以外、ありえない」ローマ教皇の広島演説

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:どどん ★:2019/11/24(日) 19:59:27 ID:GQw3GEwM9.net

 核兵器の使用は犯罪
フランシスコ教皇は「戦争のために原子力を使用することは、犯罪以外の何ものでもありません。人類とその尊厳に反するだけではく私たちの地球の未来のあらゆる可能性に反します」と述べて、
核兵器の使用は犯罪にあたるとの考えを示しました。

そのうえで、「平和について話すだけで、何一つ行動しなかったと、次の世代の人々が私たちの失態を裁く裁判官として立ち上がるでしょう」と述べ、平和について語るだけでなく、核兵器の廃絶を
はじめとした具体的な行動を起こすべきだと訴えました。

そして、「戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか」と述べ、平和な国際社会を築くために武器を手放すよう呼びかけました。

真の平和は非武装の平和以外ない

また、フランシスコ教皇は「武力の論理に屈し、対話から遠ざかってしまえば、一層の犠牲者と廃虚を生み出すことがわかっていながら、武力が悪夢をもたらすことを忘れてしまうのです」と述べて、
国際社会は対話によって軍縮を進める必要があると訴えました。

そして、「紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を促すことができるでしょうか。真の平和とは、非武装の平和以外にありえません」として、
核兵器の廃絶を強く訴えました。

抜粋

全文はこちら NHKニュース 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191124/k10012189581000.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574593167
続きを読む

【教皇LIVE】ローマ教皇 広島 平和公園から核兵器廃絶訴えるスピーチ 24日19時

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:みつを ★:2019/11/24(日) 19:15:52.75 ID:iX5l1Oql9.net

【教皇LIVE】ローマ教皇 広島 平和公園から核兵器廃絶訴えるスピーチ 24日19時

2019/11/24
https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0001477.html
リンク先に動画あり


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574590552
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ