徳島

【徳島】「徳島の宝なのに…」 阿波おどり、今年も赤字 累積4億円超、赤字にならない仕組みを

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/08/21(月) 08:49:33.36 ID:CAP_USER9.net

 徳島市の阿波おどりは今年も延べ123万人が訪れるにぎわいを見せたが、膨らんだ累積赤字は4億3600万円。市民からは、徳島の貴重な観光資源の赤字解消を求める声が上がっている。

 阿波おどりは毎年8月12~15日に開催。市によると昨年度は約2億7800万円が収入で、うち約1割は市と県の補助金。利息の支払いに約425万円が使われ、約870万円の赤字だった。市観光協会が金融機関から借り入れて赤字を穴埋めしているが、返済できなくなった場合は市が補償することになっている。

 赤字が膨らんだ理由として、市は雨天時のチケット代の払い戻しや、観覧席の経年劣化による取り換え費用などを挙げている。

 学生ボランティアの活用やチケット販売業者の変更など改革を進めてきたが赤字解消には至っていない。観光協会幹部は「少しずつ借金をなくし、チケット代を安くしてもっと観光客を呼び込みたい」と話す。

 40年以上踊り続けている徳島市の武知洋一さん(74)は「阿波おどりは徳島の宝なのに、今の状態は恥ずかしい。行政が主導して赤字を累積しない仕組みにすべきだ」と訴えている。

配信2017.8.21 08:10
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170821/wst1708210019-n1.html

関連ニュース
阿波おどり「4億円超の大赤字」に地元の不満が噴出!8/1
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52364


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503272973
続きを読む

【徳島】阿波おどり「4億円超の大赤字」に地元の怒りが爆発!チケット販売差し止め騒動に発展

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/08/01(火) 11:23:00.43 ID:CAP_USER9.net

■開催まであとわずか、だが…

徳島の夏の風物詩である阿波おどりが、主催者である徳島新聞の杜撰な運営によって、実に4億3000万円にものぼる巨額の赤字を積み上げている
「週刊現代」6月3日号で、阿波おどりの運営に関する疑惑(「この夏、『阿波おどり』に中止の危機?徳島の地元財界は大騒ぎ!」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51853)が報じられて、およそ2ヵ月が過ぎた。
8月12日の開幕まで、残り2週間を切っているなか、なにか状況に変化はあったのだろうか。

近年、問題となっているのが、徳島新聞による阿波おどりの「チケット買い占め」である。まず、徳島新聞とともに阿波おどりの運営にかかわっている、徳島市観光協会幹部に解説してもらおう。

「徳島新聞は近年、人気席を中心に毎年2?3万枚のチケットを確保しています。そのため、一般発売が始まっても販売直後に売り切れてしまう状況です。
しかも、徳島新聞に流れた分は売り上げなどの詳細がわからないので、全てのチケットをオープンに販売する場合と比べて収益が低くなっているのが実情です」

さらに地元では、「徳島新聞が看板広告の集稿・制作を独占し、割高な手数料を取っている」「観光協会が資材を保管する倉庫を徳島新聞が『又貸し』する形になっている」といった指摘も出ている。

地元の市政関係者は、「『週刊現代』の報道以来、徳島は大騒ぎです。その後、フジテレビの『とくダネ!』でもこの問題が取り上げられたこともあり、阿波おどりの運営の実態が全国に知れ渡ることとなりました。
7月に入ってからは、関西のテレビ局なども取材に入っています」と話す。

■座席配分表を公開する

「週刊現代」に記事が掲載された直後、6月15日の徳島市議会では早速この問題が取り上げられた。すると驚くべきことに、徳島新聞は翌16日の紙面で「阿波おどり事業 累積赤字4億3000万円 演舞場改修など要因」という見出しで、赤字がさも初めて判明したかのように報じたのである。
しかし徳島新聞は、今年の阿波おどりも、運営体制を見直すことなく「例年通り」に実行しようとしている。

筆者は今回、今年8月12日から15日に開催予定の、阿波おどりの座席配分表の一部を入手した。オンラインでのチケット販売を担当する企業が取りまとめ、阿波おどり運営にかかわる関係者の一部で共有されている内部資料である。
阿波おどり本祭は、徳島市街中心部の街頭6カ所と、多目的ホール「あわぎんホール」の計7会場で行われる。特に観覧者の多い紺屋町や藍場浜など4つの桟敷演舞場のチケットは、総数10万枚ほどが用意されている。

屋内会場の「あわぎんホール」で行われるのは、技術レベルの高い「連(踊り子の団体)」のおどりを観覧できる「選抜大会」という枠。下記の座席表は、その某日程のものだ。

新=徳島新聞社、観=観光協会、大=大手旅行代理店。空欄の一部が一般販売席
http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/7/f/640m/img_7f662a1d5b05917bb06bcb0955de4b67103564.jpg


「新」と書かれているのが、徳島新聞が押さえている座席。800あまりのキャパシティのうち、実に半数近くの約400席が占められている。
屋外の演舞場を観覧するための桟敷席も、同様の事態になっている。徳島市役所にほど近いメイン会場の一つ、南内町演舞場(一部)を見てみよう。紫色になっているのが、徳島新聞の押さえた座席である。

中央の空白部は演舞が行われるスペース
http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/1/7/-/img_170eb3aa2b6bba5e6a4a532e5f2d8da487993.jpg


■たった2分で完売、苦情が殺到

徳島市議会で阿波おどりの運営改善を主張する岡孝治市議は、怒りを露わにする。

「全日程・全会場を合わせると、徳島新聞は桟敷席(街中の屋外観覧席)だけで2万席近く押さえています。
7月1日の朝10時にチケットの一般販売が開始されましたが、一般向けに割り当てられたチケットが極めて少なかったため、10時2分にはもう売り切れてしまった。おかげでその後、観光協会には苦情の電話が殺到しました」

※省略

委員会の開催を遅らせ、『チケットはもう売れてしまったので、今年も例年通りでお願いします』と言うつもりなのでしょう。これだけ全国に悪事が知れ渡っても、何事もなかったかのように進めようとしているのです」

※以下省略 全文はソース先で

現代ビジネス 2017.08.01
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52364


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501554180
続きを読む

【徳島】中学生のスカート内盗撮か 徳島市議を書類送検 調査活動の一環と弁明

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:trick ★:2017/07/04(火) 21:09:32.91 ID:CAP_USER9.net

中学生のスカート内盗撮か 徳島市議を書類送検|MBS 関西のニュース
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170704/00000068.shtml
更新:07/04 20:26

 徳島市の男性市議が今年5月、JR徳島駅前で女子中学生のスカートの中を盗撮した疑いで4日、書類送検されました。市議は先月開いた会見で「盗撮目的で撮影したものではない」と否定していました。

 迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されたのは、徳島市議の小林雄樹容疑者(39)です。警察によりますと、小林容疑者は今年5月、徳島駅前で制服姿の女子中学生2人のスカートの中をスマートフォンで撮影した疑いがもたれています。小林市議は先月開いた記者会見で「調査活動の一環で駅周辺の写真を撮っていた」と弁明していました。

 「徳島駅前をどうにぎわいにしてどのように改造していくのか、アイデア・イメージ図を作成しようと」(小林雄樹市議)
 Q.パンツまで写っていた?
 「はい。わざとどうこうしてるつもりは全くない」

 警察は小林市議のスマホに残っていた画像などから、わざとスカートの中を撮影したと判断したということです。書類送検を受けて小林市議は「検察の捜査に真摯に協力していく」とコメントしています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499170172
続きを読む

【UDON県】徳島と香川で取水制限開始 早明浦ダムで今年初

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:コモドドラゴン ★:2017/06/17(土) 10:39:51.46 ID:CAP_USER9.net

 四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は17日、四国の水がめ、早明浦ダム(高知県)の貯水率が少雨で低下していることを受け、第1次取水制限を徳島、香川両用水で開始した。取水制限は今年初めて。昨年は8月9日に開始している。

 整備局によると、17日午前0時の貯水率は平年値の85・4%を大幅に下回る62・0%。協議会は60%程度を目安に取水制限に入るとしていた。供給量の削減率は徳島用水で14・0%、香川用水で20・0%。

 ダム上流域は四国地方が梅雨入りした7日以降も降雨が少なく、貯水率が低下し続ければ削減率を拡大する第2次取水制限を検討する。

2017年6月17日 10時13分 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061701001160.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497663591
続きを読む

【徳島】70代女性の両胸触り下半身を露出…19歳少年を逮捕、60代女性にもわいせつ行為 阿南市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:のっぺらー ★:2017/05/10(水) 20:44:11.58 ID:CAP_USER9.net

徳島県警は10日、県迷惑行為防止条例違反と公然わいせつの疑いで、阿南市の会社員少年(19)を逮捕した。
容疑を認めている。

逮捕容疑は1月4日午後6時15分ごろ、同市の路上で70代女性の背後から両胸を触り、自分の下半身を露出したほか、
4月5日午後6時ごろ、同市の墓地で60代女性に声を掛け、ズボンの上から自分の股間を数回触る動作を見せた疑い。

いずれも女性たちは少年を叱って立ち去り、県警に相談していた。

以下ソース:サンケイスポーツ 2017.5.10 20:06
http://www.sanspo.com/geino/news/20170510/tro17051020060011-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494416651
続きを読む

【社会】土佐犬など大型犬7匹が逃走、近所の飼い犬2匹がかまれて死ぬ - 徳島

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99e1-u47I [104.199.227.129]):2017/03/04(土) 08:19:53.87 ID:CAP_USER9.net

3日午後1時頃、徳島県阿波市市場町大野島、野菜出荷用倉庫で
飼われていた大型犬7匹が逃げ出したのを、警備員が発見。

通報を受けた阿波吉野川署員や消防団員ら約120人が
周辺を捜索し、午後3時15分までに飼育されていたすべてを
捕獲した。けが人はなかったが、近所の飼い犬2匹がかまれて死んだ。

*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170304-OYT1T50003.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488583193
続きを読む

【徳島】「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定も…専門家から疑義で一転、文化財調査を中止

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ティータイム ★:2017/02/09(木) 16:21:37.32 ID:CAP_USER9.net

産経新聞 2/9(木) 14:38配信

昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、「国宝級」と鑑定された茶碗(ちゃわん)をめぐり、
所有者が住む徳島県の教育委員会が、文化財指定に向けた調査を計画しながら、一転して取りやめていたことが9日、分かった。
番組放送後、専門家から鑑定結果を疑問視する指摘が相次ぎ、所有者から調査中止の申し出があった。

「国宝級」と鑑定されていたのは、昨年12月20日放送の同番組に持ち込まれた茶碗。古美術鑑定家の中島誠之助さんが、
南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で制作され、完全な状態では3つしか現存しない「曜変天目(ようへんてんもく)」に間違いない-などとし、2500万円の鑑定額がついた。

茶碗の所有者は徳島県内でラーメン店を経営する男性で、曽祖父が買った古美術品の中に交ざっていたとされる。
徳島県教育委員会によると、同番組での鑑定を受け、茶碗を文化財に指定するための調査を計画。県文化財保護条例に基づき、男性に文化財指定の申請をする意向を確認した。

男性は当初協力的だったが、しばらくして男性から「諸般の事情で資料を外に出さないでもらいたい」「この件は今後ノーコメントにします」との申し出があり、調査実施は白紙となった。
鑑定された茶碗をめぐっては、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じ、鑑定結果を疑問視する専門家たちの意見も相次いでいた。

曜変天目は窯で焼いたときに偶然に近い形で青や藍の斑紋がつき、光の当て方や見る角度によって色が変わる。
曜変天目の再現に父の代から挑み続け、何度も中国に赴くなどして研究を続けてきた愛知県瀬戸市の陶芸家、九代目長江惣吉さん(54)は「番組の茶碗は国宝の曜変天目とは似ても似つかない」と語る。
本物の模様は破裂痕のようになるのが主な特徴だが、番組の茶碗の模様は絵の具を塗ったように見えると指摘。鑑定額についても、本物だとすればもっと高額になるとして「安すぎる」と首をかしげた。

曜変天目に詳しい美術館学芸員は「番組で紹介された茶碗は、本来のものと模様が異なる上、模様がつかないはずの部分にも模様があった」と話した。
欠損などのない完全な状態で現存する曜変天目は3つある。現在は藤田美術館(大阪市都島区)、静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)、大徳寺龍光院(京都市北区)に所蔵されており、いずれも国宝に指定されている。

県教委の担当者は「茶碗は個人の所有物なので、所有者の協力がなければ(調査で)専門家に見せることができない」と困惑。今後、所有者から再度申し出があれば調査を検討する。
テレビ東京広報部は取材に対し、「鑑定結果は番組独自の見解に基づくものです。また、番組の制作過程等については従前よりお答えしておりません」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000087-san-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486624897
続きを読む

【徳島】朝鮮半島で製造か? 「筒形銅器」出土、県内2例目…石井・山ノ神古墳

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニカワ ★:2017/02/01(水) 21:24:14.30 ID:CAP_USER9.net

徳島県石井町の山ノ神古墳で発掘された筒型銅器=徳島県石井町役場で、数野智史撮影
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/02/01/20170201oog00m010014000p/9.jpg

【写真説明】山ノ神古墳から出土した筒形銅器。県内では2例目
http://www.topics.or.jp/data/local_news/news/2017/02/b4ppgg88.jpg


 石井町教委は31日、4世紀後半に造られた山ノ神古墳(石井町石井)の発掘調査で、筒形銅器が見つかったと発表した。県内では2例目。筒形銅器は当時、朝鮮半島で製造されていたと考えられており、担当者は「有力な豪族が周辺を治め、他地域の豪族と交流していた可能性を示す貴重な史料」と話している。

 発掘された筒形銅器は長さ約11センチ、直径最大約3センチ。埴輪(はにわ)の破片などと古墳の裾野から出土した。木の棒の先に取り付け、祭事に使っていたと考えられている。県内の1例目は、人類学者の鳥居龍蔵が徳島市の古墳から出土したと1888年に報告している。

 発掘調査では、山ノ神古墳が全長約56メートルの前方後円墳と確認され、渋野丸山古墳(徳島市)、愛宕山古墳(板野町)に次いで、県内の前方後円墳で3番目に大きいことが判明した。最も高く土が盛られた場所に竪穴式の石室があるとみて、町教委は2017年度以降も調査を続ける方針。

 発掘現場の一般公開は5日午前10時から正午。町教委の担当者が解説する。【数野智史】

http://mainichi.jp/articles/20170201/ddl/k36/040/547000c

 石井町教委は31日、2014年度から進めていた気延山の「山ノ神(やまのかみ)古墳」(同町石井)の発掘調査で、県内2例目の筒形銅器が出土したと発表した。4世紀半ば以降、畿内で栄えた政権とのつながりがあった可能性を示す資料とみられる。古墳は全長約56メートル、最大幅約30メートル、高さ6・7メートルに達し、前方後円墳としては、県内3番目の規模であることも分かった。

 筒形銅器は円筒型で長さ11センチ、最大直径は2・7センチ。前方後円墳の築造後に加えられた円墳(直径14メートル)の周辺部から出土した。やりの底の部分に飾りとして付けたり、祭事で楽器のような役割を果たしたりしたと推測される。

 町文化財保護審議会の菅原康夫委員らによると、この筒形銅器は勢見山古墳(徳島市)を含めて、国内で約70個が出土しているものと同種。4世紀中期以降、奈良南部から河内地方にかけて成立した大和政権内部の新興勢力が、同盟や交流の証しに配った可能性が高いとされることから、気延山周辺には当時、阿波に勢力を誇った有力者がいたことを示している。

 古墳の築造時期は、前方後円墳が大代古墳(鳴門市)と同じ4世紀後半ごろ、円墳は4世紀末とした。県内で10基以上確認されている前方後円墳では、渋野丸山(徳島市)、愛宕山(板野町)の両古墳に次ぐ規模だった。

 一方、畿内中心に当時流行した円筒埴輪を飾ったり、古墳に段を築いたりした形跡が見られず、県内の前方後円墳では初のケースだった。町教委などは「石井町周辺の古墳群の多様性が見られるとともに、気延山周辺の有力者が独自性を誇示した可能性もあり、興味深い」としている。

 町教委は来年度以降、円墳に竪穴式石室などの埋葬施設がないか調査する方針。石井町教委は5日午前10時から現地説明会を開き、筒形銅器も展示する。

 山ノ神古墳 1978年、宅地造成工事で発見された。本格調査は行われておらず、町や県の史跡には未指定。町教委は保存活用のため、2014年度から古墳の一部で発掘調査を行い、これまで形象埴輪の破片や鉄鎌と鉄斧(てっぷ)が出土した。

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14859177245169.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485951854
続きを読む

【国宝級?】『曜変天目茶碗』の調査、徳島県が中止 所有者から「外部への資料提供を控える」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:新規スレッド作成依頼1066-093@チンしたモヤシ ★:2017/01/24(火) 01:53:43.41 ID:CAP_USER9.net

『曜変天目茶碗』の調査、徳島県が中止 所有者から「外部への資料提供を控える」

「開運!なんでも鑑定団」の番組内で「曜変天目」と鑑定された茶碗(テレビ東京の画面より) | テレビ東京の画面より
http://i.huffpost.com/gen/5003124/images/n-YOUHEN-large570.jpg

中島誠之助氏(「開運!なんでも鑑定団」公式サイト)
http://i.huffpost.com/gen/5003126/thumbs/r-NAKAJIMA-large570.jpg

The Huffington Post | 執筆者: 吉川慧
投稿日: 2017年01月23日 15時23分 JST 更新: 2017年01月23日 17時00分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/23/nandemo-kantei-dan-youhen-02_n_14328072.html

「国宝級」とテレビ番組で紹介された茶碗をめぐって、所有者が住む徳島県が文化財登録のための調査を予定していたが、1月23日までに調査を中止した。 所有者から「一切、外部への資料提供を控える」と連絡があったのが原因だという。
【これまでの経緯】「なんでも鑑定団」国宝級茶碗で真贋論争 テレ東に根拠を尋ねてみたら...
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/nandemo-kantei-dan-youhen-01_n_14074204.html
2016年12月20日放送のテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」で、出品された天目茶碗が世界に3点しかないとされる「曜変天目」だと鑑定された。これを受けて、徳島県では文化財登録のための調査を企画していたが、県教育文化財課の担当者はハフィントンポストの取材に対し「調査を進めることができなくなった」と明かした。
この茶碗は、徳島県徳島市の支那そば店経営の男性が同番組に鑑定を依頼。大工だった男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫の武家屋敷の工事を請け負った際に譲り受けたという。
番組での評価額は2500万円。古美術鑑定家の中島誠之助氏は以下のように語っていた。

「開運!なんでも鑑定団」始まって以来の発見。12世紀から13世紀、中国の南宋時代に福建省の建窯(けんよう)で焼かれた「曜変天目」に間違いございません。日本にもたらされた茶碗は数あるが、曜変はたった3点。その全てが国宝。これが出たことによって4点目が確認された。

鑑定結果を受けて、徳島県では茶碗の調査を進めようとしていたという。ハフィントンポストでは、茶碗の調査決定から中止の間の経緯について、徳島県教育文化財課の担当者に話を聞いた。
------
――徳島県の方で調査をする予定だったようですが、具体的にはどういう経緯だったのでしょうか。
「開運!なんでも鑑定団」の鑑定結果を受けて、県では所有者に連絡し、「県指定の文化財として登録を希望しますか?」と確認をしました。確認したところ、当初は所有者の方も登録を望む意向を示されました。条例では、県指定文化財として認定するには、所有者の方に登録申請をしてもらう形になっています。
――その後、県ではどのような対応をとったのでしょうか。
文化財としての申請には、申請前に予め調査を終わらせておく必要があります。そこで県のほうで茶碗の調査を進めることになりました。ただ、徳島県には専門家がいないため、外部から有識者を招へいする必要がありました。そこで県では、茶碗の所有者の方に実物を持参してもらい、写真を撮影。その写真を専門家に送り、「こういう茶碗がありますので、調査をしていただけないか」と依頼をしていました。
――なぜ、調査を進めることができなくなったのでしょうか。
「開運!なんでも鑑定団」の鑑定結果をめぐる波紋が広がったからか、所有者の方から「一切、外部への資料提供を控えさせていただきたい」との連絡があり、調査を進めることができなくなってしまいました。そのため県としては、専門家に見せる段階ではなくなりました。
個人所蔵ということもあり、県が強制的に調査することは…。ただ、県と所有者の関係性が悪化したわけではなく、あくまで「一旦保留」だと認識しています。もし今後調査をする機会があり本物だと立証されたら、徳島にとって良いニュースになると思います。
------
※ハフィントンポストでは、「開運!なんでも鑑定団」で鑑定された「曜変天目」とされる茶碗に関する情報や見解を募集しています。情報をお寄せいただける方は、news@huffingtonpost.jpまでお知らせ下さい。

関連記事
【曜変天目茶碗】なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」福建省の倣製品工房の描彩天目の二千円商品に類似
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485179461/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485190423
続きを読む

【社会】竜王近くでライフル銃暴発 「実包を込めて操作していたら…」徳島県

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ダース・シコリアン卿 ★:2017/01/22(日) 20:19:49.71 ID:CAP_USER9.net

21日午後7時45分ごろ、徳島市国府町竜王の徳島県営竜王西団地近くで、60代男性のライフル銃が暴発し、団地1階一室の窓ガラス2枚や物干しざおに穴を開けるなどした。住人のパート従業員の60代女性にけがはなかった。県警は銃刀法違反の疑いで男性から任意で事情を聴いている。

県警によると、女性宅の壁から見つかった銃弾の破片が、ライフル銃の弾とみられることが判明。周辺でライフル所持が許可された人物を探し、女性宅近くに住む男性に行き着いた。男性は「自宅で実包を込めて操作していたら、暴発してしまった」と話している。

女性は1人暮らし。当時、居間で食事をしており、「パスンという音がして窓ガラスに穴が開いている」と110番した。

竜王西団地の周囲は規制線が張られ、捜査員が女性宅周辺を調べ、付近の警戒に当たるなど、一時騒然とした。

隣の棟に住む80代の男性は「乾いた大きな音が1回聞こえた。こんなことは10年以上住んでいて初めてだ」と話した。

産経
http://www.sankei.com/west/news/170122/wst1701220057-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485083989
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ