徳島

【阿波踊り】徳島市の遠藤市長「総踊り中止で4億円節約」→全体で24億6千万円の損失か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/08/16(木) 06:53:24.73 ID:CAP_USER9.net

 お盆休みの白眉を飾る国民的なイベントといえば、四国・徳島市の阿波踊りであろう。今年の阿波踊りはしかし、そのメインイベントである「総踊り」の実施が取りやめの決定の後、強行実施されるなど混乱した。

 総踊り取りやめの決定は遠藤彰良市長によってなされたものだが、実質的な運営を担ってきた阿波おどり振興協会はこの決定に反発し、8月13日の夜に自主的な実施として総踊りを強行した。

 観光資源の活用という観点からは、その目玉である総踊りを取りやめようとした市長の判断には大きな疑問が残る。昨年、今年の有料観覧チケットの売上を比較すると、それは明らかとなる

~中略~
取るべき施策だったのは、残すべきサブブランドである藍場浜と紺屋町の演舞場の強化、メインブランド化だった。
具体的に提言すれば、夜10時からスタートする「総踊り」に出場する有名人気連には、
7時あるいは8時からこの2演舞場のどちらかの出場を義務づけるというやり方だ。
南内町のチケット販売率が100%だったということは、それ以上の潜在顧客がいたということだ。
藍場浜と紺屋町のサブブランド力を強めれば、総踊り会場のチケットを購入できなかった客の移行率が高まるはずだ。

さらにいえば、メイン会場である南内町のチケットを少し値上げすることにより、メインブランドとしての一層の格付けと増収を図ることができるだろう。
今回の混乱により、「阿波踊り」というブランドは毀損してしまった。入場チケット数が約10ポイント減ったという速報をもとに、
昨年までの123万人来場者が12.3万人減少してしまったと試算してみよう。宿泊や飲食を含めて一人2万円の消費が徳島市で発生していたとしたら、
その減少額は24億6000万円となる。

 破産申告された市観光協会の累積赤字額は4億円超だったが、
この赤字は累積であり、単年度のものではない。また阿波踊りの実施以外の事業による赤字、あるいは不明朗出費も取り沙汰されている。

遠藤市長は4億円超を節約しようとして約25億円を失った、という言い方もできようか。
徳島市としては、運営方法の改善に取り組む一方、阿波踊りの目玉である総踊りの実施・強化に力を入れることこそが、
観光による地域活性化の戦略にかなうだろう。
全文
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24425_3.html

関連スレ
【癒着・横暴の末路】阿波おどり15万人減 1974年以降最少の人出 問われる市長の責任
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534351372/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534370004
続きを読む

【阿波おどり混乱】徳島市長が中止を命じた「総踊り」場外で強行 市長「誠に遺憾」 協会理事長「これが庶民の声」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/08/14(火) 00:25:35.97 ID:CAP_USER9.net

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180813/20180813-OYT1I50034-L.jpg

12日に開幕した徳島市の阿波おどりで、今年は市主導の実行委員会が、毎晩最後に行う最大の見せ場「総踊り」をなくす予定だったことに対し、反発する一部の踊り手グループが13日夜、独自に総踊りを行った。実行委は総踊りの開催自粛を求めていたが、踊り手側が強行した形で、運営を巡る混乱が表面化した。

 阿波おどりは昨年まで市観光協会と徳島新聞社が主催していたが、ずさんな運営で4億円を超す累積赤字が表面化し、今年は市主導の実行委が初めて主催した。

 実行委は、収支改善を理由に総勢1800人の踊り手が1か所の有料演舞場で踊る「総踊り」を中止し、計4か所の有料演舞場に踊り手を振り分けることを決めたが、主要な踊り手グループでつくる「阿波おどり振興協会」(山田実理事長)が反発。協会は「楽しみにしているファンは多く、観客の要望に応えたい」として、13日夜、所属の全14グループ約1400人が、有料演舞場近くの歩行者天国の路上で約30分間、総踊りを行った。

 総踊り後、協会の山田理事長は「多くの観客の熱気を受け止められ、本当にやって良かった。これが庶民の声だと市長にわかってほしい」と話した。阿波おどりは15日まで続くが、14日以降は総踊りは行わないという。

 一方、総踊りの自粛を要請していた実行委員長の遠藤彰良・徳島市長は13日夜、「再三にわたり実施しないよう求めていたが、それを無視して行われたことは誠に遺憾。今後の対応については実行委で協議したい」とのコメントを出した。

2018年08月13日 23時40分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50055.html

■他ソース
中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行
https://www.asahi.com/articles/ASL8F3D6XL8FPTIL00P.html
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180813004096_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180813004091_comm.jpg

関連スレ
【おまつり】阿波おどり、徳島市長が中止を命じた「総踊り」を決行へ。「踊る阿呆は政治権力に屈しない」と協会理事長★6
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534169331/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534173935
続きを読む

【高き志】公務員医師が無断でアルバイト 324日で約3800万円稼ぐも懲戒免職に 「技術を高めたいという欲求に勝てなかった」・徳島県

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/08/02(木) 23:12:47.16 ID:CAP_USER9.net

バイト診療か 公務員医師を免職

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20180802/8020002607.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

自治体が運営する過疎地の病院に派遣された県職員の医師が、
別の民間病院でアルバイトで当直などを行うために合わせて40日以上
無断で欠勤していたなどとして懲戒免職処分になりました。
医師は3年余りにわたってアルバイトを続け、およそ3800万円の報酬を得ていたということです。

懲戒免職処分になったのは、県医療政策課の主任で
那賀町が運営する過疎地の病院に派遣されていた35歳の男性医師です。
県によりますと、医師は平成26年10月から今年2月にかけて、知事の許可を得ずに
勤務の時間外に徳島県と香川県の4つの民間病院で324日間、
外来や当直のアルバイトをしていたということです。

このうち去年4月から今年2月までの間は、大学病院で週1回研修を受けるとうそを言って
アルバイトをし、職務にあたる研修をあわせて42日間欠勤していたということです。

県は2日付けで医師を懲戒免職処分にしました。
県によりますと、医師はアルバイトをしていた3年余りの間で
およそ3800万円の報酬を得ていたということです。

県に対し医師は
「違反だとわかっていたが、技術を高めたいという欲求に勝てなかった」
などと話しているということです。

県保健福祉部の三好誠治副部長は
「県民の信頼を損ない申し訳ない。研修を行うなど再発防止を徹底したい」
などと述べ、謝罪しました。

08/02 18:58


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533219167
続きを読む

【癒着・横暴 徳島の闇】内紛で見せ場が中止に 400年の伝統「阿波踊り」を中止に追い込む阿呆ども

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ミントソーダ ★:2018/07/31(火) 14:34:50.04 ID:CAP_USER9.net

デイリー新潮-2018/07/29(週刊新潮 2018年7月26日号掲載)
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07300557/

 夏の風物詩であり、全国至るところで開催される阿波踊り。本場である徳島市の阿波踊りがピンチだ。主催者たちの内紛で最大の見せ場が中止。400年の伝統を終焉に追い込むかのような阿呆どもは誰だ。

 毎年、徳島市の阿波踊りは、8月12日から15日に掛けて開催される。なかでも、連日約2千人の踊り子が一斉に踊る南内町の「総踊り」は、最大の見どころ。ところが、今年はこの総踊りが中止となった。

地元記者の話。

「昨年までは、徳島市観光協会と地元紙の徳島新聞の2者で共催していたのですが、4億円超の累積赤字がありました。その赤字を巡って内紛が起きたのです。観光協会側は、赤字体質を改善しようとしていたのですが、一方の徳島新聞側は面白くなかったのでしょう」

 その訳を近藤宏章・元徳島市観光協会会長が話す。

「長年、桟敷作りや看板作りなどはすべて徳島新聞の関連企業が請け負っていて、その支払いを観光協会が行っていました。それを公明正大にしましょうと私が提案したことで徳島新聞は、自分たちの利益が減ると考えたのでしょう」

“連”も分裂

 改革の動きを阻止せんと動いたとされるのが、当時徳島市長に就任して半年ほどの遠藤彰良市長だった。一昨年、近藤会長に辞任を迫って来たという。

「市長は、徳島新聞系列の四国放送の元アナウンサーで、徳島新聞社長と非常に親しい。阿波踊りに関する権利をすべて握りたいとする徳島新聞の要望を忖度し、私のところへ来たのだと思います」(近藤氏)

 これにより、両者の対立は激化。昨年、近藤氏が公務員職権乱用罪と強要罪で告発すると、対する市は観光協会の破産手続きの開始を徳島地裁に申請、遠藤市長を委員長とする阿波おどり実行委員会も新たに立ち上げた。

「踊り子団体の“連”も分裂しました。多数の連をまとめる阿波おどり振興協会は観光協会支持に回り、一時は市と観光協会それぞれで開催するとまで言われていたのです」(前出の記者)

 だが、今年5月に高松高裁が観光協会の抗告を棄却し、事実上の解散が確定。

「観光協会側に付いた振興協会は、阿波踊り名物とされる、南内町演舞場の総踊りを実施してきました。実行委員会は、4カ所ある演舞場に均等に連を出してチケットの売り上げアップを狙うという理由で、阿波踊りの象徴でもある総踊りの中止を決定したのです。実際は、振興協会の締め出しとしか思えません」(同)

遠藤市長は、

「徳島新聞に忖度をしたことなど誓ってございません。観光協会は徳島新聞を外し、広告代理店と組もうとしました。徳島新聞を追い出したら、税金で赤字を埋めなければならなくなる。だから、観光協会会長に職を辞めて頂くようお願いしたまで。振興協会を総踊りから締め出したわけでもありません。実行委員会が決めたことを気に入らないと向うがボイコットしただけです」

 内紛によるイメージダウンと、総踊りがなくなったことが影響しているのだろうか、例年に比べてチケットの売り上げが伸び悩んでいるとされる。このまま、総踊りをなくしたら……。


関連ソース:7/30 19:12 四国放送
http://www.news24.jp/nnn/news8675054.html
阿波おどり実行委員会が開かれ、今年から徳島市秋田町に新たに設置される阿波おどりロードについての計画案などが了承されました。
30日の阿波おどり実行委員会には徳島市の遠藤市長など委員8人が参加しました。
会議では事務局である市が今年から秋田町に新たに設置される阿波おどりロードについての計画案や、にわか連などが踊りこむ元町演舞場の配置図を示し了承されました。
また有料演舞場や無料演舞場に踊りこむ連に対し、安全対策に万全を期すためとして連による踊りは実行委員会が設置した演舞場で実施するよう求める依頼文を送付することも決まりました。
演舞場以外での踊りは事故防止などに配慮するよう求めています。実行委員会によりますとチケットの販売率は7月27日の時点で46%で、去年の7月24日の時点の53%を下回っています。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533015290
続きを読む

【徳島】徳島文理大教授(65)を強制わいせつ容疑で逮捕 20代女性の下半身をズボンの上から触る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/07/26(木) 13:48:15.20 ID:CAP_USER9.net

徳島県警捜査1課と徳島板野署は26日、強制わいせつの疑いで、徳島文理大薬学部教授の瀬川正昭容疑者(65)=上板町西分=を逮捕した。

 逮捕容疑は、5月下旬に板野郡内で、県内在住の20代女性の下半身を、ズボンの上から触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

 署によると、女性は瀬川容疑者と面識がなかった。瀬川容疑者は「やったことに間違いない」と容疑を認めている。

 瀬川容疑者はNPO法人「山の薬剤師たち」(鳴門市)の理事長も務めている。

7月26日 11:50
徳島新聞
http://www.topics.or.jp/articles/-/78517


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1532580495
続きを読む

【徳島市長vs阿波踊り振興協会】徳島市が阿波踊り前夜祭の概要発表 振興協所属連は参加せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アルカリ性寝屋川市民 ★:2018/07/21(土) 18:11:00.40 ID:CAP_USER9.net

 徳島市の遠藤彰良市長は20日の定例会見で、阿波おどり振興協会の所属連が参加しない今年の選抜阿波踊り前夜祭(8月11日、アスティとくしま)の開催概要を発表した。

 三味線グループ「渦の会」のステージで幕を開け、前半には5月に振興協会を退会した有名連のうずき連とゑびす連が出演する。後半は徳島県阿波踊り協会の所属連の踊り子が登場し、総勢約600人の踊り子が乱舞を披露する。公演は午前11時、午後3時、午後7時の3回行われる。

 前夜祭を巡っては、主催団体「阿波おどり実行委員会」が、振興協会に出演を依頼しないことを決定。その後、市長は執行部が刷新されれば出演依頼を検討する考えを振興協会に伝えたが返答はなく、振興協会の前夜祭不参加が決まった。

 遠藤市長は「踊り子の皆さんが前夜祭に出たいという気持ちは感じる。振興協会として、その思いに応えるための努力をしてほしかった」と話した。



徳島新聞 7月21日9:03
http://www.topics.or.jp/articles/-/76368


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1532164260
続きを読む

【徳島】「日本一低い山」で山開き 200人が弁天山の登山楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:nita ★:2018/06/02(土) 14:28:19.60 ID:CAP_USER9.net

6/2(土) 14:15配信
徳島新聞

 上町の弁天山(6・1メートル)で1日、山開きがあり、約200人がわずか十数秒の登山を楽しんだ。

 麓であった式典では、方上保育所の園児12人が踊ったり、民謡グループ「渦の会」の13人が「弁天山音頭」を披露したりした。テープカットの後、参加者は鳥居をくぐって山頂を目指した。

 3回目の参加という鳴門市大麻町姫田の尾崎弘子さん(79)は「この山だからこそ登山を楽しめた」と笑顔で話した。

 山開きの前には、弁天山の「遭難者、行方不明者ゼロ」にあやかり、徳島中央署が交通事故ゼロを啓発。署員が方上保育所から園児と一緒に山まで歩き、途中で横断歩道の渡り方などを指導した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-03055428-tokushimav-l36


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527917299
続きを読む

【社会】徳島県徳島市の阿波踊りが破産

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ガーディス ★:2018/03/27(火) 20:19:34.09 ID:CAP_USER9.net

2018年3月27日 14時56分

 徳島市が、阿波おどりの運営で4億2400万円の累積赤字を抱える市観光協会の破産手続き開始を地裁に申し立てた問題で、協会は26日、市が金融機関の債権回収を待たずに、金融機関から債権譲渡を受け、協会の破産を申し立てたのは「破産申し立て権の濫用らんようにあたる」などとした追加の意見書を地裁に提出した。

協会が記者会見を開き、明らかにした。意見書によると、債権を譲り受けたのは「目的が債権の回収ではなく、破産の申し立てだったことが明らか」として権利の濫用を訴えた。

 一方、意見書では、協会とともに主催してきた徳島新聞社が「協会の債務を負担する法的義務を負わない」とする意見書を22日付で提出していたことも記されていた。

 協会が「赤字の原因は徳島新聞社にもある」として、債務の半分にあたる2億1800万円の負担を求める意見書を15日に提出していたが、これに反論したとみられる。

http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180327-OYT1T50072.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522149574
続きを読む

【徳島】猟犬襲撃、飼い犬用のえさで注意そらし妹救出 徳島市3女児重軽傷

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Witch hazel ★:2018/03/19(月) 17:21:01.22 ID:CAP_USER9.net

 18日午後3時半ごろ、徳島市上八万町の養蜂業の男性宅で、男性の小学生の娘3人が猟犬にかみつかれた。4年の次女(10)が両脚などに重傷を負い、6年の長女(12)と2年の三女(8)は軽傷。隣接する佐那河内村の山中でイノシシ猟をしていた阿南市加茂町、農業の男性(77)が連れていてはぐれた犬で、かみついた後に飼い主の男性の元へ戻り、確保された。

 徳島東署などによると、飼い主の男性は仲間5人と午後1時ごろに猟犬4匹を連れて山に入ったが、途中で2匹がいなくなった。2匹は女児の父親宅付近をうろつき、1匹が追い払おうとした長女の尻と三女の右脚をかんだ。

 姉妹3人は敷地内の倉庫に立てかけられたはしごを使い、2階部分に逃げようとしたが最後にはしごを上っていた次女が両脚をかまれた。長女は「痛い」という声で次女が襲われていることに気付いて近くにあった飼い犬用のえさを投げ、犬が離れたすきに次女を助けた。次女は小松島市内の病院で治療を受けており、命に別条はない。

 かみついたのは雑種の中型犬。女児の父親が追いかけると逃げ、飼い主の元へ戻った。一緒にはぐれていたもう1匹の犬は女児の父親が捕獲した。

 女児の父親は「すぐに引き離すことができたから良かったが、命にかかわる傷を負っていたかもしれない。猟犬はきちんと管理してほしい」と話した。

 署は、犬がはぐれた経緯などを確認し、飼い主の過失の有無も調べる。

http://www.topics.or.jp/sp/localNews/news/2018/03/2018_15213763084179.html

関連スレ
【徳島】民家の敷地で猟犬にかまれ小学生女児3人が重軽傷 徳島市
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521380060/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521447661
続きを読む

【徳島】子どもが段ボール着火か、アパート火災2人死亡 徳島市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:孤高の旅人 ★:2018/03/17(土) 14:32:08.13 ID:CAP_USER9.net

子どもが段ボール着火か、アパート火災2人死亡
2018年3月17日 14時14分
http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180317-OYT1T50042.html

 徳島市北矢三きたやそ町のアパートで15日、3人が死傷する火事があり、徳島県警が子どもの火遊びが原因とみて小学校低学年の男児2人から事情を聞いていることがわかった。

 近く児童相談所に通告する方針。
 火事は15日午後4時頃に発生。鉄骨2階建て約360平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかったほか、住人の70歳代女性が両手にやけどを負った。
 関係者によると、男児2人のうち1人が出火直後、帰宅して親に火を付けたことを打ち明けたという。アパートの階段付近に置いてあった段ボールなどに何らかの方法で着火したとみられ、県警が調べている。
 県警は、遺体はいずれもアパートの住人で、連絡が取れなくなっている30歳代と高齢の男性とみて身元確認を進めている。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521264728
続きを読む
スポンサー
記事検索
最新記事
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ