大分

【大分】下半身さらして女子高生に手招きする小太り中年男 物陰から現れる 捜査中/夜の日田市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/08/16(水) 13:04:21.67 ID:CAP_USER9.net

15日夜、大分県日田市で、歩いて帰宅中の女子高校生の前に、下半身をさらした中年の男が物陰から現れ、下半身を見せながら手招きする事件があった。

大分県警日田署で捜査中。男は40歳ぐらい。身長160センチ~170センチぐらい。小太り。

配信2017年08月16日 12時26分
西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/351272/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502856261
続きを読む

【陸上自衛隊】 自衛隊 福岡や大分で112人を救助

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:らむちゃん ★:2017/07/06(木) 22:06:28.14 ID:CAP_USER9.net

NHKNEWS7月6日 18時21分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046751000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

陸上自衛隊は、午後3時現在、1610人態勢で住民の救出活動などに当たり、これまでに112人を救助しました。

陸上自衛隊は、福岡県の東峰村で400人、朝倉市で200人、大分県日田市で220人が活動しています。また、ヘリコプター17機も出て、住宅などに取り残された住民の救助活動や被害状況の把握を進めていて、これまでに日田市で84人、朝倉市で28人を救助したということです。このほか、東峰村と日田市では給水支援の活動を行ったということです。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499346388
続きを読む

【福岡・大分】大雨 ネット上には救助求める声

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ひろし ★:2017/07/05(水) 22:14:34.17 ID:CAP_USER9.net

7月5日 21時48分

インターネットのツイッター上には、大雨で住宅地が冠水し建物に取り残されているとして、救助を求める書き込みも見られます。

このうち福岡県朝倉市山田の状況を撮影して投稿したと見られるツイッターでは、住宅地に茶色く濁った水が勢いよく流れ込み建物が冠水している様子とともに「工場の2階に7人が取り残されています。どうにか助けてもらえないでしょうか」と書き込まれています。

この書き込みにつけられた映像では、大量の流木が流れ込んで積み重なり、あちこちで水しぶきがあがるほど水の勢いが強いのがわかります。

このほか、ツイッター上では、大分県日田市大肥町で大人6人と赤ちゃんが孤立しているとして救助を求める書き込みも投稿されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011045021000.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499260474
続きを読む

【話題】20日の大分震度5強は「南海トラフ巨大地震」の前兆か !? データ&予言多数、2年以内にM9発生でオリンピックも中止!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニライカナイφ ★:2017/06/23(金) 17:31:19.01 ID:CAP_USER9.net

5月20日夜、九州・大分県と四国・愛媛県に挟まれた豊後(ぶんご)水道でM5.0、最大震度5弱の地震が発生した。
実は今月上旬に「ユメゴンドウ」というイルカ7頭が宮崎市の海岸に漂着した際、筆者はブログ上で地震の発生を予測していた。

http://tocana.jp/images/ymgnd_2.jpg


そして今、この地震が「さらなる巨大地震の前触れではないか?」といった声が巷で上がり始めている。
というのも、災害の夢が現実になる主婦ことスズ氏と、日本を代表する世見(予言)者の松原照子氏が揃って、「九州あるいは日本でM9の地震が起きる」と指摘しているのだ。
豊後水道の地震が、M9クラスの巨大地震に結びつくかどうか検討してみたい。

■幻のイルカ漂着は地震前兆だった!?

前述の通り今月10日、宮崎市の赤江浜に「ユメゴンドウ」という小型のクジラが7頭漂着した。
日本では稀にしか見られない“幻のイルカ”であるためユメゴンドウと名づけられた。

このニュースを知った筆者は、日向灘付近で地震が起きる可能性についてブログ「探求三昧」で指摘した。
すると、現実に6月12日にM2.7、16日にM4.5の地震が、それぞれ日向灘で発生したのだ。

http://tocana.jp/images/ymgnd.jpg


さらに筆者は、これらの地震の規模が予想外に小さいため、より大きな地震が起きるかもしれないとブログ上で警告していたところ、20日にM5.0の地震が起きてしまった。

https://youtu.be/Eb0KMIutkmI

通常、ユメゴンドウの漂着に伴ってこれだけの地震が起きれば、もう後続はないだろうと判断してもおかしくはない。
だが、以下に紹介していくように、まだ恐怖は続くかもしれないさまざまな理由があるのだ。

http://tocana.jp/images/ymgnd_3.jpg


【「南海トラフ巨大地震」が続いた実例多数】

豊後水道で中規模以上の地震が発生することは、極めて珍しい。
どのくらい稀かというと、M5クラスの地震が起きたのは2001年4月以来、実に16年ぶりのことだった。
では、豊後水道付近で起きた地震が、巷で囁かれているように南海トラフ地震とシンクロすることが本当にあり得るのだろうか?
実は、そのことを安易に否定できない経緯がある。

1946年8月20日、豊後水道でM5.9の地震が発生した。
すると、その4カ月後となる同年12月21日、昭和南海地震(M8.0)が発生した。
また、1854年12月23日に安政東海地震(M8.4)、同24日に安政南海地震(M8.4)が連続発生した際には、その2日後となる26日に豊後水道付近を震源とする豊予海峡地震(M7.4)が起きていた。
このように、豊後水道付近で大きな地震が起きる時には、それと連動するように南海トラフ地震が発生しているケースが見られるのだ。

【危険が近づいていることは予知夢でも……】

それだけではない。予言という観点からも、いま大分県周辺は要注意なのだ。
今年3月の記事でも紹介した東京在住の主婦、スズ氏は過去に地震をはじめとする数多くの災害の予知夢を見ており、それが現実の事態となってきた。
そのスズ氏が、5月26日に見た夢を自身の「災害の夢ブログ」に記しているのだが、「夢の中で九州の地図が広がり、大分県南西あたりに、M9と書かれており、九州全域と四国などにM7と書かれて」(災害の夢ブログ、2017年5月27日)いたという。

つまり、大分県南西部の内陸でM9、そして九州全域と四国が揺れるM7の地震が2回起きるというのだ。
さらに、起こる時期について「2年以内、何故かその様な気が致します」とも述べている。
M9.0の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生からまだ6年あまりだというのに、再びM9の巨大地震が日本を襲うとしたら、甚大な被害によって2020年の東京オリンピックどころではなくなってしまうだろう。

http://tocana.jp/2017/06/post_13610.html
http://tocana.jp/2017/06/post_13610_entry_2.html
http://tocana.jp/2017/06/post_13610_entry_3.html

※続きます

2 名前:ニライカナイφ ★:2017/06/23(金) 17:31:33.63 ID:CAP_USER9.net

※続きです

【日本を代表する予言者がM9以上の発生を示唆】

その東京オリンピックの開催が決定する前、「東京五輪は開催されるか?」と招致関係者に尋ねられ、思わず「ない」と答えてしまったのが、世見者の松原照子氏だ。
その松原氏が18日の「気掛かりな世界の気象」と題した最新のブログ記事で、恐ろしい予言を記している。

なんと「M9.0以上の地震が起きるとも思っているのです」(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2017年6月18日)としたうえで、それが起こるのが「チリ、スマトラ、オホーツク海、日本」(同上)のいずれかであると明記しているのだ。
九州や大分県とまでは絞り込んでいないが、日本でM9クラスの巨大地震が起こる可能性を示唆している点で、スズ氏と重なる部分があるのが不気味なところだ。

【日本古来の神々、大学教授も危険を訴える】

それだけではない。今年、九州の3つの神社で年頭に実施された神事・粥占(かゆうら)において「地震に注意」と出たという事実は、過去の記事でも紹介した。
そして、大分県の豊後大野市では1カ月ほど前から謎の地割れが続いている。
筆者は、『アサヒ芸能』(6/29号)でこの地割れの件で取材を受け、「粥占の結果が懸念される」というコメントを提供したところだ。

また、大分県といえば巨大な断層帯である中央構造線が通っているが、同記事では武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏が400年前の慶長地震のケースを取り上げ、中央構造線が動く可能性についても指摘している。
当時は、別府、伏見、伊予と3つの巨大地震が続いたのだ。

やはり九州地方、特に大分県を含む九州北部は、何重の意味でも最大の要注意エリアだといえるだろう。
今回の豊後水道の地震が、巨大地震の前兆であるとすれば、今後もさまざまな前兆現象が起きるはずであり、しばらくは九州周辺の異変に細心の注意を払う必要がある。

※以上です


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498206679
続きを読む

【大分】13歳の少年帰らず、行方不明 豊後大野市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2017/06/22(木) 10:47:40.19 ID:CAP_USER9.net

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/337319/
13歳の少年帰らず 大分県豊後大野市
2017年06月22日 10時02分

 大分県警臼杵津久見署によると、21日午後2時ごろから、大分県豊後大野市に住む少年(13)が帰宅せず、行方不明となっている。同署によると、少年は身長160センチぐらい。丸刈り。白色のスニーカーをはいていたという。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498096060
続きを読む

【地震】大分県で震度5強

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ひろし ★:2017/06/20(火) 23:33:57.56 ID:CAP_USER9.net

20日午後11時27分ごろ地震がありました。現在、震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。震度5強が大分県南部。震度4が熊本県阿蘇地方、大分県中部、大分県西部、宮崎県北部平野部。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024421000.html?utm_int=news_contents_news-genre-new_001


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497969237
続きを読む

【大分】宇佐神宮「歴史、宗教的にそぐわない」…宇佐市が行っている「勅使街道」整備事業について異例の要望書を提出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2017/06/15(木) 20:07:48.96 ID:CAP_USER9.net

宇佐神宮「歴史、宗教的にそぐわない」 「勅使街道」整備事業で異例の要望書 [大分県]
2017年06月15日 06時00分

宇佐神宮への天皇からの勅使が通ったといわれる宇佐市の通称「勅使街道」周辺で市が行っている
景観整備事業を巡り、街道の路面上に施す意匠について宇佐神宮側が4月下旬、
「神宮の歴史や宗教的空間にそぐわない」として善処を求める異例の要望書を市側に提出していたことが分かった。
14日の市議会6月定例会で質問した高橋宜宏市議に、是永修治市長は
「図案については、神宮などと協議し納得してもらえるデザインにしたい」と答えた。

市によると、「宇佐神宮周辺街なみ環境整備事業」で、2013年度から19年度まで総額17億円をかけ、
勅使街道とその周辺約37ヘクタールを再整備する計画。具体的には、街道の無電柱化や美装化をはじめ
観光交流施設建設や、すでに完成している小山田記念公園の新設などがある。

神宮側が問題視しているのは2点。勅使街道の路面上に施す予定の幾何学模様の図案と、
小山田記念公園(3500平方メートル)内に設置されたあずまやの形状や彩色に関してだ。

神宮側は、幾何学模様が交互に連続する街道の美装化計画を
「近代的な意匠で、歴史街道としての風情やたたずまいを残していない」と指摘。
「拙速な決定を避け、より伝統的な意匠、デザインによる美装化」を求めている。
昨年、街道北側で発掘された江戸中期から後期に敷かれたと思われる石畳を
意匠の根拠としたデザインにしてほしい、とも述べている。

また小山田記念公園については、神宮と歴史的に深いつながりを持つ小山田家が市側に寄付した
土地を元に整備された。神宮によると、公園内に設置された現代的な様式のあずまやに対し、
小山田家側が再三、色彩変更や和風建築への変更を市側に求めていたという。
小山田家側の意向も受け、公園内の土地の一部を市に無償貸与している神宮は
「工事は完了しており、変更は困難かもしれないが、誠意ある対応をお願いしたい」としている。

今回の異例の要望書提出について神宮側は「市と無用な争いを起こそうとは思っていない」と断った上で、
「今後の市の対応を見守らせていただきたい」と話している。

西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/335659/
宇佐市が予定していた「勅使街道」の美装化イメージ当初案
https://www.nishinippon.co.jp/import/oita/20170615/201706150001_000.jpg

配色や形状が周囲の景観にそぐわないとの指摘もある小山田記念公園に建てられた東屋
https://www.nishinippon.co.jp/import/oita/20170615/201706150001_001.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497524868
続きを読む

【大分】不発弾? 神社で発見も住民「知ってた」 30年超放置か 杵築市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:のっぺらー ★:2017/05/25(木) 10:15:28.48 ID:CAP_USER9.net

24日午後0時45分ごろ、大分県杵築市山香町野原の八旗八幡神社の敷地内で、
不発弾のような物が見つかったと陸上自衛隊別府駐屯地から通報を受けた杵築日出署が確認した。
ただ、近隣住民は存在を以前から知っており、30年以上放置されていたとみられる。

同署によると、不発弾のような物は全長約45センチ、直径約15センチの先のとがった円筒状の砲弾。
自衛隊が不発弾かどうかなどの確認をしている。
神社を含めた直径70メートルの立ち入りを禁止している。

市によると、住民の話では、不発弾様のものは約30年前、
みこしを保存していた倉庫の改修のため、倉庫の中身を全て外に出した際に倉庫の中から見つかった。
しかし、その後も外に置いたまま手を付けずに放置していたという。
今月22日になり、住民男性が「元々あるものだが、危ないものではないのか」と市に相談し発覚した。

立ち入り禁止区域付近には3世帯8人が住んでいるが、「今さら動く必要はない」と避難していないという。

写真:大分県杵築市の八幡神社で見つかった不発弾のような物
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/25/20170525k0000e040227000p/9.jpg


以下ソース:毎日新聞 2017年5月25日 09時44分
http://mainichi.jp/articles/20170525/k00/00e/040/231000c


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495674928
続きを読む

【大分】76歳女性「ブレーキをかけたが車が止まらなかった」、病院に車突入を視聴者が撮影(動画ニュース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シャチ ★:2017/05/05(金) 00:14:36.60 ID:CAP_USER9.net

TBS系(JNN) 5/3(水) 12:40配信 リンク先に動画
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170503-00000031-jnn-soci
 2日、大分市の総合病院に軽乗用車が突っ込み男女13人がけがをした事故で、
運転していた高齢女性が「突入後にブレーキをかけたが、止まらなかった」と話していることが、
捜査関係者への取材でわかりました。

 2日午前10時40分頃、大分市の大分中村病院の待合室に76歳の女性が運転する軽乗用車が突っ込み、
男女13人がけがをしました。発生直後の映像には、騒然とする待合室の様子が見てとれます。

 捜査関係者によりますと、運転していた女性は突入した後、ブレーキをかけたが車が
止まらなかったと話しているということです。現在、女性は入院していて、警察は回復を
待って実況見分を行い、事故の詳しい経緯を調べる方針です。(03日11:40)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493910876
続きを読む

【大分】76歳女性「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述 病院に軽乗用車が突っ込み13人が重軽傷の事故で

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シャチ ★:2017/05/02(火) 21:06:58.61 ID:CAP_USER9.net

TBS系(JNN) 5/2(火) 18:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170502-00000085-jnn-soci
 大分市にある病院に軽乗用車が突っ込み、男女13人がけがをしました。車を運転していたのは76歳の女性で、
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。

 2日午前10時40分ごろ、大分県庁の東側にある大分中村病院で軽乗用車がガラスドアを突き破り、
待合室に突っ込みました。この事故で、女性2人が足やろっ骨を折り、合わせて男女13人がけがをして、
この病院で手当てを受けています。

 「地震かと思った。はじめ」(目撃者)
 「会計の前にいたら(車が)私の横にぶつっかてきた。倒れて頭を打った」(被害にあった人は)

 事故を起こす直前の車をタクシーのドライブレコーダーが捉えた映像です。車が路上に止まり、
女性が車から降りる様子が写っています。この後、女性が病院で受付し、車を移動させようとして事故が起きます。
車は病院の入り口付近にある身体障害者用の駐車場に止めようと前進。病院のガラスドアを突き破り、
待合室にいた患者やソファーにぶつかりながら、およそ20メートル進んだところで停止しました。

 「当時1階のロビーには100人から150人程度がいた。
普段と比べると連休前で外来患者さんは多かったと思います」(大分中村病院 浜田暁子事務長)

 警察の調べに対し、車を運転していた76歳の女性は、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しています。
警察は、過失運転傷害の疑いで事故のいきさつを詳しく捜査しています。(02日17:52)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493726818
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ