大分

【大分】宇佐神宮、大鳥居近くの公衆トイレ有料化で物議 参拝客から苦情が寄せられる事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/02/19(月) 10:25:37.31 ID:CAP_USER9.net

有料となった宇佐神宮表参道側のトイレ=大分県宇佐市で
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180218-00000079-mai-000-view.jpg


全国八幡神社の総本宮・宇佐神宮(大分県宇佐市)の表参道大鳥居近くにある公衆トイレを巡り、混乱が起きている。同神宮が境内の環境整備の資金を集めるため昨年12月23日からトイレを有料化し、参拝客から苦情が寄せられる事態に。参道脇で土産などを売る宇佐神宮仲見世会からも商売への影響を懸念する声が出始めた。

 トイレの料金は100円。男女トイレの入り口に日本語、英語、中国語、ハングルで「有料トイレ」と掲示され、その横に100円を入れる箱が設置されている。

 このトイレは2011年に改装されてきれいになり、利用者も多い。宇佐神宮は集めたお金について、トイレや池の清掃などの費用に充てると説明。上宮本殿前など他に3カ所のトイレがあるが、それらは今のところ有料化しない方針という。

 伊勢神宮(三重県)や出雲大社(島根県)によると、両神社には有料トイレはなく「公衆トイレであり参拝者に負担はかけられない」としている。

 宇佐神宮仲見世会の高橋宜宏会長は「神宮と仲見世は協力関係にあるが、トイレの有料化はやり過ぎだ」と話している。【大漉実知朗】

2/18(日) 22:45
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000079-mai-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519003537
続きを読む

【教育】漫画「りんごの色」で学ぶLGBT…大分県が学校配布へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:岩海苔ジョニー ★:2018/02/11(日) 11:45:28.54 ID:CAP_USER9.net

 LGBTなど性的少数者への理解を深めてもらおうと、大分県が啓発の漫画を作成した。

 中学校を舞台に、主人公の女子生徒が同性の友人からの告白をきっかけに、多様な性のあり方について考えるというストーリー。計3万部を発行し、県内の小・中学校や高校に配布する予定だ。

 タイトルは「りんごの色~LGBTを知っていますか?~」(A5判、54ページ)。主人公が友人の告白に戸惑いながらも、「リンゴの中にもいろんな色が入っている。みんな違う色でいいんだ」と考え、LGBTへの理解を徐々に深めていく姿を描いている。

 作成にあたり、県内で暮らす性的少数者3人の協力を得て、意見を取り入れた。作画は別府市在住の漫画家、平田京子さんが担当した。巻末にLGBTや性同一性障害などの用語解説を掲載しているほか、県内外の支援団体の活動内容なども紹介している。

 漫画は、県のホームページ内にある「こころちゃんの部屋」(http://www.pref.oita.jp/site/kokoro/)からも閲覧できる。

 県人権・同和対策課の清水りえ主査は「多くの人に手にとってもらい、性的少数者について正しく知るきっかけにしてほしい」と話している。(谷口京子)

http://yomiuri.co.jp/photo/20180211/20180211-OYT1I50001-1.jpg

http://yomiuri.co.jp/national/20180211-OYT1T50002.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518317128
続きを読む

【自転車は歩道を】前にいた小学生を避けようと車道に降りた【自転車は車道を】自転車の高校生男がバスと接触転倒怪我・大分

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2018/01/29(月) 12:53:05.12 ID:CAP_USER9.net

バスと接触 自転車の高校生けが

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5074801841.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

29日朝、大分市の市道で路線バスが道路の端を走っていた自転車と接触し、
自転車に乗っていた男子高校生が転倒して、軽いけがをしました。

29日午前7時半ごろ、大分市猪野の市道で大分バスが運行する路線バスが、
道路の端を走っていた自転車と接触しました。
この事故で、自転車に乗っていた16歳の男子高校生が転倒し、右膝を打って軽いけがをしました。
当時、バスには運転手を含めて10人余りが乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

警察によりますと、現場は片側一車線の直線道路で、高校生が車道脇の歩道を自転車で走っていた際、
前にいた小学生をよけようと車道に降りたところ、後ろから走ってきた路線バスの車体と
ハンドルがぶつかったということです。

警察は、運転手から話を聞くなどして当時の状況を詳しく調べています。

大分バスは「けがをした方には大変申し訳ない。周囲の状況に細心の注意を払うよう
運転手の指導を徹底し、再発防止に努めてまいります」
と話しています。

01/29 12:07


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517197985
続きを読む

【大分市の試算】大分-松山、海底トンネル新幹線「黒字も可能」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2018/01/29(月) 10:51:37.65 ID:CAP_USER9.net

http://yomiuri.co.jp/economy/20180129-OYT1T50016.html

 大分、愛媛の両県を結ぶ「豊予海峡ルート構想」の実現を目指す大分市は、新幹線用の海底トンネルを整備した場合の調査結果をまとめた。

 JR大分(大分市)―松山駅(松山市)間で1日往復32本の運行が可能で、最速約36分で結ぶことができるとし、1日当たり約6800人が利用すれば採算性が確保できると結論づけている。

 大分市は2016年度、トンネルと橋、鉄道と道路を組み合わせた計11パターンの概算事業費を試算し、新幹線(単線)を海底トンネルで通す場合が最も安い6800億円になると導き出した。この海底トンネル案が最も実現可能性が高いとして、今年度は専門業者に委託してルートやダイヤ、営業損益などを調査した。

 調査結果によると、単線のため、すれ違いや追い抜きに必要な中間駅を大分市佐賀関、愛媛県伊方町、同県大洲市付近に設けた場合、松山駅から大分駅に直行する下り列車の所要時間は約36分、上り列車は約43分となり、各駅停車は下りが約59分、上りが約53分と見積もった。この結果、1日往復32本の運行ができるとした。

 また、北海道新幹線や九州新幹線を参考に旅客運輸収入や経費などを計算したところ、1日当たり約6800人が利用すれば営業収益は年間141億円となるとした。大分市は16年度調査で1日当たりの利用者数を約1万8000人と推計しており、初年度から黒字になると見込んでいる。

 大分市企画課は「豊予海峡を新幹線でつなぐことは実現性があり、地域活性化に向けて大きな意義がある。国や四国側の自治体だけでなく、県内でも機運の醸成を図っていきたい」と話している。(江上純)

http://yomiuri.co.jp/photo/20180129/20180129-OYT1I50013-1.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517190697
続きを読む

【大分】「良いお正月を」 1人暮らしの高齢者につきたての餅をプレゼント 青少年赤十字らがボランティア

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シャチ ★:2017/12/25(月) 13:18:18.77 ID:CAP_USER9.net

年末に向けて日田市内でボランティアが活躍している。1人暮らしの高齢者を支えようと郊外や中心部で清掃活動やつきたての餅の配布に汗を流した。

つえ絆くらぶ 家の清掃を加勢
 中津江村、上津江町では「NPOつえ絆くらぶ」のメンバーら25人が高齢者宅12軒を訪問。窓拭きや玄関先の清掃に取り組んだ。
 5年前まで民宿をしていたという同村栃野の川村ヒロ子さん(80)方では、6部屋の窓拭きに当たった。川村さんは
「高い所に手が届かず、部屋も多くて大変。毎年、盆と正月前に絆くらぶの皆さんに手伝ってもらい、
本当にありがたい」と感謝した。「できる範囲のことはしてもらい、私たちはできない部分を少し手伝うことが大切。
これからも地域の暮らしを守っていきたい」と同くらぶの河井昌猛さん(44)。

青少年赤十字 正月用に餅作る
 市中心部では、昭和学園、日田林工両高校などの生徒でつくる「日田地区青少年赤十字」(松尾アイカ代表)が餅つきをした。
高齢者に気持ち良く正月を迎えてもらおうと実施しており、今年で37回目。
 約30人が咸宜公民館に集まり、約30キロのもち米をきねで力強くついた。つきたての餅を一つ一つ丸め、
あんこ餅やきな粉餅などを作って袋に分けた。
 その後、近くの高齢者宅を訪ね、「良いお正月を」と手渡した。昭和学園高2年の松尾代表は「頑張って笑顔を届けたい」と話した。

大分合同新聞
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/12/25/JD0056471160


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514175498
続きを読む

【大分合同・ミニ事件簿】迷い犬(ビーグル)、高速道路をトボトボ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/12/23(土) 07:24:02.69 ID:CAP_USER9.net

先日、「東九州自動車道の安心院インターチェンジ(IC)―大分農業文化公園IC間をうろつく犬がいる」と通行車両から県警高速道路交通警察隊に通報があった。

犬はすでに捕まえられ、同公園ICの料金所が預かっていた。隊員が駆け付けると、犬種はビーグル。「かわいそうに。迷ったのだろう」。首輪に記されていた連絡先に連絡すると、50代男性がすぐに引き取りに来た。

近くの山で猟をしていた際、はぐれたらしい。同隊のベテラン男性隊員は「連絡先があったのでスムーズに解決できた。なにはともあれ、事故にならず良かった」と胸をなで下ろした。

配信12/22(金) 15:41
ミニ事件簿
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00010000-mjikenbo-l44


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513981442
続きを読む

【大分】遠隔地から一括管理、JR無人駅計画に住民懸念「高齢者は機械の使い方が分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/12/03(日) 17:19:03.31 ID:CAP_USER9.net

http://yomiuri.co.jp/national/20171203-OYT1T50036.html

大分市内にある日豊線と豊肥線の計8駅の無人化計画について、JR九州は2日、市内で住民説明会を開き、概要を説明した。

 JR側は新システム導入により、サービスは維持できると強調。一方、住民からは安全性や利便性の低下を心配する意見が相次いだ。説明会は10日まで行われる。

 無人化するのは、日豊線の牧、高城、鶴崎、大在、坂ノ市の5駅と豊肥線の敷戸、大分大学前、中判田の3駅。JR九州は、すでに無人化されている日豊線の幸崎駅、豊肥線の滝尾駅を含む市内10駅を監視用カメラやインターホンを備えた新システム「スマートサポートステーション(SSS)」とし、運営を遠隔地から一括管理する方針だ。

 この日は、市内4か所で説明会が開かれた。このうち鶴崎市民行政センターには沿線の住民ら約80人が訪れ、説明を聞いた。JR側の担当者はSSSを導入している香椎線14駅(いずれも福岡県)や筑豊線11駅(同)の事例を挙げ、動画などで仕組みを紹介。駅が無人化されても、予約に応じて係員が現地に出向くため、乗降時の補助などが受けられるなどと説明した。

 しかし、住民にはサービスや安全性が低下することへの懸念が強く、質疑応答では、「高齢者は(発券機などの)機械の使い方がわからない」「駅で転落事故などが発生したら対応が遅れるのではないか」などの意見や質問が続出した。

 視覚障害を持ち、通院などで週に3~4回、鶴崎駅を利用するという同市の男性(58)は終了後、「目の不自由な人がホームから転落する事故も起きており、駅員がいるのといないのとでは安心感が違う。公共性の高い交通機関として、市民の意見にもっと耳を傾けてほしい」と訴えた。

 JR九州の仲義雄営業部担当部長は「住民の方々からいただいた意見を駅の運営に反映できるか検討したい」と述べた。(坂口尊洸)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512289143
続きを読む

【大分】小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報も届けず 県弁護士会が自治会長に勧告

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:紅あずま ★:2017/12/03(日) 09:10:05.28 ID:CAP_USER9.net

小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報届けず
朝日新聞:2017年12月3日06時48分
http://www.asahi.com/articles/ASKCT4F5SKCTTPJB00B.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171202002194_comm.jpg

自治会への加入を求める大分県弁護士会の勧告書のコピー
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171202002205_commL.jpg



 大分県北部の小さな集落が「村八分」騒動に揺れている。自治会がUターンした移住者の加入を拒んでいるなどとして、県弁護士会が「人権侵害」と勧告。これに住民が反発している。
地方への移住が盛んになる中、双方に歩み寄る姿勢が必要とUターン経験者は指摘する。

 県弁護士会の勧告などによると、兵庫県に住んでいた元公務員の男性(68)は2009年、母親の世話などのため、家族を残して計14戸が暮らす大分県北部の集落にUターン就農した。自治会には母親が入っていたが、11年に他界した。

 男性は13年3月、国から農家に出る補助金の配布方法などを巡り、自治会の役員らと対立。
自治会は翌4月、「男性は集落に住民票がない」として自治会から外すことを決め、市報の配布と行事の連絡をやめた。
男性は14年に住民票を移し、加入を申請したが、自治会は「必要な集落全員の賛同が得られなかった」として拒否した。

 男性の申し立てを受けて調査した県弁護士会は、地域に住所をもつ個人の自治会加入を正当な理由なしに拒むことを地方自治法が禁じていることから、「排除は明らかな人権侵害」と判断。
自治会長に対し、加入を認め、行事の連絡などをするよう今年11月1日付で是正勧告し、同月6日に開いた記者会見で「明らかな村八分」と批判した。

 一方、自治会側は「行事参加やごみ集積所の使用は拒否していない」と反論。
元会長(65)は、男性が加入拒否に絡んで自治会役員らを脅迫の疑いで刑事告訴したことを挙げ、「告訴は、地方自治法が定める加入を拒む条件の『正当な理由』にあたる」と訴える。
「そもそも『感情の問題』なのに」と話し、法律論を持ち出す県弁護士会にも不満を示す。
自治会は11月12日に会合を開いたが、加入についての結論は出なかった。「男性が入るなら、自分は抜ける」という声もあったという。

 男性は取材に対し、告訴理由を「地区は間違ったことをやったんだ、ということを知ってほしかった」と説明。
そのうえで、「この5年間、毎日孤独だった。勧告を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と話す。

■「互いの歩み寄りが…

残り:813文字/全文:1679文字
※公開部分はここまで
※無料登録して全文を読むことが出来ます


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512259805
続きを読む

【教育】女性教諭、給食当番のマスクを忘れた小1男児の口をセロハンテープで閉じる。大分県

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/11/18(土) 11:58:53.70 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00050040-yom-soci

大分県竹田市内の小学校に勤務する50歳代の女性教諭が今年2~3月、
担任していた当時1年の男子児童の口にセロハンテープを貼るなどの
不適切な指導を行っていたことが、同市教委への取材でわかった。

児童にけがはなかった。教諭は、こうした行為を保護者には伝えていたが、
学校には報告していなかった。

市教委によると、教諭は2月、給食当番でマスクを忘れた児童の口を、
幅約5センチのセロハンテープを貼って閉じさせた。また3月上旬には、
卒業式の練習で、いすに座った児童が脚を広げるのをやめなかったため、
太もも付近をタオルで縛った。

市教委は今後、教諭の処分を検討する。安東大暁・学校教育課長は
「モラルに欠ける指導で、児童や保護者に大変申し訳ない。再発防止に努めたい」
と話している。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510973933
続きを読む

【大分】「村八分」で弁護士会が是正勧告も  自治会長「集落内で男性が住民とさまざまなトラブルを起こしていた。」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/10(金) 09:30:01.07 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00010006-nishinpc-soci
 大分県弁護士会は、同県北部の山間部の集落で母親の介護のためUターンした男性(68)が自治区への加入を認められず、行政広報誌の配布や行事の連絡も拒絶されるなど「村八分」のような扱いをされているとして、集落自治区に是正を勧告した。同会は「農村に残る明らかな村八分。男性に法的落ち度はなく人権侵害に当たる」としている。

 勧告書などによると、男性は2009年6月に兵庫県から出身地の集落(男性を含め14世帯)に戻った。介護していた母親は11年12月に死去。男性は営農を始めたが、農地や水路整備のために国から交付される補助金の分配に疑問を抱いて市役所に問い合わせるなどし、集落内で13年3月ごろからトラブルになった。

 自治区は同年4月に会合を開き、当時男性の住民票が兵庫県のままだったため「住民票がない」との理由で加入を認めず、広報誌の配布と行事連絡をしないことを決めた。男性は14年12月に住民票を兵庫県から移したが、自治区側は「全員の賛同が得られない」として加入を拒み続けている。

 男性は13年9月に弁護士会に人権救済を申し立て。弁護士会が文書で照会するなどしたが、自治区側が姿勢を変えなかったため1日付で是正勧告したという。

 男性の加入を認めなかった自治区の当時の区長(65)は「弁護士会には現地調査をお願いしたが来てくれなかった。集落内で男性が住民とさまざまなトラブルを起こしていたという事情も知ってもらいたかった。彼にも集落の和というものを分かってほしい」と説明。勧告には「法律に抵触するのなら男性の加入を認めないといけないが、他の住民が自治区を離れる可能性もある」と心配する。

 弁護士会は勧告を公表した理由について「近年、農村部への移住が増えており、同様のケースが起きないよう啓発の意味も込めた」としている。

 男性は「名誉を傷つけられ、孤独だった。陰湿ないじめが人権侵害と公に認められうれしい」と話し、自治区側は異議申し立てはしない方針で、今月中旬にも対応を協議するという。

 稲垣浩・国学院大准教授(地方自治論)の話 出身地とはいえ都市生活に慣れた移住者と、昔ながらのおきてが残る農山村住民との感覚のギャップに起因している。自治体は移住するまでは面倒見が良いが、それからは知らぬ顔というパターンも多い。Uターン者のトラブルも全国で多くなっている。行政は両者の溝を埋めるようなアフターケアこそ重要だ。

=2017/11/09付 西日本新聞朝刊=

関連スレ
【大分県弁護士会】「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告★5
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510031314/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510273801
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ