大分

【大分】遠隔地から一括管理、JR無人駅計画に住民懸念「高齢者は機械の使い方が分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/12/03(日) 17:19:03.31 ID:CAP_USER9.net

http://yomiuri.co.jp/national/20171203-OYT1T50036.html

大分市内にある日豊線と豊肥線の計8駅の無人化計画について、JR九州は2日、市内で住民説明会を開き、概要を説明した。

 JR側は新システム導入により、サービスは維持できると強調。一方、住民からは安全性や利便性の低下を心配する意見が相次いだ。説明会は10日まで行われる。

 無人化するのは、日豊線の牧、高城、鶴崎、大在、坂ノ市の5駅と豊肥線の敷戸、大分大学前、中判田の3駅。JR九州は、すでに無人化されている日豊線の幸崎駅、豊肥線の滝尾駅を含む市内10駅を監視用カメラやインターホンを備えた新システム「スマートサポートステーション(SSS)」とし、運営を遠隔地から一括管理する方針だ。

 この日は、市内4か所で説明会が開かれた。このうち鶴崎市民行政センターには沿線の住民ら約80人が訪れ、説明を聞いた。JR側の担当者はSSSを導入している香椎線14駅(いずれも福岡県)や筑豊線11駅(同)の事例を挙げ、動画などで仕組みを紹介。駅が無人化されても、予約に応じて係員が現地に出向くため、乗降時の補助などが受けられるなどと説明した。

 しかし、住民にはサービスや安全性が低下することへの懸念が強く、質疑応答では、「高齢者は(発券機などの)機械の使い方がわからない」「駅で転落事故などが発生したら対応が遅れるのではないか」などの意見や質問が続出した。

 視覚障害を持ち、通院などで週に3~4回、鶴崎駅を利用するという同市の男性(58)は終了後、「目の不自由な人がホームから転落する事故も起きており、駅員がいるのといないのとでは安心感が違う。公共性の高い交通機関として、市民の意見にもっと耳を傾けてほしい」と訴えた。

 JR九州の仲義雄営業部担当部長は「住民の方々からいただいた意見を駅の運営に反映できるか検討したい」と述べた。(坂口尊洸)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512289143
続きを読む

【大分】小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報も届けず 県弁護士会が自治会長に勧告

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:紅あずま ★:2017/12/03(日) 09:10:05.28 ID:CAP_USER9.net

小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報届けず
朝日新聞:2017年12月3日06時48分
http://www.asahi.com/articles/ASKCT4F5SKCTTPJB00B.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171202002194_comm.jpg

自治会への加入を求める大分県弁護士会の勧告書のコピー
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171202002205_commL.jpg



 大分県北部の小さな集落が「村八分」騒動に揺れている。自治会がUターンした移住者の加入を拒んでいるなどとして、県弁護士会が「人権侵害」と勧告。これに住民が反発している。
地方への移住が盛んになる中、双方に歩み寄る姿勢が必要とUターン経験者は指摘する。

 県弁護士会の勧告などによると、兵庫県に住んでいた元公務員の男性(68)は2009年、母親の世話などのため、家族を残して計14戸が暮らす大分県北部の集落にUターン就農した。自治会には母親が入っていたが、11年に他界した。

 男性は13年3月、国から農家に出る補助金の配布方法などを巡り、自治会の役員らと対立。
自治会は翌4月、「男性は集落に住民票がない」として自治会から外すことを決め、市報の配布と行事の連絡をやめた。
男性は14年に住民票を移し、加入を申請したが、自治会は「必要な集落全員の賛同が得られなかった」として拒否した。

 男性の申し立てを受けて調査した県弁護士会は、地域に住所をもつ個人の自治会加入を正当な理由なしに拒むことを地方自治法が禁じていることから、「排除は明らかな人権侵害」と判断。
自治会長に対し、加入を認め、行事の連絡などをするよう今年11月1日付で是正勧告し、同月6日に開いた記者会見で「明らかな村八分」と批判した。

 一方、自治会側は「行事参加やごみ集積所の使用は拒否していない」と反論。
元会長(65)は、男性が加入拒否に絡んで自治会役員らを脅迫の疑いで刑事告訴したことを挙げ、「告訴は、地方自治法が定める加入を拒む条件の『正当な理由』にあたる」と訴える。
「そもそも『感情の問題』なのに」と話し、法律論を持ち出す県弁護士会にも不満を示す。
自治会は11月12日に会合を開いたが、加入についての結論は出なかった。「男性が入るなら、自分は抜ける」という声もあったという。

 男性は取材に対し、告訴理由を「地区は間違ったことをやったんだ、ということを知ってほしかった」と説明。
そのうえで、「この5年間、毎日孤独だった。勧告を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と話す。

■「互いの歩み寄りが…

残り:813文字/全文:1679文字
※公開部分はここまで
※無料登録して全文を読むことが出来ます


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512259805
続きを読む

【教育】女性教諭、給食当番のマスクを忘れた小1男児の口をセロハンテープで閉じる。大分県

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/11/18(土) 11:58:53.70 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00050040-yom-soci

大分県竹田市内の小学校に勤務する50歳代の女性教諭が今年2~3月、
担任していた当時1年の男子児童の口にセロハンテープを貼るなどの
不適切な指導を行っていたことが、同市教委への取材でわかった。

児童にけがはなかった。教諭は、こうした行為を保護者には伝えていたが、
学校には報告していなかった。

市教委によると、教諭は2月、給食当番でマスクを忘れた児童の口を、
幅約5センチのセロハンテープを貼って閉じさせた。また3月上旬には、
卒業式の練習で、いすに座った児童が脚を広げるのをやめなかったため、
太もも付近をタオルで縛った。

市教委は今後、教諭の処分を検討する。安東大暁・学校教育課長は
「モラルに欠ける指導で、児童や保護者に大変申し訳ない。再発防止に努めたい」
と話している。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510973933
続きを読む

【大分】「村八分」で弁護士会が是正勧告も  自治会長「集落内で男性が住民とさまざまなトラブルを起こしていた。」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/10(金) 09:30:01.07 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00010006-nishinpc-soci
 大分県弁護士会は、同県北部の山間部の集落で母親の介護のためUターンした男性(68)が自治区への加入を認められず、行政広報誌の配布や行事の連絡も拒絶されるなど「村八分」のような扱いをされているとして、集落自治区に是正を勧告した。同会は「農村に残る明らかな村八分。男性に法的落ち度はなく人権侵害に当たる」としている。

 勧告書などによると、男性は2009年6月に兵庫県から出身地の集落(男性を含め14世帯)に戻った。介護していた母親は11年12月に死去。男性は営農を始めたが、農地や水路整備のために国から交付される補助金の分配に疑問を抱いて市役所に問い合わせるなどし、集落内で13年3月ごろからトラブルになった。

 自治区は同年4月に会合を開き、当時男性の住民票が兵庫県のままだったため「住民票がない」との理由で加入を認めず、広報誌の配布と行事連絡をしないことを決めた。男性は14年12月に住民票を兵庫県から移したが、自治区側は「全員の賛同が得られない」として加入を拒み続けている。

 男性は13年9月に弁護士会に人権救済を申し立て。弁護士会が文書で照会するなどしたが、自治区側が姿勢を変えなかったため1日付で是正勧告したという。

 男性の加入を認めなかった自治区の当時の区長(65)は「弁護士会には現地調査をお願いしたが来てくれなかった。集落内で男性が住民とさまざまなトラブルを起こしていたという事情も知ってもらいたかった。彼にも集落の和というものを分かってほしい」と説明。勧告には「法律に抵触するのなら男性の加入を認めないといけないが、他の住民が自治区を離れる可能性もある」と心配する。

 弁護士会は勧告を公表した理由について「近年、農村部への移住が増えており、同様のケースが起きないよう啓発の意味も込めた」としている。

 男性は「名誉を傷つけられ、孤独だった。陰湿ないじめが人権侵害と公に認められうれしい」と話し、自治区側は異議申し立てはしない方針で、今月中旬にも対応を協議するという。

 稲垣浩・国学院大准教授(地方自治論)の話 出身地とはいえ都市生活に慣れた移住者と、昔ながらのおきてが残る農山村住民との感覚のギャップに起因している。自治体は移住するまでは面倒見が良いが、それからは知らぬ顔というパターンも多い。Uターン者のトラブルも全国で多くなっている。行政は両者の溝を埋めるようなアフターケアこそ重要だ。

=2017/11/09付 西日本新聞朝刊=

関連スレ
【大分県弁護士会】「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告★5
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510031314/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510273801
続きを読む

【大分県弁護士会】「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:nita ★:2017/11/06(月) 20:13:02.86 ID:CAP_USER9.net

11/6(月) 19:18配信
毎日新聞

 大分県弁護士会は6日、就農のため県北部の出身地の集落(14世帯)にUターンした男性の世帯に対し、集落全体で「村八分」をしているとして、村八分をやめるよう是正勧告したと発表した。

 弁護士会によると、男性は母親の介護のため、2009年に関西からUターンしたが、11年ごろ、農地開拓の補助金の支払われ方に疑問を呈し住民とトラブルになった。母の死後の13年、集落は会議を開き男性を自治会の構成員に入れないと決定。その後、男性は豊作祈願などの行事の通達をしてもらえなかったり、市報が配布されなかったりしている。

 男性の申し立てを受け、同会の人権擁護委員会が調査、仲介に入ったが、集落が「構成員として認めない」との態度をとり続けたため、1日付で自治会長に勧告を送付。勧告は「男性の落ち度は少なく、一方的にのけ者にしている人権侵害だ」と指摘、男性を構成員として認め、平等に扱うよう求めている。

 弁護士会によると、村八分に関する勧告は県内で3回目。過去2回は公表しなかったが「農村部にUターンする人は増えており、同様のケースが増える恐れもある」と公表に踏み切った。集落がある市は取材に「まだ事情を聞いておらず、コメントできない」と話した。【尾形有菜】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000061-mai-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509966782
続きを読む

【大分】「田んぼに行く」台風18号 不明男性(71)の捜索続く

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/18(月) 15:44:35.17 ID:CAP_USER9.net

9月18日 12時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011145801000.html

17日、台風18号が接近する中、大分県豊後大野市で、71歳の男性が「田んぼに行く」と言って自宅を出たまま行方がわからなくなり、警察と消防がきょうも捜索を続けています。
警察によりますと、豊後大野市朝地町で17日午後3時半ごろ、71歳の男性が「田んぼに設置している電気柵を直しに行く」と家族に言って出かけたあと、行方がわからなくなっています。

警察と消防などは18日午前7時からおよそ80人で捜索を行っています。

豊後大野市は、17日午後、台風18号が接近して1時間に30ミリを超える激しい雨が観測されました。

男性の田んぼのすぐ近くでは、土砂崩れが起きて田んぼの一部が土砂に埋まっていて、警察などが土砂を撤去する作業を進めています。

また、消防によりますと、田んぼのそばを流れる市万田川の下流では午前中の捜索で男性のものとみられる工具箱のようなものが見つかったということです。

消防などはこの川の周辺でも捜索を進めています。

関連スレ
【台風18号】 「田んぼに行く」 大分で男性(71)が行方不明★2 
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505676688/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505717075
続きを読む

【真っ暗ツーリング】午前3時半に出かけ30分後に国道10号線の道路標識に激突 緩やかなカーブを曲がりきれなかったか 68歳死亡・大分

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:水星虫 ★:2017/09/10(日) 18:02:18.92 ID:CAP_USER9.net

バイクの男性 標識に衝突し死亡

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5073803201.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

10日の朝早く、大分市の国道で、オートバイが、道路脇の標識に衝突する事故があり、
乗っていた68歳の男性が死亡しました。

10日午前4時すぎ、大分市中戸次の国道10号線で、オートバイが
道路の左側にある道路標識の柱に衝突しました。
この事故で、オートバイに乗っていた大分市猪野の会社員、小野啓司さん(68)が、
全身を強く打ち、まもなく死亡しました。

警察によりますと、家族の話では、小野さんは、10日は仕事が休みで、午前3時半ごろから
ツーリングに出かけていたということです。
現場は、緩やかな右カーブで、警察ではオートバイがカーブを曲がりきれなかったことが
事故の原因と見て、当時の状況を詳しく調べています。

09/10 12:30


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505034138
続きを読む

【大分】「夕方起きた際に翌朝の出勤時間と勘違いし、慌てて家を出た」 大分市の嘱託職員(64を酒気帯び運転の疑いで逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2017/08/28(月) 20:11:52.20 ID:CAP_USER9.net

大分市の嘱託職員が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕
12:00 更新

27日夜に酒を飲んで車を運転し事故を起こしたとして、大分市の嘱託職員の男が現行犯逮捕されました。

記者リポート:
「容疑者は酒を飲んで車を運転し、大分市方面へ向かう途中で事故を起こしたということです。」

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは大分市管財課の嘱託職員、宮本重男容疑者(64)です。
警察によりますと宮本容疑者は27日午後7時ごろ大分市の国道10号で渋滞のため橋の上で減速していた
前方の普通自動車に追突しました。けが人はいません。吐いた息からは1ℓあたり0.65mgのアルコールが検出されました。

調べに対し容疑を認めています。大分市によると宮本容疑者は27日は休みで午後から
自宅で酒を飲んで寝ていました。
「夕方起きた際に翌朝の出勤時間と勘違いし、慌てて家を出た」と話しているということです。
大分市は処分について早急に対応するとし、職員への再発防止に努めるとしています。

OABニュース
http://www.oab.co.jp/news/?id=2017-08-28&news_id=10085

大分市「心からおわび」嘱託職員逮捕受け会見
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/08/28/131154588


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503918712
続きを読む

【大分】下半身さらして女子高生に手招きする小太り中年男 物陰から現れる 捜査中/夜の日田市

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/08/16(水) 13:04:21.67 ID:CAP_USER9.net

15日夜、大分県日田市で、歩いて帰宅中の女子高校生の前に、下半身をさらした中年の男が物陰から現れ、下半身を見せながら手招きする事件があった。

大分県警日田署で捜査中。男は40歳ぐらい。身長160センチ~170センチぐらい。小太り。

配信2017年08月16日 12時26分
西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/351272/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502856261
続きを読む

【陸上自衛隊】 自衛隊 福岡や大分で112人を救助

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:らむちゃん ★:2017/07/06(木) 22:06:28.14 ID:CAP_USER9.net

NHKNEWS7月6日 18時21分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170706/k10011046751000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

陸上自衛隊は、午後3時現在、1610人態勢で住民の救出活動などに当たり、これまでに112人を救助しました。

陸上自衛隊は、福岡県の東峰村で400人、朝倉市で200人、大分県日田市で220人が活動しています。また、ヘリコプター17機も出て、住宅などに取り残された住民の救助活動や被害状況の把握を進めていて、これまでに日田市で84人、朝倉市で28人を救助したということです。このほか、東峰村と日田市では給水支援の活動を行ったということです。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499346388
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ