沖縄

【沖縄】辛淑玉による言論弾圧を許さない沖縄県民記者会見開催 公開討論を申し込まれた辛淑玉は姿見せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:奥歯の痛み ★:2017/02/24(金) 14:44:52.05 ID:CAP_USER9.net

のりこえねっと辛淑玉氏らによる東京MXテレビ言論弾圧を許さない沖縄県民記者会見
SakuraSoTV

「のりこえねっと辛淑玉氏らによる東京MXテレビ言論弾圧を許さない沖縄県民記者会見 」を生中継いたします。

2017年2月24日(金) 11:00~12:00
会場 日本記者クラブ9F 大会議室

【記者会見予定者】
(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 代表運営委員)我那覇 真子
(沖縄教育オンブズマン協会会長)手登根 安則
(カナンファーム代表)依田 啓示
(元衆議院議員)杉田水脈
(カリフォルニア州弁護士)ケント・ギルバート

※現地の状況に合わせて中継します。
※電波状況により途切れることがあります。ご了承下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=ZL9O03AbtJU

2 名前:奥歯の痛み ★:2017/02/24(金) 14:45:09.12 ID:CAP_USER9.net

関連
沖縄県民・我那覇真子氏らが辛淑玉に公開質問・公開討論申入れ「在日朝鮮人に沖縄県民愚弄される謂れはない」24日には杉田水脈氏・ケントギルバート氏も加わり記者会見
http://mera.red/%e6%88%91%e9%82%a3%e8%a6%87vs%e8%be%9b%e6%b7%91%e7%8e%89


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487915092
続きを読む

【沖縄】「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/02/24(金) 21:10:14.90 ID:CAP_USER9.net

 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

 質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

 我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170224/afr1702240036-s1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487938214
続きを読む

【沖縄】バイク死亡事故 小学6年男児が飲酒運転か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:たんぽぽ ★:2017/02/23(木) 12:27:26.56 ID:CAP_USER9.net

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010887201000.html
バイク死亡事故 小学6年男児が飲酒運転か 沖縄
2月23日 12時16分

今月12日、沖縄県恩納村で、ミニバイクが転倒して乗っていた3人のうち15歳の中学生が死亡した事故で、警察は、運転していたのが小学6年の男子児童で、児童が酒を飲んでいたとして、児童相談所に送りました。
今月12日、沖縄県恩納村山田の国道58号線で、ミニバイクが転倒し、乗っていた3人のうち、いずれも那覇市に住む、15歳の中学3年の男子生徒が死亡したほか、14歳の中学2年の女子生徒と12歳の小学6年の男子児童の合わせて2人が、重軽傷を負いました。

警察によりますと、これまでの調べで、運転していたのは男子児童とわかり、詳しく調べたところ、血液からアルコールが検出されたということです。調べに対し男子児童は「酒を飲んで運転したのは間違いない」と話したということで、警察は、23日までに児童相談所に送りました。

14歳に満たない少年は、少年法の規定で刑事責任を問うことができないため、今後、児童相談所が処分を決めることになります。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487820446
続きを読む

【沖縄】男組の添田充啓に上瀧浩子弁護士が活動資金5万円を振り込み「捕まらないでね」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:奥歯の痛み ★:2017/02/23(木) 12:17:24.69 ID:CAP_USER9.net

坂東 忠信@japangard
逮捕者が出て揺れている沖縄高江の情況ですが、資料を掲載したところ、
弁護士さんであるとのツイート情報をいただきました。
よくわかりませんが、こういう資料がたくさんありますので、お役に立てれば何より(^o^)
https://pbs.twimg.com/media/C5PWrOEUcAAFSTY.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C5PWsioUMAAwvbi.jpg

https://twitter.com/japangard/status/834246458941399041

上瀧浩子@SANNGATUUSAGINO
貴殿の情報に出ていた弁護士の上瀧です。どのように私と高橋君の間のDMを入手されたのでしょうか?
ハッキングでしょうか?お知らせ願います。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/834357008253939713

坂東 忠信@japangard
@SANNGATUUSAGINO これは本物なんですか?
https://twitter.com/japangard/status/834371873177677824

上瀧浩子@SANNGATUUSAGINO
そうですよ。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/834373828197310464

上瀧浩子@SANNGATUUSAGINO
【拡散希望】カウンター諸氏。ツイッターでのDMのやりとりはやめて下さいね。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/834379380281352194


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487819844
続きを読む

【社会】沖縄、黙殺される痛み…風俗の女性に見た“他者の痛みに対する日本社会の感受性の欠如”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99cb-Itbt [104.199.227.129]):2017/02/17(金) 14:08:54.18 ID:CAP_USER9.net

沖縄出身の教育学者で、琉球大教授の上間(うえま)陽子さんが今月、
風俗業界で働く女性たちの生き方を、インタビュー調査を通じて描いた
『裸足で逃げる』(太田出版)を出した。

描いているのは、家族やパートナーからの暴力に日常的にさらされ、
その暴力が自明視されている生活を送る女性たち。
沖縄での暴力から浮かび上がるのは、「他者の痛みに対する
日本社会の感受性の欠如だ」と語る。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASK2F755KK2FUCVL02D.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487308134
続きを読む

【社会】正社員になって初出勤の男、遅刻しそうになって信号無視、一方通行逆走、更に正面衝突事故。沖縄

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/02/11(土) 05:28:20.52 ID:CAP_USER9.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00083248-okinawat-oki

沖縄県警豊見城署は6日、警察官の停止指示に従わず、小型バイクで
信号無視や一方通行の逆走を繰り返し、衝突事故を起こした那覇市の
自称会社員の男(43)を道交法違反(赤色信号無視)容疑で現行犯逮捕した。
「正社員になって初出勤だったが、遅刻しそうだった」と話しているという。

午前8時20分ごろ、片側1車線の交差点で男のバイクが前方車両を追い抜いた
ところを警察官が確認。停止を指示したが男は逃走し、2度の信号無視後に
一方通行を逆走した。

豊見城市伊良波の市道で軽貨物車両と正面衝突した後、バイクを放置して
再び逃走。スーツにネクタイ姿で畑の中を約200メートル逃げたところで
現行犯逮捕された。左ひじや、あばら骨を骨折していた。
「急いでいたので逃げた」と話しているという。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486758500
続きを読む

「東京新聞は経営上の理由で沖縄の新聞に寄り添い、私の言論の自由を侵害するのか」と副主幹から降格処分の長谷川幸洋氏

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/02/10(金) 11:21:24.60 ID:CAP_USER9.net

2017.02.10
東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと
「事なかれ主義」を強く憂慮する

長谷川 幸洋

ジャーナリスト
東京新聞・中日新聞論説副主幹

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947

いったい、なにが「不始末」だったのか

私が司会を務めるテレビ番組『ニュース女子』に関連して、東京新聞が私を「処分」すると通告してきた。
私は「処分は言論の自由の侵害になる」と考え、受け入れられない旨を返答した。いったい何が起きているのか、とり急ぎあきらかにしよう。

問題の番組はご承知の読者も多いかもしれないが、1月2日放送分の沖縄・東村高江で起きていた米軍ヘリコプター離発着場建設に対する反対運動の現地報告だ。

番組内容自体については、すでに番組を制作しているDHCシアターが見解を表明している(https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/)。
放送したTOKYO MXも「沖縄基地をめぐる議論の一環として放送した」という短い見解を発表した。

番組スタッフはその後も沖縄問題をめぐる取材を続けている。今回の問題に対する見解を含めて、成果はいずれ公開できるだろう。
そんな段階で、私が司会者の立場で番組内容について論評するのは控えたい。ここでは東京新聞の対応に絞って書く。



東京新聞は2月2日付の朝刊1面で「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した深田実・論説主幹の署名入り文章を掲載した。
社告と銘打ってはいないが、社の立場を表明した文章(以下、反省文)である。

その中で、深田主幹は1月2日放送分の内容が「本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なる」
「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できない」「そのことが偏見を助長して沖縄の人々の心情、立場をより深く傷つけ、
また基地問題が歪めて伝えられ皆で真摯に議論する機会が失われかねない」と書いた。

そのうえで「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています」と奇妙な反省の弁を述べた。
そして「とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」と表明している。

最後の「重く受け止め、対処します」というのは、素直に読めば「不始末を犯した長谷川を処分する」と世間に公表したようなものだ。
私もそのように受け止めている。いったい、何が不始末だったのだろうか。

そもそも東京新聞とニュース女子は関係ない。それでも私を処分するというのは、私が論説副主幹を名乗っているからだろう。
だが、論説副主幹を名乗ってテレビで発言したり意見を発表したのは、昨日今日に始まった話ではない。論説委員時代も含めれば、10年以上前からそうだ。

反省文を読む限り、番組内容が東京新聞の論調と異なっているうえ「事実に基づかない論評」があり、
またそれが「沖縄の人々の心情、立場を深く傷つけた」という話になる。どの部分が「事実に基づかない」とみているのかについて、反省文は明示していない。

事実関係は番組スタッフが取材を続けているので、私としてはその成果を待つ。反対運動の参加者に一部であれ、
金銭を支出していた点は反対派も認めている。私は司会者であり、論評したのは別のコメンテーターたちとビデオ出演した地元関係者である点も言っておきたい。

反省文の「沖縄の人々の心情、立場を深く傷つけた」というのは深田主幹の主観だ。
一方で、反対運動に反対する人々がいるのも番組が伝えた通りである。だから番組が「沖縄の人々を傷つけたか」どうかは見方によって分かれる。

結局、反対運動に対する見方の違い、東京新聞の報道姿勢と社説の主張にそぐわない番組だったことが私の処分につながっている。
私が所属する新聞と異なる意見を社の内外で発表しても、いっこうに問題はない。それは言論の自由そのものだ。私はかねてから東京新聞と異なる主張をしてきた。

意見が新聞と異なるのを理由に私を処分するのは、言論の自由に反する。こんなことを許すわけにはいかない。

ネット上では、私の処分内容について「論説副主幹から論説委員に降格される」などと真偽取り混ぜてとりざたされている。
これは東京新聞社内から情報が漏れたとしか思えない。発令前に情報が漏れているのは、はなはだ心外だ。


>>2に続く

5 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/02/10(金) 11:22:47.46 ID:CAP_USER9.net

>>1続き

「処分」か、否か

私は今回の処分について、反省文が東京新聞に掲載される前日1日の夜に初めて聞いた。
電話での通告だったが、反省文のゲラをFAXで受け取り「対処する」とあるのを知った。

これはまったく意外だった。

というのは、実は反省文が掲載される3日前の1月30日朝、深田主幹から会社に呼び出され人事異動の内示を受けていた。
中身については発令前なので、あきらかにしないが「処分」という趣旨ではなかった点をまず、はっきりさせておきたい。

私はそれを快く受け入れた。なぜかといえば、私はとっくに定年退職した身であり、かつ副主幹在任7年目になっていたからだ。
嘱託にすぎない私が長期にわたって副主幹を務めていること自体が異例だった。だいたい私は管理職にふさわしくない、と自覚している(笑)。

その話が終わった後、雑談で私が「ニュース女子問題について会社はどうするのか」と切り出すと、
主幹は「いずれ自分か他のだれかが何か書くことになると思う」と答えた。

「どういう内容を書くのか」と聞くと「東京新聞はニュース女子と関係ない。それくらいだろう」という。
その通りなので、私も異論なく受け入れて会合は終わった。

ところが、2日後に事態が一変する。私は通常の人事異動と思っていたのに、突如として「処分」に変わってしまったのだ。
私は1日夜、ゲラを見た段階で「先日の話と違うじゃないか。処分であれば受け入れられない」と主幹に訴えた。

主幹は処分かどうかという点について「そこは大人の対応で…」とか「あうんの呼吸で…」などと、あいまいに言葉を濁していた。
翌日以降、ネット上で処分話が飛び交う展開になって、
あらためて私が問い詰めると「副主幹という立場で出演したのが問題だ」と「処分」の意味合いが含まれていることを認めた。



いったいなぜ、わずか2日の間に通常の人事異動が処分に変わったのか。この点について私は主幹に再三、
訪ねたが、明確な返事は得られなかった。
反省文の内容が私に説明した1月30日時点の当初案と2月2日の発表バージョンで変わってしまった点は主幹も認めている。

それはなぜか。私は気になっている点がある。

それはネットメディアであるIWJが2月3日付けで「IWJが深田実論説主幹に直撃!」と題して公開した記事だ(http://iwj.co.jp/wj/open/archives/360990)。
その中で、深田主幹は「沖縄の新聞からも電話がきているが、今、話した内容で了解してもらっている。そういうことでお願いします」とIWJに語っている。

この「沖縄の新聞」が何か不明だが、東京新聞は琉球新報と提携関係にある。
琉球新報は名物欄である「こちら特報部」を含めて東京新聞の記事を掲載している。一方、東京新聞は琉球新報の社説をそのまま掲載したこともある。
沖縄問題について両紙は立場を共有している、と言っていい。

沖縄に支局がない東京新聞にとって琉球新報は沖縄のニュースを伝える大切な情報源であり、記事の提供元である。

もしも「沖縄の新聞に了解してもらっている」というコメントが事実なら、反省文はその新聞の了解を得たうえで掲載した可能性がある。


>>3に続く

8 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/02/10(金) 11:24:06.67 ID:CAP_USER9.net

>>5続き

新聞が「事なかれ主義」に陥っていいのか

つまり何を言いたいか。

通常の人事異動が処分に変わったのは、沖縄の新聞の意見を聞いた、あるいは忖度したからではないか。
そうだとしたら、大変な事態だ。東京新聞は沖縄の新聞の意向に配慮して私を処分に追い込んだ形になってしまう。

ずばり言おう。東京新聞は経営上の理由で沖縄の新聞に寄り添い、私の言論の自由を侵害するのか。
念のために言うが、これは私の推測である。

この点について、私は8日、深田主幹に電話で事情を聞いた。すると、主幹は「沖縄の新聞から了解を得たなどという話はまったくない」と完全否定した。
私が「では、IWJの記事が間違っているのか」と問うと「間違ってるね。おれはそんな話はしていない」と語気を強めて明言した。

主幹の話が本当なら、IWJの報道が間違っている。逆にIWJが正しいなら、主幹は嘘をついている形になる。
あるいは、何か別の間違いが生じたのか。私の推測は的外れかもしれない。そうであれば、
私の人事の意味合いが急に変わった理由は何だったのか。

いずれにせよ、私にきちんと説明しないまま、主幹が私に不名誉な「処分」を世間に公表したのは事実である。
主幹は電話の切り際にあらためて「今度の話は定例の人事異動だからね」と念を押すように告げた。また態度を変えるのか。
数日前には「副主幹という立場が問題」と私に明言していたのだ。

こうなると、先に書いたように東京新聞に不名誉な推測であっても、私としては処分される理由を自分で考えて、読者に問うほかない。
主幹があくまで「定例の人事異動」と言うなら、それで構わないが、それなら「対処する」という言葉の意味は何だったのか、
私と読者に説明する必要がある。

念のために言えば、以上の経過はすべて主幹との音声対話記録に基づいている。

読者には「東京新聞は長谷川幸洋を処分しました」というポーズをとりつつ、私には「通常の人事異動」ということで納得させようとする。
そういう態度は「事なかれ主義」にほかならない。新聞が事なかれ主義に陥ってしまえば、言論の自由を危うくする。

左派リベラルの立場を懸命に守りつつ、私とは正面から戦いたくない。ある親しい読者は私に「東京新聞の馬脚が現れた」と語った。その通りと思う。




おしまい


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486693284
続きを読む

【社会】沖縄 辺野古沖の工事 カヌーなどでの妨害本格的に 翁長「あらゆる手使う」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:〈(`・ω・`)〉Ψ ★:2017/02/07(火) 12:16:32.15 ID:CAP_USER9.net

2月7日 12時00分
 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画で、名護市辺野古沖では、7日から、
大型のコンクリートブロックを海に投入する作業が始まり、埋め立てに向けた
海上での工事が本格的に動き出しました。
 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画で、沖縄防衛局は6日、名護市
辺野古沖で、埋め立てに向けた海上での工事に着手しました。

 7日は午前9時半ごろから、濁った海水が広がるのを防ぐフェンスを設置するため、
クレーンを使って、重さ10トンを超すコンクリートブロックを海に投入する作業が
始まり、海上での工事が本格的に動き出しました。
 沖縄防衛局は、220個余りのブロックを投入してフェンスを設置したあと護岸の
建設に着手し、5年で移設工事を終える計画です。

 周辺の海では、辺野古への基地の移設に反対する人たちがカヌーに乗って
抗議し、海上保安庁が警戒にあたっていました。
 一方、沖縄県の翁長知事は、あらゆる手段を使って移設計画を阻止するとして
いて、工事の法的な根拠となる埋め立て承認の撤回を含めて、今後の対抗策を
検討することにしています。NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170207/k10010867321000.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486437392
続きを読む

【社会】辛淑玉氏の指南動画が流出「爺さん婆さんたちは向こう(沖縄行ったら嫌がらせをしてみんな捕まってください」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:◯( ´∀` )◯ ★:2017/02/06(月) 20:19:15.57 ID:CAP_USER9.net

辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇
2017/02/03

辛淑玉、若者は死んで、年寄りは逮捕、私は稼ぐ

のりこえねっと代表の辛淑玉(シンスゴ)氏が講演で
「私は稼ぎます、若い者には死んでもらう、爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」

「山城(博治)には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな、私が殺してやるから」

などと高江での行動を指南する動画が拡散され話題になっている。

動画
https://twitter.com/surumegesogeso/status/827085153751048192?ref_src=twsrc%5Etfw

その他にも動画は存在し、以下のような真実が語られている。

・高江の反対派は東京から派遣された
・在日朝鮮人の比率が高い
・年配者を配備し嫌がらせを指示
・高江の動画は都合の悪い部分をカットしている

今まで左翼界隈が「ネトウヨのデマだ」と否定していたことだが、辛淑玉氏ら本人の口で語られているのだから、もう言い訳はできまい。

また、この講演には現職国会議員である福島瑞穂氏も同席していた可能性が極めて高いことが判明した。

http://ksl-live.com/blog7551

8 名前:◯( ´∀` )◯ ★:2017/02/06(月) 20:21:06.50 ID:CAP_USER9.net

>>1
福島瑞穂も登壇していた

動画の入手先は不明であるが、会場風景と辛淑玉氏らの服装などで総合的に判断すると、2016年9月9日に連合会館で行われた「大作戦会議」である可能性が高い。

※2017/02/04追記 動画は、のりこえねっとのyoutubeにアップされたものと判明
https://www.youtube.com/watch?v=xFoNoGtJq1E

出席者は、島崎ろでぃー・ 高橋直輝・満田夏花・ 横川圭希・辛淑玉・金平茂紀・福島みずほ←国会議員
https://pbs.twimg.com/media/CrwyncVUkAEw2TU.jpg


現職国会議員が過激な行動を指南するような講演会に同席し、自身も登壇していたとなれば辞職もあり得る。

11 名前:◯( ´∀` )◯ ★:2017/02/06(月) 20:21:46.64 ID:CAP_USER9.net

>>8
在日朝鮮人の比率が高い

もう一つの辛淑玉講演動画では、高江に集まる反対派の中で在日朝鮮人が多いことも明かされている。これに関しても「ネトウヨのデマ」として左翼界隈が大騒ぎしていたはずだ。

動画
https://twitter.com/surumegesogeso/status/827083790954569728?ref_src=twsrc%5Etfw

紹介した2つの動画は、
・反対派の派遣
・在日朝鮮人の比率が高い
・逮捕されても支障のない年寄りを配備
・辛淑玉はお金を稼ぐ役割

という、これらの「噂」が「真実」であったことの裏付けている。

先日から問題となっているMXテレビ「ニュース女子」の放送内容も嘘ではなかったということだ。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486379955
続きを読む

【毎日新聞】「手順踏め」辺野古反対派が怒号「沖縄の美しい海、また埋め立てられていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ミントソーダ ★:2017/02/06(月) 12:18:11.45 ID:CAP_USER9.net

海上工事に政府が着手 移設反対派に怒りと焦燥感が交錯
沖縄の美しい海を埋め立てて巨大な米軍基地を造るための工事がまた一歩、前へと進んだ。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向けた海上工事に政府が6日着手し
辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、移設反対派が作業に向かう車両を阻止するなど激しく抗議。
埋め立てへのカウントダウンが始まり、反対派には怒りと焦燥感が交錯した。【浅野翔太郎】

まだ真っ暗な午前6時前、前夜の雨もあり肌寒いキャンプ・シュワブゲート前に続々と移設反対派が集結。作業現場には埋め立て用のコンクリートブロックが運び込まれた。「これ以上工事を進めないためには、作業員を中に入れないという抵抗をせざるを得ない」。約150人が「辺野古新基地NO」「辺野古埋立阻止」などと書かれたプラカードを掲げるなどして抗議の声をあげた。

 同県南風原町の稲福次義さん(63)は「市民の意志をきょう示さなければ、政府の意向を沖縄が黙認したことになる。民意を無視しようとも、県民の意志は揺るがない」と語気を強めた。

 午前8時15分、作業員が乗った乗用車が到着。作業現場に向かうためキャンプ内へ進入しようとしたが、反対派は阻止するため入り口前に座り込んだ。すると沖縄県警の機動隊が隊列を組んで阻みながら、隣接する出口の方から工事車両を通した。反対派からは「きちんと手順を踏め」と怒号が飛んだ。

 辺野古への移設阻止を訴えるため翁長雄志知事と訪米し帰国したばかりの稲嶺進・名護市長も駆けつけ「アメリカでも、沖縄の置かれている状況はよく聞いてもらえたと思っている。全く無視し続けるのは政府だ。訪米中に防衛大臣が『辺野古が唯一の解決策』との見解を示すなど、恥も外聞もない」と批判した。

 その後も続々と大型トラックやクレーン付き車両などが到着。反対派はゲート前で腕を組んで壁を作って「帰れ、帰れ」と連呼し、排除する機動隊と衝突を繰り返した。

 足止めを食った車両からは午前10時半ごろ、作業員十数人が降りキャンプへ向かって歩き出した。反対派はのぼりを横にもって止めようとしたが振り切って中へ。その背中に向かって「お願いだから戻って」の声が飛んだ。


ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170206/k00/00e/040/212000c
Copyright 毎日新聞

19 名前:ミントソーダ ★:2017/02/06(月) 12:22:14.18 ID:CAP_USER9.net

画像
http://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AAmE78i.img?h=1080&w=1920&m=6&q=60&o=f&l=f&x=295&y=364
機動隊に強制排除される移設反対派の女性=沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で2017年2月6日午前9時46分、浅野翔太郎撮影


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486351091
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ