沖縄

【沖縄・石垣島陸自配備問題】市民団体が集めた反対署名に“粉飾”発覚 最大6重のダブリも 市の「精査」方針に団体は「やめて」と懇願

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:すらいむ ★:2017/11/23(木) 19:47:11.53 ID:CAP_USER9.net

沖縄・石垣島陸自配備問題 市民団体が集めた反対署名に“粉飾”発覚 最大6重のダブリも 市の「精査」方針に団体は「やめて」と懇願

 政府の沖縄県・石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、市民団体が石垣市に提出した約1万4千筆の反対署名のうち、同一人物による重複記載が1千筆以上あったことが分かった。
 市は12月4日開会予定の市議会定例会に向けて選挙人名簿との照合などによる「精査」を進めており、“粉飾”の反対署名はさらに拡大しそうだ。

 反対署名活動を行ったのは「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」。
 9月に署名1万4022筆を中山義隆市長に提出した。
 「署名者数」は有権者の約36%に当たる。

 石垣市は「市長が陸自受け入れの是非を最終判断するうえで署名の実数を確定するのは重要だ」として23日までに重複記載のチェック作業を終えた。
 市総務課によると、2重~6重にだぶった署名も確認された。

 趣旨を十分に説明されずに署名したり、家族が勝手に署名したりした市民も相当数に上るとみられる。
 市には、陸自配備推進派の市民らから「自分の署名が入っていないか調べてほしい」などという問い合わせも相次いでいるという。

 市は署名の対象者を「18歳以上の石垣市民」に限定している。
 市民連絡会は「市内に住民登録がなくても勤務している人も対象だ」と主張しており、厳密に精査を進めれば「無効」の反対署名は重複記載にとどまらず増えるもようだ。

 市民連絡会は市に対し「今後の署名活動を萎縮される」「プライバシーの侵害になる」などとして精査の中止を求めているが、むろん市は拒否している。

 市民連絡会は、市議会が6月定例会で陸自配備の是非を問う住民投票条例案を否決したことを受け署名活動を始めた。

産経新聞 2017.11.23 19:31
http://www.sankei.com/politics/news/171123/plt1711230021-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511434031
続きを読む

「娘さんは慰み者になります」 沖縄タイムス記者を名指しで批判した百田尚樹氏に沖縄マスコミ労が抗議声明

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/11/22(水) 01:47:31.41 ID:CAP_USER9.net

沖縄タイムス+プラス ニュース


記者を名指しし「娘さんは慰み者になります」 百田尚樹氏に沖縄マスコミ労が抗議声明


2017年11月21日 20:56

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/173741

 沖縄県マスコミ労働組合協議会(沖田有吾議長)などは21日、百田尚樹氏が名護市で講演した内容に抗議し、撤回を求める声明を発表した。
本紙記者を名指しして「娘さんは慰み者になります」などと発言したことを「侮蔑的な言葉で記者と家族の人権を著しく侵害した」
「報道活動への露骨な脅しであり圧力」と批判した。


 百田氏が基地建設反対運動に中国人や韓国人が参加しているとし、それが「怖い」と述べたことを「ゆがんだ民族観がにじんでおり差別的だ」と非難。
参加者への日当、中国の工作員の介在への言及は「事実でない陰謀論」と指摘した。

 また、「沖縄マスコミを敵視する百田氏の発言は、いつ他社に矛先が向いてもおかしくない。人権侵害や事実無根の言説に反論することは県内マスコミ共通の使命」と表明した。
声明は新聞労連沖縄地連、民放労連沖縄地連、沖縄マスコミOB9条の会、沖縄のマスコミを支える会との連名。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511282851
続きを読む

【速報】沖縄で米軍ヘリ墜落か 「東村高江の集落に」と通報

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/10/11(水) 18:17:28.68 ID:CAP_USER9.net

 沖縄県の国頭(くにがみ)地区消防本部に入った情報によると、11日午後5時35分ごろ、「東村高江の集落に米軍機が墜落したもよう」と119番通報があった。同本部によると、けが人は確認されていない。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/155011


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507713448
続きを読む

【沖縄】オスプレイ、新石垣空港に緊急着陸 2機が滑走路に駐機 翁長知事「けしからんの一言」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/29(金) 18:11:29.57 ID:CAP_USER9.net

新石垣空港に着陸したオスプレイ=29日午後5時半ごろ
http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/2/4/330m/img_241d45d9cdaeef8fe2b036802e2a062129434.jpg

http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/e/8/330m/img_e848e09f06adbdd62c688ffdd364fcc735773.jpg


石垣空港管理事務所によると、米軍のMV22オスプレイ1機が29日午後4時57分に新石垣空港に緊急着陸した。その後、もう1機も着陸し現在、2機が滑走路に駐機しているという。防衛省が所属などを確認している。

県議会中に報告を受けた翁長雄志知事は「けしからんとしか言えない。調査してお話ししたい」と述べた。県議会で記者団に語った。

配信 9月29日
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/149747


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506676289
続きを読む

【沖縄】米兵が子どもらに銃の扱い方教示 米軍キャンプ・ハンセンフェスで/金武町

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/25(月) 11:17:27.33 ID:CAP_USER9.net

子どもらに銃の扱い方を教える米兵
https://ryukyushimpo.jp/archives/002/201709/7d77a6cb6296bf9d998152cb5dae8592.jpg


金武町の米軍キャンプ・ハンセンを一般市民に開放する「ハンセン・フェスティバル2017」が23日、2日間の日程で始まった。在沖米海兵隊の兵器展示のほか、ライフル銃を自由に触れるコーナーもあり兵士が子どもに銃の扱いを説明する場面もあった=写真。

県内の米軍活動を監視している県平和委員会の大久保康裕事務局長は「自衛隊基地内で銃を触らせることが問題になり、最近は全国の米軍基地でも触らせることはなくなっていたが、先週末も横田基地でもあった。展示が再開されたのか。軍隊の美学を宣伝する狙いがあるのではないか」と問題視した。

会場ではコンサートイベントのほか、米海兵隊に配備されている自走式高機動ミサイル砲システム「HIMARS(ハイマース)」や155ミリ榴弾砲なども展示された。

配信2017年9月24日 10:23
琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-582158.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506305847
続きを読む

【沖縄】電動車いすの男性フェリー乗れず 差別と認めることや損害賠償を求める申請 県調整委が改善求める

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/21(木) 22:05:49.85 ID:CAP_USER9.net

ことし3月、沖縄から大阪行きのフェリーを利用しようとした電動車いすの男性が、船会社から乗り降りの際の安全確保に不安があるなどという理由で乗船を断られていたことがわかりました。男性から申し立てを受けた、沖縄県の調整委員会は「差別的だと疑われかねない」として、船会社に対し、対応の改善を求めました。

ことし3月、電動車いすで沖縄に旅行に来ていた兵庫県の脳性まひの41歳の男性が、鹿児島県に本社があるマルエーフェリーの那覇発大阪行きの便を予約して乗ろうとしたところ、乗船直前に乗り降りや船内での安全確保に不安があるという理由で利用を断られました。

男性は後日、船会社に対し、乗船拒否を差別と認めることや沖縄県内での宿泊を余儀なくされたなどとして損害賠償を求めました。

船会社は男性に対し、「十分な説明をしないまま不快な思いをさせたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪する一方、差別ではなく、損害賠償についても応じないと回答していました。

こうした会社側の対応を受けて、男性は沖縄県の調整委員会に、差別と認めることや損害賠償を求める申請をし、委員会は先月「差別的だと疑われかねず、あらゆる方策を検討して乗船方法を考えるべきだった」として、船会社に対応の改善を求めました。

一方、損害賠償については「司法的な判断が必要だ」として、審議しないと結論づけました。

■乗船断られた男性「誰もが乗れるように」

沖縄県の調整委員会が船会社に対し、対応の改善を求めたことについて、乗船を断られた男性はNHKの取材に対し、「大変喜ばしく思います。会社側には調整委員会の助言にしたがって改善してもらい、今後、誰もが船に乗れるようにしてほしいと思います」と話しています。

■マルエーフェリー「再発防止に努めていきたい」

船会社のマルエーフェリーは「調整委員会の的確な指摘を真摯(しんし)に受け止めている。これまで作っていなかったマニュアルを新たに作成し、社員教育を進めていて、現場の状況に合わせて随時、見直し、再発防止に努めていきたい」とコメントしています。

配信9月21日 20時01分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011151201000.html?utm_int=news_contents_news-main_004&nnw_opt=news-main_a


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505999149
続きを読む

【沖縄】「チビチリガマの惨劇語り継ぐ」 石嶺読谷村長が声明 ガマ周辺に防犯カメラ設置も検討

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2017/09/21(木) 09:45:53.84 ID:CAP_USER9.net

 【読谷】沖縄戦で住民が「集団自決」(強制集団死)に追い込まれた、読谷村波平の自然壕チビチリガマが少年によって荒らされた事件を受け、読谷村の石嶺伝実村長らは20日、読谷村役場で会見を開いた。

 石嶺村長は「少年たちの軽率な行為は、語り継いできた平和教育が彼らの心に届いていなかったことを意味し、残念でならない」と述べた。その上で「より一層平和行政へ取り組み、同じ過ちを2度と繰り返さないようチビチリガマの惨劇を語り継ぎ平和を強く希求していく」との声明を発表した。

 村は今後ガマ周辺に防犯カメラを設置することも検討している。

 チビチリガマ遺族会の与那覇徳雄会長(63)は「遺族関係者は3度殺されたという気持ちだ。事件の概要や捜査の進ちょく状況を見ながらガマの管理についても検討していきたい」と述べた。

 松田平次教育長は「教育者として遺族に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ。事件を機に、いま一度平和教育、道徳教育、生徒指導について反省したい」と述べた。

 遺族会は15日に壊された千羽鶴や額などの被害届を提出した。今後、遺骨やびん、「世代を結ぶ平和の像」についても追加で被害を届け出る予定。【琉球新報電子版】

配信2017年9月20日 13:41
琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-579661.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505954753
続きを読む

【戦跡荒し】沖縄で逮捕された少年4人「歴史知らなかった。チビチリガマで亡くなった人や関係者に謝罪の気持ちでいっぱい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:記憶たどり。 ★:2017/09/19(火) 20:42:07.56 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000094-mai-soci

太平洋戦争末期の沖縄戦で住民83人が集団自決した沖縄県読谷(よみたん)村の
自然壕(ごう)「チビチリガマ」が荒らされた事件で、器物損壊容疑で逮捕された
少年たちが、チビチリガマの歴史について「ほとんど知らなかった」などと
供述していることが県警嘉手納署への取材で分かった。

看板や千羽鶴などを壊したとして15日に逮捕されたのは、沖縄本島中部に住む
16~19歳の少年4人。チビチリガマでの集団自決の経緯や歴史について、
逮捕後「初めて分かった」などと話しているという。これまでの調べに
「心霊スポットに行こうと思った」「肝試しだった」などと話していたが、ほとんどが
「悪ふざけだった」と供述していることも分かった。

少年たちは「チビチリガマで亡くなった人や関係者に謝罪の気持ちでいっぱい」
などと反省の言葉も口にしているという。

沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は19日、県庁で記者団に対して
「10代の子供たちが何の意味合いもなくガマを荒らしたことは、沖縄の平和に対する
思いが若い人たちに伝わっていないという中での出来事なのかと危惧している。
とても残念だ」と語った。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505821327
続きを読む

【沖縄・チビチリガマ損壊】山口二郎「卑劣なヘイトクライム」→容疑者少年ら「肝試しだった」→江川紹子「歴史を学び直す矯正教育を」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:(^ェ^) ★:2017/09/17(日) 22:04:06.29 ID:CAP_USER9.net

http://www.sankei.com/affairs/news/170917/afr1709170021-n1.html

 今月12日、沖縄県読谷村の自然壕「チビチリガマ」で看板が引き抜かれたり、折り鶴が損壊されていた事件で、沖縄県警嘉手納署が15日、器物損壊の疑いで16歳から19歳の沖縄本島中部に住む少年4人を逮捕した。

 この事件は発生当初から沖縄の地元紙「琉球新報」「沖縄タイムス」が、ともに1面トップの破格の扱いで報じ、琉球新報は「チビチリガマは、昭和62年11月にも彫刻家、金城実さん(79)が制作した『世代を結ぶ平和の像』が右翼団体員に破壊されたことがある」との一文を載せた。

 知識人の中には「沖縄に対するヘイトクライムだ」と主張する人が続出した。

 同署の調べに対し、少年らは容疑を認め、「肝試しをしていた」などと供述しているといい、政治的背景は全くないようだ。

 ネット上では「自分の生まれた地でよくこんなことできるな」「未成年だから過ちもあるさ。今から洗の…教育すれば立派な平和を愛する大人になれるさ」「若い奴らは反基地を相当胡散臭がってる」などと揶揄する声も散見された。

 発生が報じられた12日、反レイシズム情報センターの梁英聖代表が「沖縄戦時に『集団自決』が起きたチビチリガマでヘイトクライムとみられる破壊事件が起きました。なぜ沖縄や在日コリアンへの差別が絶えないか。9/23に考えます!」「非常にまずい事態である。先日も辺野古で轢き逃げという形でヘイトクライムが起きている。差別がどんどん暴力として頻繁しだした。差別主義者を厳しく非難し厳罰に処すぐらいやらないとまずいレベル。惨事が起きてからでは手遅れだ」(原文のまま)と相次いでツイッターに投稿。背景に沖縄や在日韓国人へのヘイトがあると主張した。

 山口二郎・法政大教授も12日、「卑劣なヘイトクライム。震災朝鮮人虐殺の否定、東京新聞への脅迫など、一連のヘイトクライムに対して政府が決然と非難しないことから、狂信的なナショナリストや修正主義者が付け上がっている」と投稿。

 MXテレビへの抗議活動を続けている団体の関係者とみられる「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民」名で投稿されたものには「ゆるせない。沖縄へのデマとヘイトが、このような犯罪に養分を与えているのです。『ニュース女子』に虚偽はないと開き直るMXは、この犯罪の加担者。私たちは傍観しない。黙らない。忘れない。一緒に抗議しましょう」と、なぜか事件の原因をMXテレビの報道に求めていた。

 容疑者の少年が逮捕された後も歴史教育に原因を求める主張も。

 作家、ジャーナリストの江川紹子氏は15日、「なぜ、そんなことをしたんだろ…歴史を学びなおす矯正教育が必要では…」と訴えた。

 これに対し、地元・沖縄で基地移設反対運動を批判する活動をしている依田啓示さんが反論。「『矯正教育』? アホか? そういうことを沖縄県内でやってきたから、その反動が出ているんだよ。僕の周りもみんなそう。『自虐的歴史観』の押し付けは強烈な反発を招くだけでなく、時にはモンスターを作る。教育の現場に、『ウソ』や『誘導』を持ち込んではいけない」と投稿した。

 少年らは「10日午前中にバイクでチビチリガマに行った。『やるな、やるな』と制止する少年もいた」と供述しており、その少年らは逮捕されていないという。

 事件が解明されないうちから「ヘイト」に結びつけようとした向きにはとんだ「赤っ恥」となったが、江川氏は16日にも「制止した少年がいたのが救い」などと投稿したが、まさにそれが唯一の救いかもしれない。

以下ソース


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505653446
続きを読む

【軍事】米軍、沖縄で核ミサイルを誤射していた。 「爆発なら那覇は吹き飛んでいた」 1959年

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:天麩羅油 ★:2017/09/12(火) 17:37:53.46 ID:CAP_USER9.net

核ミサイル、沖縄で1959年誤発射 「爆発なら那覇は吹き飛んでいた」
2017年9月12日 05:00
 米軍統治下時代に核ミサイル「ナイキ・ハーキュリーズ」が配備されていた米軍那覇サイト(現・那覇空港)で、1959年6月19日、核弾頭を搭載したミサイルが誤って発射されていたとNHKが10日、報じた。爆発はせず、那覇沖合に着水したミサイルは米軍が回収したという。沖縄タイムスは事故発生翌日の紙面に、米軍発表として「ミサイル発射寸前に発火」と誤発射を報じているが、米軍から「核弾頭搭載」との広報はなかったとみられる。


 「NHKスペシャル 沖縄と核」では、当時、整

以下ソース
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/140986


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505205473
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ