沖縄

【沖縄】危険な「路上寝」“現場写真展”開き注意呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/20(金) 17:14:30.04 ID:acp/xUYB9.net

https://i.imgur.com/NREnu0O.jpg


酔っ払った人が路上に寝てしまう「路上寝」に注意を促そうと、写真展が開かれています。

 沖縄県の石垣市役所の玄関ロビーで企画されている路上寝写真展。展示されているのは、今年、八重山警察署の警察官が石垣市内で撮影した路上寝の現場写真18点です。写真には、重大な事件・事故につながりかねない危険な路上寝の実態が写し出されています。警察は忘年会や新年会など酒を飲む機会が増える年末年始に向け、注意を呼び掛けています。

2019/12/19 20:01 テレ朝news
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000172044.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576829670
続きを読む

【地震】沖縄 緊急地震速報

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/18(水) 08:36:52.11 ID:De89oEA99.net

フジ


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576625812
続きを読む

【朝日新聞社説】土砂投入から1年、サンゴを傷つけたとして撤去と工事の中止を求めたが、国は一顧だにしない。沖縄の声に向き合え

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Toy Soldiers ★:2019/12/16(月) 20:54:01.04 ID:r9cl/wsc9.net

 力で異論を抑え込み、重要な情報を隠し、ごまかしと強弁を重ねて相手の疲弊を待つ――。そんな安倍政権の体質が、この問題でもあらわだ。

 沖縄・米軍普天間飛行場の移設をめぐり、辺野古の海への土砂投入が始まって1年になる。

 昨年9月の知事選、今年2月の県民投票、4月の衆院補選、そして7月の参院選と、県民は繰り返し「辺野古ノー」の意思を示してきた。だが政権は一貫して無視を決めこんだ。

 日ごろ自らの正統性をアピールするために国政選挙での「連勝」を誇り、野党をやゆする首相だが、こと沖縄に関しては、投票で示された民意は切り捨てるべき対象であるらしい。二重基準も甚だしい。

 ほかにも、およそ民主主義国家とは思えぬ行いが続く。

 環境破壊の恐れや取り決め違反を理由に県が実施した行政指導は、埋め立てに関する法令に基づくものだけで、15年以降で33件に上る。
今月も、浮き具の重りがサンゴを傷つけたとして撤去と工事の中止を求めたが、国は一顧だにしない。民間の事業では考えられない対応だ。

 一方で、県が埋め立て承認を撤回したことの当否を争う裁判では「国も一般企業や個人事業者と変わりはない」と主張し、国が埋め立てをする「権利」を守るよう唱える。
物事の本質を見ず、小手先の法解釈に走る裁判所がこれを追認し、一体となって沖縄を追い詰める。嘆かわしい限りだ。

 埋め立て予定区域に広がる軟弱地盤問題でも、国は14~16年の調査で存在を把握しながら公表しなかった。
土砂投入後にようやく正式に認め、8万本近くの杭を海底に打ち込んで対応すると言い出した。
自らが選んだ有識者の「お墨付き」を近く得て、設計変更を県に申請し、認められなければ裁判に訴えてでも押し通す構えだ。どれだけの費用がかかるのか、国は見通しすら示していない。

 こうした態度に県民が不信を募らせるのは当然だ。焼失した首里城の復元に国が前向きなのも、辺野古で県の譲歩を引きだすためではないかと、警戒の目が向けられるありさまだ。

 そもそも普天間飛行場の移設は、沖縄の基地負担の軽減が出発点だった。ところが辺野古の埋め立てが自己目的化し、普天間が現に直面する騒音被害や墜落の恐怖をいかに取り除くかという協議は、一向に進展しない。
今の計画どおりでも移設工事の完成に10年以上かかる。国が力を尽くすべきは、真の「普天間問題」の解決である。

 沖縄の声に向き合え。土砂もろとも民意を海中に投じたあの日から1年、繰り返し訴える。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14295181.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576497241
続きを読む

【琉球新報】「昨今の『嫌韓、嫌中』と同様に『嫌沖』と言われる沖縄ヘイトが存在する」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ニライカナイφ ★:2019/12/15(日) 19:22:59.80 ID:R4Jqwf7g9.net

☆ 土日は政治三昧の日です

◆ <社説>ヘイトに罰則条例 差別あおる言動の根絶を

 差別や排除をあおるヘイトスピーチへの対策として全国初の刑事罰を盛り込んだ差別禁止条例が川崎市議会で可決、成立した。
 2016年に国のヘイトスピーチ対策法が施行されて3年たった。街頭でのヘイトデモの件数は減ったが、ヘイトスピーチはなくなっていない。法には禁止規定や罰則はなく、大阪市や東京都が定めた条例にも罰則は設けられていない。
 結果的に在日コリアンが多く住む川崎市などでは街頭宣伝や集会などが繰り返されたり、市議選に出馬した候補者が差別的な演説をしたりして、実効性があるとは言い難かった。
 出自や社会的少数者であることを取り上げて差別や排除をあおる言動は許されない。
 これまでヘイト規制が議論される度に「表現の自由」との兼ね合いが問われてきた。川崎市の条例はヘイトの具体的な例を挙げるとともに、罰金に至るまで段階を踏み、最終的に裁判所が罰金を科すか決めることにした。
 条例は、まず何がヘイトに当たるかについて「日本以外の特定の国や地域の出身者に差別的な言動をすること」を禁止すると規定した。
 言動の具体例として、居住地域からの退去や身体への加害を扇動することのほか、人以外のものに例えて侮辱することを挙げた。対象場所も「道路や公園」などの公共の場と限定し、拡声器の使用、ビラの配布、プラカードの掲示などをする行為と明示した。
 これらの要件を満たし、ヘイトと認定されてもすぐに刑罰は科されない。
 違反者には市長が勧告を出し、繰り返した場合は命令を出す。それでも従わなければ氏名などを公表する。勧告や命令、公表の際に審査会の意見を聞き、勧告や命令の効力は6カ月とする。
 市は氏名公表と同時に、警察や検察に刑事告発し、裁判で有罪が確定すれば、50万円以下の罰金が科される。
 いくつもの段階を踏んで刑罰に至るのは、表現の自由に配慮し、行政の恣意(しい)的な運用を防ぐことも狙っているからだ。過度の規制や乱用を防ぐ手続きは整ったと言えよう。今後は実際に運用してみて、実効性や表現の自由を侵してはいないかなどを検証する第三者も含めた組織づくりも求められる。
 今回、条例ではインターネット上の言動は刑事罰の対象から外されたが、ネット上での被害も深刻なものがある。
 さらに国のヘイトスピーチ対策法も川崎市の条例も外国出身者を理由とした排除や危害の扇動などを違反の対象としている。しかし、昨今の「嫌中、嫌韓」などと同様に「嫌沖」と言われる沖縄ヘイトが存在するのも事実だ。
 表現の自由を尊重しつつ、差別的な言動によって基本的人権が侵されることのない社会をつくるために議論を深めたい。

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1042431.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576405379
続きを読む

【沖縄】侵入者知らす警報、本当は火事だった 首里城火災 仮眠中の同僚警備員を起こさず一人で現場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/14(土) 17:22:50.36 ID:00V4mXcw9.net

首里城火災発生時に正殿がある城郭内の奉神門で待機し、警備と監視に当たっていた3人のうち、勤務形態に沿って仮眠中だった2人が、異常を知らせる警報が鳴った直後も仮眠中だったことが13日分かった。正殿などを管理運営する沖縄美ら島財団の花城良廣理事長が、同日の県議会土木環境委員会(新垣清涼委員長)の参考人招致で説明した。


財団は、消防計画に基づいた行動だとする一方、議員からは緊急事態を「甘く見ている」などの声が上がった。質疑では、火災発見時の連絡体制や管理意識への批判も相次いだ。

 火災発生後、正殿で最初に鳴ったのは侵入者探知を目的とした人感センサー。警備員は侵入者を想定し、仮眠中の2人を起こさずに1人で正殿へ行った。

 正殿内には消火器や、火災を奉神門の監視室へ知らせるボタンが設置されているが、内部に煙が充満していたため、使えなかったという。警備員が携帯していたトランシーバーは、奉神門との連絡用だった。

 花城理事長は、警備員は「通報と消火器を取りに急いで奉神門に戻り、仮眠中の2人へ火災発生を伝えた」と説明した。

 財団は、消火栓やドレンチャー、放水銃を同時に使用した際の稼働時間を「私どもでは把握していない」と答弁。議員からは「優先して使う設備が、日頃からシミュレーションされていない」と指摘が上がった。

 花城理事長は火災の影響で、財団が管理運営する首里城の有料区域で2019年4月から20年3月までで「約3億5千万円程度の赤字になる」との予測を明らかにした。県によると、財団が負担する年間2億3千万円の国有財産使用料の減免に向け、国との協議を開始しており、12月中には協議を整えたい考え。


2019年12月14日 07:00 沖縄タイムス
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/510475


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576311770
続きを読む

【北海道】「見たくて見ました」石垣よじ登り女湯のぞき見…沖縄の会社役員(52逮捕 函館の温泉ホテル

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/12(木) 23:05:10.67 ID:y8xQ2vvq9.net

函館市湯川町のホテルで、入浴中の女性客をのぞき見したとして警察は2019年12月11日、いずれも自称で、沖縄県の会社役員の男(52)を北海道迷惑行為防止条例違反の現行犯で逮捕しました。

 男は12月11日午後10時15分ごろ、入浴中に浴場内の石垣をよじ登り、隣の女風呂で入浴していた20代の女性客2人をのぞき見しました。

 女性客から連絡を受けたホテルの従業員が男風呂にいた男に声をかけ、駆け付けた警察官が男を取り押さえたということです。

 調べに対し男は「見たくて見ました」と容疑を認めています。

 警察によりますと、男は沖縄から一人で函館を訪れ、宿泊していたということです。

12/12(木) 19:10
北海道ニュースUHB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000014-hokkaibunv-hok


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576159510
続きを読む

【沖縄】「社長でしょ?」父を動かした小3の決意 好きな首里城のために…9年貯めたお年玉を全て寄付 父も500円玉貯金を寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/12/11(水) 10:46:36.18 ID:2PZJGgfs9.net

自動車販売のオフィスMIYA社長の宮城健さんと次男で城西小学校3年生の修士さんは9日、首里城再建の寄付金として17万6500円を沖縄タイムス社に託した。

修士さんは小さい頃から首里城で遊び、親子で周辺をジョギングするなど、親しんできたという。火災を受け、9年間ためたお年玉を全て寄付することを決意。健さんも修士さんに「社長でしょう?」と後押しされ、500円玉貯金を寄付に充てた。

健さんによると、修士さんは「『首里城いつできるかな』『いくらでできるかな』といつも話している」という。

修士さんは「面白い首里城ができたらいいな」と語り、再建を期待した。

12/11(水) 10:25
沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00508537-okinawat-oki
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191211-00508537-okinawat-000-view.jpg


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576028796
続きを読む

福岡の町議が大麻売りさばく SNSで沖縄の若年層にまん延 高校生ら20人摘発

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:靄々 ★:2019/12/08(日) 13:15:55.16 ID:HXtGtRCk9.net

福岡の町議が大麻売りさばく SNSで沖縄の若年層にまん延 高校生ら20人摘発

 大麻の譲渡や所持などに絡む一連の捜査で沖縄県警が7日までに、大麻取締法違反の疑いで県内の高校生ら未成年を含む約20人を摘発していたことが分かった。捜査関係者によると、県内の1人の捜査過程で、福岡県宇美町の現職町議で40代男が県内での流通に関与していた疑いが浮上し、県警が10月末に町議を大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕した。

 大麻の流通経路の全容は分かっていないが、町議が一定量の大麻を県内のバイヤーに売りさばき、そこから知人友人同士のつながりで拡散したとみられる。譲渡の際のやりとりで、会員制交流サイト(SNS)は主に使われていないという。

 県内の1人の摘発を端緒に芋づる式に次々と関与者が浮上し、県外の町議逮捕につながった。

 県内では今年、高校生9人を含む未成年者17人が大麻取締法違反で摘発されており、若年層へのまん延が指摘されている。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/507923
2019年12月8日 10:00 沖縄タイムス+


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575778555
続きを読む

【沖縄】首里城火災から1カ月 電気系有力も「特定困難」 消防、年内にも調査書公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Felis silvestris catus ★:2019/12/01(日) 08:38:31.03 ID:TgHGrfvV9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000005-jij-soci
 那覇市の首里城で正殿などが焼失した火災から、11月30日で約1カ月。

 消防当局は電気系統のトラブルが原因との見方を強めているが、現場はほぼ全てが燃え尽きており、「特定までは困難」(消防関係者)との声も出ている。市消防局は年内にも出火原因などをまとめた「火災調査書」を公表する方針だが、原因を特定しないまま発表される可能性もある。

 火災は10月31日未明に発生。警報を受け現場に駆け付けた警備員は、正殿北側のシャッターを開けた後、煙が充満しているのを発見。応援を呼んで戻った際には消火できない状態になっており、正殿など計7棟が焼損した。

 沖縄県警や消防局の実況見分では、正殿北側の分電盤から室内の照明器具につなげた延長コードに焼け溶けた跡が見つかり、コードは30カ所以上に分散していた。正殿外から分電盤に電気を引き込む配線1カ所にも溶けた跡があった。

 ただ、同局によると分電盤は内部まで焼け焦げており、焼け溶けた跡も、ショート痕か外部の火による二次的な損傷か特定できていないという。県警は資料の解析を進めているものの、炭化が激しく、幹部は「顕微鏡も使って鑑定している」と明かす。

 首里城を管理する一般財団法人「沖縄美ら島財団」は、同30日午後9時半には正殿内のブレーカーは自動的に落ちていたと説明。ただ消防局によると、消防設備の電源や延長コードなどには通電していた痕跡があったという。不審者の形跡もないことから、同局は電気系統のトラブルが有力との見方を強めている。

 消防局は焼損した7棟について、火災調査規定に基づく調査書を年内にも公表する方針だ。ただ出火原因について、消防関係者は「証言や目撃情報、火元となるようなものなどもなく、断定できない。『原因は不明』となるのではないか」と話している。 



参考
【首里城火災】「首里城祭」(共催・沖縄タイムス社など)の準備、未明まで正殿前で設営作業 火災を受け、首里城祭は中止に
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572559377/
【沖縄タイムス】首里城火災、ネット上にデマ相次ぐ 「在日朝鮮人の仕業」 ネット「「ネトウヨの仕業」って言われてたのが省かれてる
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1572599162/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575157111
続きを読む

【沖縄】30代ひきこもり、途方に暮れる親…支援機関「本人を連れてこないと動けません」 親「本人が出られないから...」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ばーど ★:2019/11/29(金) 10:01:12.60 ID:yfoy1ka69.net

 誰かに相談しづらいひきこもり。何年も悩みを抱えようやく相談に動く家族もあれば、何度支援機関を訪ねても解決策を見いだせず、苦悩する家庭もある。沖縄本島南部の60代男性は、30代の息子がひきこもり状態になって10年余。自治体の窓口や保健所、支援機関を訪ね続けているが、打開策が見つからない。「外に出す工夫を一緒に考えてほしいのに、どこもできなかった」と途方に暮れる。(「家族のカタチ」取材班・嘉数よしの)

 息子は、希望する高校に入学できず、1年生の頃から不登校になった。幼少時から対人関係を築くのが苦手で、中学生の頃にはいじめを受けた。高校は中退し、自宅にひきこもるようになった。

 父親はまず、新聞で見つけた思春期や青年期の心理相談を受け付ける民間施設を訪ねた。話は聞いてもらえるものの具体策につながらず、次に向かったのは、地域若者サポートステーション。訪問支援も受けたが、相談員との相性が合わなかったり、訪問が本人の感情に触れたりして、進展がないまま数年たった。

 息子は20代になって以降、暴力でいら立ちを表現するようになり、薬を大量に服薬して自殺未遂を図ったこともあった。精神科に入院もしたが、自宅に戻ると薬を拒否。以来、病院とのつながりも途切れてしまった。

 父親は保健所や市町村にも出向いた。「健診という形で自宅に来てもらえませんか」「うそでも何でもいいから、外に出てもらうような案内が出せませんか」。家族以外の誰かと息子が接触する機会をつくりたい。それが解決の糸口になるのでは―。その一心で行政、民間問わず、10カ所近く訪ね歩いた。

 県ひきこもり専門支援センター(南風原町)に2018年度に寄せられた相談は、本人以外からの相談が7割以上を占める。本人不在でも対応するケースは増えつつあるが、父親はこれまで何度も「本人を連れてきてもらわないと動けません」と突っぱねられ、困惑した。「本人が出られないから、親が動いている。紹介を受けながら模索してきたが、どこもきっかけをつくれなかった」。諦めに似た気持ちを抱えているが、「落ち込んでもいられない」と今も、時間を見つけては相談機関を訪ねている。

11/29(金) 9:50
沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00503941-okinawat-oki


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574989272
続きを読む
スポンサー
記事検索
アクセスランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ